プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

マネックス証券株式会社
会社概要

マネックス証券がアトリエはるかで金融セミナーを実施

~「雇用者に対する資産形成の強化」という国策に適った施策~

マネックス証券株式会社

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、株式会社アトリエはるか(本社:東京都渋谷区、社長:西原良子、以下「アトリエはるか」)の社員向けに金融講座を実施いたしました。


■実施の背景
 現在の岸田政権では、「新しい資本主義」の実現に向けて「資産所得倍増プラン」の方針を打ち出しており、国策として報道でも広く取り上げられています。

 総合オンライン証券であるマネックス証券は創業時より、個人の金融リテラシーを向上させることが資本市場を活性化させ、経済の発展に繋がっていくという考えのもと、「マネックス・ユニバ―シティ」という組織を設け、金融、投資教育に力を注いできました。「マネックス・ユニバ―シティ」は、マネックス証券のお客様のみならず、投資初心者、学生など、幅広い層の皆さまに金融教育や情報提供を行っています。老後2,000万円不足問題が取り沙汰されて久しく、年金などが期待できないとされる中、自身の資産を自ら増やすことが必要とされる時代となりました。

 全国60店舗でヘアメイク専門店を展開する「アトリエはるか」。
 サービス業に従事する若い女性がヘアメイクの技術のみならず金融知識も身に付け、資産を増やすことで 自分の人生設計に興味をもち、多様な生き方を考えられるようになってもらえたらと願い、社員向けに金融講座を実施することといたしました。

 政府は、資産所得倍増プランとして7本柱の取組を推進しており、その中の第四の柱が「雇用者に対する資産形成の強化」となっています。企業による資産形成の支援の強化が促されており、中小企業においてのiDeCoやつみたてNISAなどの制度普及に取り組むとともに、必要な支援について検討を行うことが従業員エンゲージメントの向上にも効果的であるとされています。今回の金融講座はまさにこの国策に適った試みとして実施されたものです。金融や資産形成に関するセミナーはアトリエはるか初の試みでした。

参考:政府の資産所得倍増プラン案
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/bunkakai/sisanshotoku_dai3/siryou1.pdf

■当日の様子
午前中は東京本社の従業員に向けて対面実施、午後、全国の従業員に向けてオンラインで実施をし、午前約40名、午後約80名が参加しました。

ファイナンシャルプランナーで(株)Money&You取締役の高山 一恵氏に、「はじめての資産運用」と題して
・ライフプランの立て方
・つみたてNISAとiDeCoの説明
・投資信託の基本
・積立NISAとiDeCoの使い分け方
をご説明いただきました。

 今、日本で何が起こっているのか、なぜ国がこんなにもお金について色々な提言をしたり施策を打ったりしているのか、それは「日本人が長生きになってしまったからだ」というお話から始まりました。寿命が長くなるほどリスクは増え、国や企業に生活を守ってもらうことを期待し続けられないからこそ、個人の資産防衛が重要になってきます。
 資料にはライフプランを立てるための記入シートもあり、各々で是非記入してみることをお勧めされました。やってみると「80歳まで生きたら思ったよりお金が必要そうだ」「最低2年に1回旅行に行くならこれくらいはかかるのか」などの気づきが得られ、資産運用のモチベーションにもなるとのことでした。
 続いて、iDeCoとつみたてNISAの制度それぞれのメリットや、制度の違いをお話しし、所得控除の計算方法などもご説明。どれだけ税制控除が個人の家計にプラスになるのかを体感いただきました。更に、昨今のように目まぐるしく情勢が変わる中で資産運用を怖がらなくてもいいように、一番大切なマインド「暴落しても、怖いと思わなくていい、慌てて売らない」ということを、リーマンショックから今までの経済成長の実績とともにお話しし、「知っているだけでは十分ではない。活用せよ。 願っているだけでは十分ではない。実行せよ。」というゲーテの言葉とともにセミナーは終了しました。


■質疑応答
・預貯金があまりないまま資産運用を始めてもいいのか
・どのくらいの頻度で運用損益をチェックしたらいいのか
・口座を開く会社って、何を基準で選べばいいのか
という始めるにあたっての質問から、
・iDeCo、NISAをやるようになった後、更にどんな資産運用をしたらいいのか
という、かなり本格的な資産運用を意識したものまで幅広く時間いっぱいまで質問が挙がりました。












■参加者の声
 資産形成をしたことのある参加者は約1/4。やったことのない方がほとんどだったこともあり、95%の参加者が有意義な勉強会だったと評価してくださいました。
以下のようなコメントが寄せられました。
 ・つみたてNISAを始めたいと思っていたので、とても勉強になった!老後のことも考えてiDeCoを始めること
  も検討したい。
 ・今までやってみたいと思いながらも、調べてみても結局よく分からず踏み出せずにいました。とても分かりや
  すくハードルが一気に下がりました。早速やってみたい。
 ・働いて得たお金に更に働いてもらって増やしていくと言う言葉が印象的だった。
 ・他の(同じ社内の)スタッフにもっと知ってほしいと思った。
 ・年内に申し込みをして、来年からやりたい

■授業概要
日時:12月13日 (火) 9:00 – 10:00 
場所:株式会社アトリエはるか 東京支社
スケジュール:高山 一恵氏による講義(50分)
       マネックス社員によるiDeCo、NISAの解説(10分)
 ※ アトリエはるかは全国に店舗があるため、同日の13:00 – 14:00に全国の店舗従業員に向けてオンラインで
   も同内容のセミナーを行いました。

                                                                                                                                    以 上

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
     一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、
     一般社団法人 日本投資顧問業協会

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都港区本社・支社東京都渋谷区本社・支社
関連リンク
https://www.monex.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

マネックス証券株式会社

55フォロワー

RSS
URL
https://www.monex.co.jp/
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都港区赤坂1丁目12番32号 -
電話番号
-
代表者名
清明祐子
上場
未上場
資本金
122億円
設立
1995年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード