『プラスチック資源循環フェア』が誕生!【リード エグジビション ジャパン】

来年2月開催の第2回 資源リサイクルEXPO内に、プラスチック問題を解決するフェアを新設

年間231本の展示会を主催するリード エグジビション ジャパン(株)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田中  岳志)は、第2回資源リサイクルEXPO内に、新たに「プラスチック資源循環フェア」の開催を決定いたしました。
 公式WEB >> https://www.recycling-expo.jp/ja-jp/about/plastic.html

「プラスチック資源循環フェア」は、昨今叫ばれている廃プラスチック問題を解決するための最新技術が集まり、飲料/医薬品メーカーなどのプラスチックユーザーや、生分解性プラスチック開発を進める化学メーカーが来場する商談展です。本フェアにはリサイクル事業者や次世代プラスチックの原料、粉砕機・破砕機などが出展します。
 

今回、「プラスチック資源循環フェア」を加えて第2回資源リサイクルEXPOを開催いたします。本展は循環型社会実現に向けての商談展になります。太陽電池や蓄電池のリサイクル・リユースなど、再生可能エネルギーを推し進めるための技術も出展します。1,520社が出展するエネルギーの総合展、『スマートエネルギーWeek』内で開催し、来場者は70,000名を見込んでいます。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リード エグジビション ジャパン株式会社 >
  3. 『プラスチック資源循環フェア』が誕生!【リード エグジビション ジャパン】