≪「週休3日制」についてのアンケート調査≫「週休3日制(週4日勤務)」を取得したい人は58% メリットとして「休みが増える」「平日に役所や銀行に行きやすくなる」、デメリットとして「給料が減る可能性」

 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、自社で運営する総合求人情報サイト「はたらこねっと」(https://www.hatarako.net/)において、「はたらこねっとユーザーアンケート –週休3日制について–」を実施しました。
 Yahoo!JAPANや佐川急便、ファーストリテイリングなど大手企業が導入し、昨今話題になっている「週休3日制」ですが、1日当たりの勤務時間や給料の変化について不安視されている声もあげられています。アンケートでは、はたらこねっと利用者を対象に、「週休3日制」についての賛否、メリットやデメリット、制度が導入されたら休日に何をしたいか等を伺いました。


「週休3日制」を取得したい人は58%
勤務先で制度が認められているのはわずか11%

 「週休3日制」を取得したいかどうか尋ねたところ、1,638名のうち58%が「取得したい」と回答した一方で(Q1)、勤務先で「週休3日制」が認められているのはわずか11%という結果となりました。(Q2)
 また、「週休3日制」についての賛否コメントでは、「プライベートが充実しそう」「家族と過ごす日が増える」といった歓迎する声がある一方で、「休日が増えれば給料が減ってしまう」「1日あたりの勤務時間が増えて体力的にキツそう」といった懸念の声もありました。

 Q1.「週休3日制」を取得したいですか?

 Q2.あなたの会社では「週休3日制」は認められていますか?

【ユーザーコメント:「週休3日制」を取得についての賛否】
  • 賛成
    ・休日日数が増えた分だけプライベートも充実するから。(ハチさん)
    ・土日の家族サービスや、娯楽施設などの土日混雑を避けた平日の利用などができるから。(のんのんさん)
  • 反対
    ・休日が増えたとしても、1日の労働時間が増えて体力的にキツそう。(つんこさん)
    ・勤務時間が変わらずに休みが増えると単純に給料が減るから。(みゅーさん)


メリットとして「休みが増える」「平日に役所や銀行に行きやすくなる」が共に16%で最多
一方、デメリットとして「給料が減る可能性がある」24%

 「週休3日制」に対するメリットととして、「休みが増える」「平日に役所や銀行へ行きやすくなる」が共に16%で最も多く、次いで「自分の時間が増える」15%、「プライベートの時間が充実する」11%と続きました。(Q3)

 Q3.「週休3日制」のメリットに感じる点は何ですか?

【ユーザーコメント:「週休3日制」のメリット】
  • 平日にしかできないことに活用できる
    ・土日には閉まっている役所や銀行に行けるから嬉しい。(かぁこさん)
    ・平日出かけられる事により土日の激しい混雑を避けられる。(とみーさん)
  • 1日増えたお休みを有効活用
    ・うまく時間があくので、休みを取りやすい。子供の休みや急用ができたときに助かる。(ゆうりぃさん)
    ・習い事や旅行など、連休でないとできない余暇の使い方ができる。(ShinShin1967さん)

 一方デメリットとしては、「稼働時間に伴い給料が減る可能性がある」24%、次いで「1日が長時間勤務となるため体力面の不安がある」17%と続く結果となりました。また、「仕事量は変わらないため仕事が終わらなくなる」13%、「短い稼働時間で週休2日と同じ成果を求められる」12%など、任されている仕事や人材不足から余計に忙しくなりそうといった意見も票を集めました。(Q4)

 Q4.「週休3日制」のデメリットに感じる点は何ですか?

【ユーザーコメント:「週休3日制」のデメリット】
  • 金銭面の懸念
    ・お金がないのに買い物や旅行へ出かけることが多くなりそう。(京ちゃんさん)
    ・給料が大いに減るのか心配。その幅によると思う。(makoさん)
  • 長時間勤務は効率が悪くなる
    ・生産効率が下がり納期に間に合わなくなったり、激務になる可能性が高いと思います。(ゆうすけさん)
    ・かえって業務負担になりかねなかったり、結局、臨時出勤を募りそう。(みゆみゆさん)

「週休3日制」になったら休日にやりたいこと「家でゆっくりする」20%
「忙しくてできなかったことをやりたい」「家族サービスに使いたい」という意見も多数

 勤務先で「週休3日制」が導入されたら、休日に何がしたいか尋ねたところ、「家でゆっくりする」20%が最も多く、次いで「趣味に時間を使う」17%、「家事をする」14%と続き、週休2日制の際に実現しなかったことや、疲労回復に時間を使う回答が上位に挙がりました。(Q5)
 ユーザーからは、「忙しくてできなかったことをやりたい」「家族サービスに使いたい」というコメントもあり、今まで忙しくてできなかったことや自分の趣味に使いたい人や、共働きが増えていることで家族との時間に充てたい人が多いことも伺えます。

 Q5.「週休3日制」になったら休日にやりたいことは何ですか?

【ユーザーコメント:「週休3日制」が導入されたら休日にやりたいこと】
  • これまでできなかったこと・趣味に使いたい
    ・1日趣味に没頭したい。(やまとさん)
    ・忙しくてできなかったことや、溜まっていた「やりたいこと」をする。(soraさん)
  • 家族と過ごしたい
    ・週休3日になることで、平日に行われることも多い学校行事に行きやすくなるのは嬉しい。(かずかなままさん)
    ・お金を使わずに子どもとの時間を過ごして家族サービスしたいです。(みゅーさん)


「はたらこねっと」では、調査詳細とユーザーの声を公開しています
 上記の他にも寄せられたコメントなどをご紹介しています。
▼「はたらこねっとユーザーアンケート –週休3日制について–」
URL:http://www.hatarako.net/contents/enquete/result/201803/
  • 実施機関:ディップ株式会社
  • 調査対象: はたらこねっとユーザー
  • 実施時期: 2017年10月9日(月)~2017年11月5日(日)
  • 調査手法:インターネット調査
  • 有効回答数:1,638
 
「はたらこねっと」の特徴
 「はたらこねっと」(https://www.hatarako.net/)は、日本最大級の社員・派遣・パートの求⼈情報サイトです。幅広い「雇⽤形態」・「勤務地」・「職種」・「こだわり」など、充実した検索条件からお仕事を探す事ができます。

ディップ株式会社 概要
 ディップ株式会社(https://www.dip-net.co.jp)は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2017年2月期売上高331億円。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ディップ >
  3. ≪「週休3日制」についてのアンケート調査≫「週休3日制(週4日勤務)」を取得したい人は58% メリットとして「休みが増える」「平日に役所や銀行に行きやすくなる」、デメリットとして「給料が減る可能性」