プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

レバレジーズ株式会社
会社概要

新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討新入社員の3割以上が入社後4~6ヶ月で退職を検討

社会人1年目300人を対象に「入社後の状況に関する調査」を実施

レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職エージェント「career ticket (キャリアチケット)」は、入社1年目の社員300人を対象に「入社後の状況に関する調査」を実施しました。


調査サマリー
  1. 新入社員の約半数が、入社1年未満で退職を検討
  2. 新卒で入社した企業に満足している人の約5割が「仕事内容」に満足
  3. 退職後は 「異業種の異職種に転職した/したい」が約半数

 
1.新入社員の約半数が、入社1年未満で退職を検討
 2022年2月時点で、2021年4月入社の新入社員300人に「新卒で入社した会社で現在も働いているか」聞いたところ、約1割が「すでに退職している」と回答しました。

 現在も新卒入社した企業で働いている新入社員に「退職を考えたことはあるか」尋ねたところ、約半数が「退職を考えたことがある」と回答しました。退職を考えた時期では、「入社4〜6ヶ月後(35.6%)」が最も多く、ついで「入社7~9ヶ月後(27.4%)」と続きます。

その一方で、「入社1ヶ月未満(8.9%)」「入社10~11ヶ月後(5.2%)」といった、入社したての時期と、入社後1年近く経過した時期の数値は低くなっています。

 



2.新卒で入社した企業に満足している人の約5割が「仕事内容」に満足
 現在も新卒入社の企業で働いている新入社員に「企業への満足度」を聞いたところ、約4割が「やや満足」と回答しました。満足している点として、「仕事内容(46.8%)」「社内の人間関係(36.4%)」が上位に挙がりました。退職を考えた理由や満足している理由でも「仕事内容」は上位に入っていることから、「仕事内容」が想定していたものと異なっていた場合は退職のきっかけとなりうることが多く、期待通りもしくは、期待以上の仕事内容であれば企業への満足度が高まると考えられます。



3.退職後は 「異業種の異職種に転職した/したい」が約半数
現在も新卒で入社した企業で働く社員のうち、5割以上が「いつかは転職したい」と回答しました。退職を考えたものの、現在の企業で働き続ける理由の上位に「仕事を覚えている最中だから」「就業期間が短いから」「1年未満だと転職活動が不利だと思うから」が挙げられています。転職意向は持ちつつも、まだ転職をするタイミングではないと考え、現在も働き続けていることが読み取れます。

 

 

退職を検討したことのある人、すでに退職をしている人の約5割が、「異業種異職種に転職したい/転職した」と回答しました。退職したい理由の上位に「仕事内容が合わない」が挙がっていることから、異業種や異職種を視野に入れた人が多いと、考えられます。

 

 新卒採用は1年近くかけて行うため、企業はかなりのコストを投下しています。そのため、早期離職者が増えると経営上大きな損失になりかねません。今回の調査では、入社1年未満ですでに退職している人が1割、そして半数近くが退職を検討していることがわかりました。つまり、新入社員の半数以上が早期離職の予備軍ということです。

入社1~3ヶ月頃は研修などによりフォロー体制が整っている企業が多いですが、配属後のフォローは現場に任せきりの企業も少なくないでしょう。投下した採用コストを無駄にしないためにも、新入社員が自走できるまで継続的なフォローを行うことが早期離職を防ぐポイントといえます。

<調査概要>
調査対象:4年制大学卒業かつ2021年4月入社の社員(現社会人1年目)
調査時期:2022年2月1日~2月4日
調査方法:インターネット調査
調査会社:楽天インサイト株式会社
回答者数:300人
引用・転載時のクレジット表記:「キャリアチケット調査」



「career ticket」について( https://careerticket.jp/
これまでの就活支援実績は10,000名以上、就活生の4人に1人が登録している新卒紹介エージェントです。企業の知名度や先入観などの固定観念にとらわれない、学生と企業の価値観による「量より質」の高品質なマッチングを重視し、学生の母集団形成から入社までをサポート。採りたい学生や採用形態に合わせて、「就活カフェ」「スカウト」「マッチングイベント」など、複数の採用手法を提案し、従来出会うことができなかった学生とのマッチングを低コストで実現します。


Leverages Group
社会の課題を解決し関係者全員の幸福を追求し続けることをミッションに、インターネット
メディア・人材・システムエンジニアリング・M&A・不動産の領域で国や業界をまたいだ問題解決を行なっています。2005年に創業以来、黒字経営を継続し2020年度は年商507億を突破しました。各分野のスペシャリストが集うオールインハウスの組織構成と、業界を絞らないポートフォリオ経営で、時代を代表するグローバル企業を目指します。

本社所在地: 〒150-6190 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア24/25階
代表取締役: 岩槻知秀
資本金  : 5,000万円
設立   : 2005年4月
事業内容 :自社メディア事業、人材関連事業、システムエンジニアリング事業
      M&Aコンサルティング事業、ASP/SaaS/クラウド関連事業
URL : https://leverages.jp/



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

レバレジーズ株式会社

138フォロワー

RSS
URL
http://leverages.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号  渋谷スクランブルスクエア24F/25F
電話番号
03-5774-1632
代表者名
岩槻 知秀
上場
未上場
資本金
5000万円
設立
2005年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード