【スポーツの未来】ランニングチーム神戸ACを通じて地域コミュニティづくりに貢献中、ウルトラマン・トライアスロン日本代表の松井一矢氏が「献血・骨髄バンクランニングオフィサー」に就任

日本唯一のプロ選手・トライアルライダー塩崎太夢氏、デュアスロン日本チャンピオン北杜市ふるさと親善大使​の栗原正明氏に続き、アスリートを支援

2022年8月17日(水)、未来を切り拓こうとする方々を応援する株式会社メディアインキュベート(代表取締役:浜崎 正己)は、スポーツの未来にて、ランニングチーム神戸ACを通じて地域コミュニティづくりに貢献中で、ウルトラマン・トライアスロン日本代表の松井一矢氏が「献血・骨髄ランニングオフィサー」に就任したことを発表いたします。

これまで医療、科学、スポーツ、車、イノベーション、金融、ちいき、経営、こども、クリエイター、食、地球、美容、日常、メディア、仕事、ものづくり、安全、教育、ラグジュアリー、家族をテーマに、21の未来PJを創出してまいりました。また、2023年2月までに30の未来プロジェクトとメディアの立ち上げを目指してまいります。

表出されていない事業課題に向き合い、取り組んでいけたらと思います。ご関心をお持ちの方は、ぜひお気軽にご連絡いただけたら幸いです。

LINE:https://page.line.me/465ylmmj

献血・骨髄ランニングオフィサーに就任した松井一矢氏からのコメントです。
「ランニングの究極の楽しさ」を追求するチームの神戸ACを運営している松井一矢が㈱スポーツの未来設立準備室にて、献血・骨髄ランニングオフィサーとして就任する事を発表いたします。

走る楽しさとは一体何か?常に自問自答しながら、皆と会話しながら、追求しています。見出だした答えが、夢を描き、キツイことに挑戦し、常にチャレンジャーとして走り、苦しい領域に到達した時がスタート地点だと思い、そこから追い込んで諦めずに頑張ることで夢を実現することだと考えています。それらのプロセスを仲間と共有することでチームとしての絆が強くなると信じています。

ランニング推計実施者については、日本国民の10%しかないという捉え方もできます。日本は、長寿の国でありますがガン死亡率が高く、自殺者も多い。直接な因果関係はわかりませんが傾向として、キツイこと = 嫌だ という国民が多いことを問題視しています。苦手、辛い、キツイ、嫌、損…からは逃げられないのが、この世だとすれば、その領域にあえて挑む姿勢を持ち、その先にある新しいスタート地点に立ち続けたいと自答しています。

心身共に鍛え磨くという点において、自分の場合はランニングがあります。実生活で心身共に磨くのは大変です。人には欲望があります。心の闇に気付き留めて、光を放つ。心底から輝く星になりたいと思っています。

自分の場合は、献血できる健康な身体とトライアスロンに挑戦できる強い身体を頂いたので、この身体を精一杯使って、世に貢献することとが自分の役割だと仮説を立てています。

その中で骨髄バンクランナーとして、献血や骨髄バンクを広める活動を、スポーツを通じてやる!というのが、私のチャレンジであります。

私の存在を知った人が、献血や骨髄バンクの存在を知り、興味を持ち、0→1になる きっかけを与えることができたら、人類の命に対してとても大きなことだと思っています。いずれ、血液が欲しくても、血液が足りない時代がやってきます。命が欲しくても手に入らないということ。今から動けば、救える命を当然救える時代を先延ばしにできます。そんな未来をスポーツを通して変えたいと思い参入致しました。」

スポーツの未来(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000423.000018590.html)では、 にもご活動いただいています。

我々の主な活動としては、日頃より、スポーツの未来アワード(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000312.000018590.html)など、スポーツの未来を切り拓こうと挑戦している方々の支えとなり、応援者でいたいと考えています。

今後は、カンファレンスパートナー(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000422.000018590.html)とも連携して、イベント企画なども推し進めていければと思います。
  • 今後の募集や流れについて
本活動にご関心のある方、ご推薦のある方、「応援団であるサポーター」「実務を手助けするヘルパー」「広める支援をいただくアンバサダー」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000256.000018590.html)などの関わり方もあり、お気軽にご連絡いただけたら嬉しいです。
  • 【圧倒的課題解決を行うための領域:専門家、プロフェッショナルの方々と共に大きな社会課題を解決】
  •   アドバイザリーボード:社会課題を抽出し、炙り出し、解決策を議論し、解決に向けてアクション
  • 【実務的な領域:お金やリソースも互いに持ち寄りながら作り上げていく。実際に周りを強く巻き込む。】
  •   未来パートナー:個人で、共に事業を作ったり、プロジェクトを進めていく方々。
  •   共創パートナー:団体で、共に事業を作ったり、プロジェクトを進めていく方々。
  • ※「カンファレンスパートナー」「ピッチパートナー」「コミュニティパートナー」など https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000422.000018590.html
  • 【学び合い的な領域:所属的な意味合いが強く、タスクの義務や責任が求められるわけでもない】
  •   応援団であるサポーター:応援していただけるだけでありがたいです。
  •   実務を手助けするヘルパー:少しだけできるところから実施いただけるだけでありがたいです。
  •   広める支援をいただくアンバサダー:共感し、お誘いいただけるだけでとってもありがたいです。
  • 【親睦を深める的な領域:グループ同士がより深まり、イノベーション自体が生まれやすいようにする】
  •   ○○が好きプロジェクト:好きを起点にコラボしたり親睦を深めていっていただけたらありがたいです。
  •   横断的な部活:未来プロジェクト、○○が好きプロジェクト、双方でコラボなど生まれたら嬉しいです。
下記のいずれか、ご都合の良い手段でご連絡いただけたら幸いです。
■LINE:https://page.line.me/wix9230g
■メール:masaki.hamasaki@media-incubate.com
■問い合わせ:http://media-incubate.com/about-mediaincubate/
随時面談、やりとりをさせていただきながら互いに良い点を探っていきたいと考えています。
あくまできっかけであり、何かしらご一緒できたら嬉しいです。

