【SDGs】BOTANISTのサスティナブルな取り組み~2020年活動報告~植物と「共に⽣きる」未来のために

1,000本の花配布でロスフラワー削減、カーボンオフセットや、環境に配慮したパッケージの商品発売など

株式会社I-ne(本社:大阪市北区)が展開するボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST(ボタニスト)】は
2020年1月にSDGsゴールを目標に掲げた取り組みを発表し、「共に生きる」様々なボタニカルライフスタイルにフィーチャーしたブランドキャンペーンを開始しました。開始から1年が経ったいま、2020年の活動を振り返り、21年のアクションにつなげます。

 

  • ​For a Sustainable Future by BOTANIST(持続可能な社会への取り組み)

植物と共に生きるBOTANISTだからこそ、できることがあります。  
それは、植物の恩恵に深く敬意をはらい、植物の持つ力や美しさをより広く学び、深く探求すること。そして、植物と人が、どちらも豊かに共存できるように、植物の保全を通して持続可能な地球環境をサポートすることです。  
私達に今すぐにできることはまだ少ないかもしれない。
でも一歩ずつ、できることから取り組んで行こうとBOTANISTは決めました。 

BOTANISTは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
まずは下記3つのSDGsの目標に向けた取り組みを行っています。

12.【Responsible consumption, production】つくる責任 つかう責任 
-循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」にて専⽤リユース容器での商品販売

BOTANISTは、東京都が採択したテラサイクル社の循環型ショッピングプラットフォーム"Loop"にパートナー企業として参加します。Loopのショッピングプラットフォーム内限定で、シャンプー・トリートメントなどの一部シリーズ商品の専用リユース容器での販売を予定しています。

 

2020 Action
2020年秋頃を予定していた⽇本のLoopローンチは、新型コロナウイルスの影響もあり延期となりました。プラットフォームサービス実現のために、鋭意準備中です。BOTANISTは、専⽤リユース容器の開発を推進しています。

 

13.【Climate Action】気候変動に具体的な対策を 
ーバイオマス容器の採用

環境に配慮したパッケージ商品(例)環境に配慮したパッケージ商品(例)


2025年までに定番ラインの40%以上*にてバイオマス容器を使用し、2030年までに、全商品容器・セット箱・販促物・梱包材全てにおいて、環境に配慮したプラスチック素材を使用し、可能な範囲で紙素材への置き換えを推進します。
* 雑貨は除く
 

 

2020 Action
環境に配慮した新商品発売を通じ、バイオマスPETなどの採用率を全体の11.8%まで引き上げました。2021年は発売中の商品の見直しも含め、さらなる脱プラスチック化を進め、全体の30.0%をバイオマス容器に切り替え予定です。

 

15.【Life on land 】陸の豊かさも守ろう 
-FSC認証紙の採用

紙素材を使用したセット箱紙素材を使用したセット箱




2020年以降に生産される販促物に使用される全ての紙素材をFSC認証紙などの環境に配慮した紙素材へ置き換え、2030年までに、アテンションシール、セット箱、梱包材に使用される全ての紙素材の置き換えを推進します。 

 

2020 Action
2020年の新商品、また定番ラインの⼀部アテンションシールについて、プラスティックフィルム素材の削減を実施しました。また、セット箱も環境に配慮した紙素材に置き換えを行っています。

 

- [more trees] 積極的な植林支援の継続 
BOTANISTは2017年7月〜現在、森林保全団体more treesを支援しています。
今後も少しでも地球が豊かになるよう支援することで、「植物と共に生きる」ための活動を続けます。
2020 Action
インドネシアでは過去20年間に最悪と言われる森林火災が2015年に発生し、数カ月間森の木々が燃え続けました。およそ260万ヘクタール、東京の面積の12倍もの被害です。また2019年にも森林火災が発生し、広島県以上の面積にあたる85万ヘクタールが消失しました。
火災で生息地を失ったオランウータンのための活動「オランウータンの森プロジェクト」にBOTANISTは賛同し、支援を行いました。

 

 
  • BOTANIST【5th Anniversary】ブランドキャンペーン


#1 多様性ーDiversityー(2020年1月)

 


SUNPEDAL(サンペダル)の名でヴィーガン料理のお弁当・ケータリングなどを生業とする女性、YOKOさんの生き方を通じて「VEGAN(ヴィーガン)」というライフスタイルへの理解を深める動画を配信しました。多様な価値観にマッチする提案として、BOTANISTは同時期にヴィーガンシャンプー&トリートメントを発売しています。



