タッチ式兼通訳オペレータによる多言語通訳アプリ「さわって+みえる通訳」の販売開始

JTBグループの株式会社JMC(東京都中野区、代表取締役社長 今泉弘幸)は、三社共同事業として株式会社ブレイン(東京都渋谷区、代表取締役 前田俊秀)およびITX株式会社(東京都港区、代表取締役社長 荻原正也)と、訪日外国人への多言語通訳サービスとして、「さわって+みえる通訳」を開発し、2015年4月2日より販売を開始します。
「さわって+みえる通訳」は、タブレット端末を利用した多言語通訳サービスで、株式会社ブレインのタッチ式の多言語シートアプリ「さわって通訳」とITX株式会社の通訳オペレータによる映像式の通訳アプリ「みえる通訳」を連携させたものです。
「さわって通訳」で画面操作によりスピーディに意志疎通を図り、人手による通訳が必要な状況では、「みえる通訳」のオペレータを呼び出して三者間で通訳をすることができるハイブリッド型サービスです。

「さわって+みえる通訳」は、英語、中国語、韓国語、タイ語の4ヶ国語に対応しています。特に外国人旅行者が急激に増加し、通訳が不足しているタイ語の需要は高まっております。
今後は、ロシア語など、ほかの言語の充実を計画しています。
毎月の利用料金も定額制のプランをご用意。利用回数の制限はありませんので安心してお使いいただけます。
外国人旅行者が多く訪れるホテル・旅館、観光施設、お土産店をはじめとした商業施設、観光案内所での利用や、自治体の外国人向け行政サービスの案内用としての利用も見込んでいます。また、展示会やイベントなどに、ご利用できるように、タブレットを含めた短期レンタルプランも計画しております。

2015年度は100個所への販売を目標としています。

■「さわって+みえる通訳」概要
・英語・中国語・韓国語・タイ語の4ヵ国語に対応しています。
・「みえる通訳」(オペレータ対応)は24時間プラン(24時間365日の利用可能)またはデイタイムプラン(10
  時~21時)より選択可能です。
・Android OS( Android 4.0以上)搭載のタブレットに対応しています。
・通信環境はWi-Fi利用を推奨、通話料は不要です。

■「さわって通訳」の特徴
タブレット画面をタッチするだけで外国からのお客様とコミュニケーションができるアプリ。
お客様との応対場面で、よく利用する通訳内容を業界別にあらかじめご用意。
36ヶ国語の語学書を出版する「三修社」による正確で質の高い文例をご提供。
場面に応じた対応や質問を定型文のシートを指し示しながらご案内。
お客様をお待たせすることなく、スピーディな対応が可能。

■「みえる通訳」の特徴
外国人のお客様、応対スタッフ・通訳オペレータとの三者会話による、より丁寧な対応が可能。
利用したい言語をタップすることで、通訳オペレーターにつながります。
タブレットに表示された通訳オペレータと外国人のお客様、応対スタッフがお互いに表情を確認しながらコミュニケーションがとれるので、安心。

※「さわって通訳」と「みえる通訳」は、ボタン1つで切替えが可能です。

■ 料金プラン
「みえる通訳」のご利用時間帯に応じて2つの料金プランからお選びいただけます。
・デイタイムプラン(10時~21時365日利用可能):15,000円/1カ月(消費税別)
・24時間プラン(24時間365日利用可能)     :25,000円/1カ月(消費税別)
※ 初期費用30,000円(消費税別)。
※「さわって通訳」機能は24時間365日ご利用可能です。
※タイ語の「みえる通訳」は平日10:00~18:00のみ利用可能。今後は土日祝日対応、24時間化を検討してまいります。

「さわって通訳」は株式会社ブレインにて登録商標申請中です。
「みえる通訳」はITX株式会社にて登録商標申請中です。
その他、記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社ジェイティービー
  3. タッチ式兼通訳オペレータによる多言語通訳アプリ「さわって+みえる通訳」の販売開始