皆さんの思いを持った活動に対して、仲間集め、お金集め、そして、広げる活動に対して、応援がしていけたらと思います。
  • 本当はいいものを持っているけれども、光があたっていないものに光を。Media Incubate Fundをはじめます。創業時からの思い「メディアで事業開発、メディアの事業開発」の実現に向けて邁進。創業、再生、再スタートを支援。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000018590.html
・株式会社メディアインキュベートについて

メディアインキュベートは、メディアのアップデートを志し、メディアの事業開発と、メディアで事業開発を⾏っております。スタートアップ、業態転換や再編のための投資と⼈材、組織⾯のサポートを実施します。

メディアの業界誌「Media Innovation( https://media-innovation.jp )」の創設と運営に携わっており、⽇々、メディア業界に貢献するべく、情報発信とコミュニティを形成しております。

メディアを起点に事業を⽣み出し、メディアの未来をつくるべく、場をつくり続けています。また、書籍レーベルのMedia Incubate Booksにて、起業家・投資家必⾒の「Venture Deals」の出版も控えております。

また、代表の浜崎が千葉県佐倉市(http://www.city.sakura.lg.jp/)の出⾝であることもあり、「千葉/CHIBAコンバレー構想」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000018590.html)を掲げ、千葉県の産業育成、クリエイターエコノミーの集積地となることを⽬指し、活動しております。

これまでに、 の学び合いコミュニティを設立してまいりました。

コミュニティ活動を大切にしていることもあり、未来プロジェクト同士の連携も促せるよう、統合支援する会社(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000366.000018590.html)の設立も準備中です。

どんな領域で立ち上げを準備中なのか、下記をご覧いただけたら幸いです。現在、2023年2月までに30社の設立を目指し、推進中です。 いずれも社会課題、社会的意義、業界課題の解決を大切にしており、議論し尽くされていない課題を抽出しいたします。そして、受け止め、実際にどうやったら納得感があるのか、を個人個人の方々が考えるまでのプロセスを作りたいと考えています。

合わせて、メディアインキュベートでは、チーフメディアオフィサーの普及(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000018590.html)に取り組んでおり、今回、それを体現するべく、産業別メディア・コミュニティを構築しながら、事業推進を支援いたします。
 

 

起業家、経営者のお悩み相談所(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000018590.html)も690名を超えて、活発な議論がされています。メディアのアップデートを志し、実行し(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000085.000018590.html)、メディアの未来に貢献できるような取り組みにしていければと思います。

各産業別の経営者と共に、思いを持っている領域や知見のある場所で、共に支えていきたいパートナーの方々も募集中です。ぜひお気軽にご連絡いただけたら幸いです。

こどもの未来に広くコミットする方々を応援したいという思いから、 など、推し進めてまいりました。ご関心のある方は『こどもの未来アクセラレーター:https://page.line.me/003slnpt』に登録の上、メッセージをいただけたら幸いです。

メディアインキュベートではコミュニティを大切にしています。ご関心のある部分があれば、ぜひお気軽にお入りくださいませ。

 【会社概要】
会社名 :株式会社メディアインキュベート
所在地 :東京都新宿区市谷砂土原町3丁目4-1
設⽴ :2016年3⽉30⽇(代表の浜崎が⽣まれて1万⽇⽬に設⽴)
代表取締役 :浜崎 正⼰(https://twitter.com/masaki_hamasaki
メール :masaki.hamasaki@media-incubate.com
事業内容 ①:投資 / 事業開発 / アクセラレーター:https://media-incubate.com/Startup-Accelerator/
事業内容 ②:事業再⽣ / 事業承継 / M&A仲介:https://media-incubate.com/media_ma/
事業内容 ③:地⽅創⽣ / 千葉コンバレー:https://media-incubate.com/chiiki-mirai
事業内容 ④:クリエイター⽀援:https://media-incubate.com/Creator-First/
事業内容 ⑤:メディア運営:https://kodomomirai.com/https://media-incubate.com/fundtimes/
事業内容 ⑥:広告運⽤⽀援:https://media-incubate.com/Advertising-agency/
URL :http://media-incubate.com/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社メディアインキュベート
担当者名:代表取締役社長・浜崎 正己
Email:masaki.hamasaki@media-incubate.com
Facebook:https://www.facebook.com/mediaincubateinc/
HP:http://media-incubate.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メディアインキュベート(メディアをアップデートし、学び合いの場をつくる) >
  3. 【スポーツの未来】ランニングチーム神戸ACを通じて地域コミュニティづくりに貢献中、ウルトラマン・トライアスロン日本代表の松井一矢氏が「献血・骨髄バンクランニングオフィサー」に就任