#2 創造性 ーCreativityー(2020年2月)


ゴッホデザインシリーズをBOTANISTから限定発売したこともあり、第2弾動画では生涯を通じ植物を愛したといわれるフィンセント・ファン・ゴッホにフィーチャー。身の回りにある自然に美を見出し、人物を描くように植物の表情を描いたゴッホの目線を通じて、自然との向き合い方を投げかけました。


第3弾 共存 ーCoexistenceー(2020年7月)

 


フラワーアーティストをはじめ、植物と共に生きる女性たちのボタニカルライフストーリーを発信。ニューノーマル時代の生き方について、考えるきっかけをお届けしました。

また、新型コロナウイルスの影響による需要の低迷や、値崩れで厳しい状況にある生産者様からお花を購入し、フラワーロスの削減に繋げようという思いからキャンペーンを実施。ご参加いただいた5,817名の方の気持ちをのせて、BOTANIST Tokyoにてディスプレイ用のお花も含め合計1000本の花を配布しました。
■BOTANIST JOURNAL 花の危機を救うために。私たちができるワンアクション
 https://journal.botanistofficial.com/people/2356/



第4弾 持続可能性 ーSustainabilityー(2020年12月)

 

身の回りにあふれているプラスチック製品。注目を集めるプラスチックゴミ問題。そんなプラスチックへの理解を深めるきっかけを作りたいという思いから、動画を配信しました。動画では、実際にゴミ処理場を訪れてペットボトルリサイクルの実情を知ったり、バイオマスプラスチックの研究を行う教授から、様々なプラスチックについてレクチャーいただきました。


さらに【Re-THINK PLASTIC -プラスチックと向きあう-】キャンペーンを実施。4,807名の方にご賛同いただき、二酸化炭素削減量4,807kg分のカーボンオフセットを実施することが決定しました。
また、プラスチックをアップサイクルする方法として、空のシャンプーボトルを植木鉢として使う提案を実施。幼稚園でワークショップを実施しました。

■BOTANIST JOURNAL 植物由来&分解可能 環境に優しいプラスチックの可能性
https://journal.botanistofficial.com/people/2659/
■BOTANIST JOURNAL 植物を育てることで知る、感じる大切なこと
https://journal.botanistofficial.com/lifestyle/2884/
 
  • 社会貢献活動(CSR)
コロナ禍にあっても、未来への希望をつくるために
柱となるブランドキャンペーンのほかにも、BOTANISTは小さな活動を積み重ねています。

・ホワイトラベルデザインを限定発売。収益は大阪府看護協会に寄付


新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの人が普段とは違う日々を過ごしています。そのような中、ユーザーの皆様と、未来への希望を一緒につくりたいという想いを込めて、ホワイトラベルデザインのBOTANISTを発売し、お陰様で完売いたしました。収益はすべて大阪府看護協会へ寄付予定です。


・ボタニカルシャンプー/トリートメントとボタニカルハンドクリーム各1,000個を大阪府看護協会に寄贈
・おうち時間を楽しく過ごすため「ひまわり」にまつわる3つのコンテンツを一般提供


① 大人も子どもも楽しめる「ミニひまわり」のぬりえをデータ提供
② 初めての"ベランピング"に!種から育てる「ミニひまわり」プレゼント
③ BOTANIST Cafeの人気メニュー、ひまわり咲く「スムージーボンボン」のレシピを公開
 
  • BOTANIST
BOTANIST = 植物学者 ボタニカルライフスタイルとは、植物の恵みを生活・ライフスタイルに取り入れること。
モノに溢れ、目まぐるしく変化する現代において、よりシンプルで丁寧な生活、植物と共に生きる事が、本質的な豊かさに繋がると考え、 ボタニカルライフスタイルブランド【BOTANIST】は生まれました。
環境への取り組みとして「森林保全団体 more trees」を支援しています。
https://botanistofficial.com/
 
  • 株式会社I-ne
株式会社I-neは、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」、美容家電ブランド「SALONIA」などを運営するビューティーテックカンパニー。
https://i-ne.co.jp/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社I-ne >
  3. 【SDGs】BOTANISTのサスティナブルな取り組み~2020年活動報告~植物と「共に⽣きる」未来のために