無停電電源装置(UPS)市場調査レポート-製品タイプ別(オフライン/スタンバイ、ラインインタラクティブ、オンライン/二重変換など)、アプリケーション別 、および地域別-世界予測2025年

Kenneth Researchは調査レポート「無停電電源装置(UPS)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年10月 15日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/uninterruptible-power-supplies-market/10333106


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

無停電電源装置(UPS)は、停電が発生した場合にさまざまな電子機器や電化製品に電源バックアップを提供するために使用される電子機器です。これらは非常用電源の供給に使用されるだけであり、さまざまな電化製品の供給および動作の主電源として使用することはできません。これらは、デバイスに害を及ぼさないように、数分間の電力供給にのみ使用できます。スタンバイUPSは、停電、電圧低下、電圧サージなどの一般的な電源の問題が発生した場合に、バッテリバックアップ電源を使用します。入力商用電力が安全な電圧レベルを下回ったり、上回ったりすると、UPSはDCバッテリー電源に切り替わります。次に、それをAC電源に反転して、接続された機器を実行します。

アジア太平洋地域の市場は、2025年までに3,900.3百万米ドルの評価に達し、(2017-2025)の予測期間中に12.1%のCAGRで拡大すると予想されます。ヨーロッパの無停電電源装置市場は、2025年までに3,300百万米ドルの評価額に達する可能性があります。

無停電電源装置(UPS)は、現代の世界で関連性の高いテクノロジーとして登場しました。中国、ブラジル、メキシコ、インドなどの国々の産業ブームは、電力およびエネルギーセクターとそのサブセクターにとって好ましいビジネス環境を生み出しました。現在、エネルギーは、特に工業生産に大きく依存している国にとって、経済成長の主要な原動力と見なされています。これにより、UPSは重要なテクノロジーになります。

これらのシステムを、作業をより効果的かつ効率的に実行するのに役立つ重要な電源バックアップデバイスとして認識する傾向が高まっています。技術の進歩とデータセンターラックソリューションの可用性も、市場の成長を促進することが期待されています。UPS市場は、BFSI、プラント自動化、IT / ITS、政府、ヘルスケア、教育、通信、ホスピタリティなど、いくつかの業界で長年の需要が見込まれています。

人口の増加と世界中での経済発展、および他のセクターの中でも特に住宅用および商業用のエネルギー需要の増加により、無停電電源装置(UPS)市場は今後数年間で顕著な成長が見られると予測されています。IEA(国際エネルギー機関)による分析によると、エネルギー需要は、2018年に世界で4%増加し、米国、中国、インドから発生した最高のエネルギー需要(約70%)がありました。さらに、世界中のさまざまな権威団体が、エネルギー生成からのCO2排出を抑制するために、環境にやさしいソリューションの採用に関する意識を高め、イニシアチブを提供しています。IEA(国際エネルギー機関)によると、エネルギー関連の炭素排出量は2010年の30 Gt(ギガトン)から2019年の33 Gtに増加しました。気候変動と環境悪化に関する意識の高まりにより、多くの製造業者が持続可能なエネルギー戦略を実施し、環境にやさしい発電技術に非常に投資するように促しています。これはさらに、世界中のさまざまな国の間で持続可能な開発を促進すると推定されます。これらは、エネルギーおよび電力セクターの成長を促進するいくつかの要因です。

 無停電電源装置(UPS)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10333106

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

 市場セグメンテーション洞察
無停電電源装置(UPS)市場は、製品タイプ別(オフライン/スタンバイ、ラインインタラクティブ、オンライン/二重変換など)、アプリケーション別(通信、データセンター、データセンター、医療、産業、その他) )、および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「無停電電源装置(UPS)市場」というタイトルのレポートは、無停電電源装置(UPS)市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来無停電電源装置(UPS)市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。無停電電源装置(UPS)市場における業界のリーダーはSchneider-Electric、EATON、Emerson、S&C、ABB、Socomec、Toshiba、Activepower、Gamatronic、Kehua、KSTAR、EAST、Zhicheng Champion、Delta Greentech、Eksi、CyberPower、Jonchan、Sendon、Angid、Stone、SORO Electronics、Baykee、Jeidar、Sanke、Foshan Prostar、DPC、Hossoni、Yeseong Engineering、ChromaIT、PowerManなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 無停電電源装置(UPS)市場調査レポート-製品タイプ別(オフライン/スタンバイ、ラインインタラクティブ、オンライン/二重変換など)、アプリケーション別 、および地域別-世界予測2025年