グローバルな社会的・感情的学習(SEL)の市場規模調査「2020ー2027年の予測期間中に25%以上の成長率で成長」―コンポーネント別、エンドユーザー別(小学校、中学校、高校)、地域別

Kenneth Researchは調査レポート「グローバルな社会的・感情的学習(SEL)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年10月 16日に発刊しました。これは、2020〜2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-social-and-emotional-learning-sel-market/10328140
レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

社会的感情学習(SEL)は、大人と子供が感情を管理し、共感を示し、同僚や友人などとの前向きな関係を維持するために必要な知識、スキル、態度を取得して適用するプロセスです。近年、社会的・感情的学習は、特に幼稚園から高校まで、高等教育、および世界中のOSTコミュニティで大幅の注目を集めています。これは、予測期間中に世界の社会的感情学習(SEL)ソフトウェア市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、社会的感情学習は、学生の成功と効果的な学校改革を促進するための最も重要な戦略の一つとしても注目を集めています。そのため、社会的感情学習(SEL)ソフトウェアの需要は、過去数年にわたって一貫して増加しています。

社会的・感情的学習(SEL)は、成功した結果を得て健全なパートナーシップを構築することを使命として、子供と大人の間の感情の認識と制御を扱います。学校での調査や計算の普及など、さまざまなチャネルを通じた社会的および感情的な学習の促進は、SELの市場成長を促進します。2019年9月と同様に、PeepakはNelsonと提携して、学校や学区にSELソリューションを提供しました。さらに、政策立案者、教育者、非営利団体による社会的および感情的な開発への多額の資本支出が市場の成長を後押ししています。

世界の社会的・感情的学習(SEL)市場は2019年に約13億米ドルと評価され、2020ー2027年の予測期間中に25%以上の成長率で成長すると予想されています。

さらに、さまざまな学習アプリケーションに関する認識の高まりとこれらのプログラムへの新機能の追加により、市場の成長を促進する広範な製品ポートフォリオが開発されます。2018年10月と同様に、EVVERFIは、Navy SEALFoundationとGoldmanSachsの学生向けに、学生全体のいじめ行為を軽減することを目的とした新しいスキルセットを発表しました。また、2019年9月、Everyday SpeechはSELプラットフォームに新機能を導入し、SELカリキュラムを1000レッスン拡張しました。

しかし、予算の制限は2020ー2027年の予測期間にわたって市場の成長を妨げます。一方、幼稚園から高校までの教育セクターでの人工知能の実装は、市場に有利な機会をもたらします。

COVID-19パンデミックがオフライン教育に影響を与えるため、2020年にリモートSELソフトウェアの需要が高まる
COVID-19パンデミックは、2020年の教育セクターの変化に影響を与える上で重要な役割を果たしました。これは、より多くの学生がオンラインクラスや講義に頼らざるを得なくなったためです。世界のいくつかの国の学生、学校、大学の安全を確保するために、2020年の大部分は閉鎖されたままであり、現在の動向によれば、この傾向は2020年中も続くと予想されます。いくつかの組織や教育政策立案者は、封鎖期間中であっても、社会的感情学習(SEL)ソフトウェアの利点を広め続けています。そのため、リモート社会感情学習(SEL)ソフトウェアの需要が勢いを増す可能性があります。

市場セグメンテーション洞察
グローバルな社会的・感情的学習(SEL)市場は、コンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、タイプ別(Webおよびアプリケーション)、エンドユーザー別(Pre-K、小学校、中学校および高校)、および地域別などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

グローバルな社会的・感情的学習(SEL)市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、人口の中でSELに対する需要が高まり、政府の支援が増えているため、市場シェアの点で世界をリードする重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。可処分所得の増加、人口の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体の社会的および感情的な学習(SEL)市場の有利な成長見通しを作成します。

グローバルな社会的・感情的学習(SEL)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 主要企業

グローバルな社会的・感情的学習(SEL)市場における業界のリーダーはEveryday Speech、Peekapak、Nearpod、EVERFI、Purpose Prep、Social Express、Aperture Education、Rethink ED、Committee for Children、Emotional ABCsなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10328140

 Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. グローバルな社会的・感情的学習(SEL)の市場規模調査「2020ー2027年の予測期間中に25%以上の成長率で成長」―コンポーネント別、エンドユーザー別(小学校、中学校、高校)、地域別