団体から個人へ、新たな需要で注目が集まる熱海に次世代型宿泊特化ホテル「プリンス スマート イン 熱海」を開業

【2020年夏 開業予定】

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区東池袋3-1-5、代表取締役社長:小山 正彦、以下「プリンスホテル」)は、熱海駅より徒歩約3分の伊豆箱根バス熱海営業所跡地において、2020年夏に「プリンス スマート イン 熱海」を開業いたします。プリンス スマート イン」はプリンスホテルが新たに展開する次世代型宿泊特化ホテルブランドであり、中長期で国内100店舗の展開を予定しております。

プリンス スマート イン 熱海 外観イメージプリンス スマート イン 熱海 外観イメージ

近年再び人気の観光地として注目を集める熱海は、「意外と熱海」をコンセプトに地域一体となって女性グループやカップル、ファミリーの誘客に力を入れており、特に若年層の宿泊者が増加傾向にあります。四季を通じたイベントの開催や、効果的なプロモーション活動により、2017年度には年間宿泊客数が300万人を超え、5年連続の増加となりました。従来、団体旅行のイメージが強かった熱海ですが、現在7人以上の団体は全体の宿泊者のうち約8%に留まり、夫婦やカップル、家族旅行が6割以上を占め、女性グループも約2割を占めるなど、個人旅行化が進んでいます(熱海市観光建設部観光経済課「観光戦略会議」より)。


「プリンス スマート イン 熱海」は、個人旅行化や若年化の進む熱海において、ブランドコンセプトである“イノベーションを追求する宿泊特化型ホテル“を体現するべく、ICT・AIを活用した最先端のスマートなサービスを提供し、快適で機能的な空間を提供いたします。
「プリンス スマート イン」は、今後も首都圏のほか地方都市、新幹線停車駅や地方空港周辺都市などへの展開を進め、訪日外国人旅行者やデジタル世代の成長など、時代とともに変化するニーズに合わせ、既存の枠にとらわれないイノベーティブな設備・サービスを通じて、お客さまに快適な滞在をご提供してまいります。
 

プリンス スマート イン 熱海 ロゴプリンス スマート イン 熱海 ロゴ


『プリンス スマート イン 熱海概要

【名称】プリンス スマート イン 熱海   英文表記:Prince Smart Inn Atami
【事業主体】株式会社プリンスホテル
【敷地面積】約1,668.34㎡(約505坪)
【延床面積】約3,754.33㎡(約1,136坪)
【構造・規模】RC造 地上8階 
【施設用途】ホテル(125室)
【着工時期】2019年4月
【竣工時期】2020年5月末予定(ホテルは2020年夏開業予定)
【設 計】浅井謙建築研究所株式会社
【施工】西武建設株式会社
【所在地】静岡県熱海市春日町17-15(地番)
【アクセス】[電車] 熱海駅より徒歩約3分
【客室数】125室(ダブルルーム62室、ツインルーム63室)   
【客室面積】16㎡~20㎡(標準客室面積18㎡)
【付帯施設】レストラン(席数は未定)
【運営】株式会社プリンスホテル

プリンス スマート インについて
「プリンス スマート イン」は、プリンスホテルが新たに展開する宿泊特化型のホテルブランドであり、予約からチェックイン、チェックアウトまでICT・AIを活用した“スマート”なサービスを提供し、機能的かつ利便性・快適性を追求するホテルです。“スマート”なサービスを求められる20代~30代のビジネスのお客さまに加え、国内外のレジャー利用のお客さまにも手軽にご利用いただけるホテルを目指します。今後首都圏のほか地方都市、新幹線停車駅や地方空港周辺都市など当社ホテルが出店していないエリアを軸に出店を進めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プリンスホテル >
  3. 団体から個人へ、新たな需要で注目が集まる熱海に次世代型宿泊特化ホテル「プリンス スマート イン 熱海」を開業