新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、中学生用映像授業を民間教育機関へ4月末まで無償提供。

~臨時休校が相次ぐ学習塾向けに自宅で学べるeラーニング教材を提供~

 

導入実績1500超を誇るeラーニングテクノロジ企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)と教材開発のパイオニアである株式会社学書(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:田村 茂彦)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、デジタル&アナログ連動型の中学生用学習システム『基本のキ』を民間教育現場に対し、2020年3月1日(日)~4月30日(木)まで無償で提供いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国の小中学校と高校に対し臨時休校が要請されたことを受け、多くの民間教育の現場でも臨時休校が相次いでおります。学習塾に通えなくなった生徒さんの自宅学習用にご利用いただくためこのたび無償提供を実施することとなりました。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願うとともに、今後もeラーニングテクノロジ企業として、今できることを可能な限り支援してまいりたいと考えております。
>>詳細:https://www.digital-knowledge.co.jp/product/studypad-service/studymarket/kihon-ki/

■『基本のキ』無償提供の概要
期   間:2020年3月1日(日)~4月30日(木)
対   象:民間教育機関
提供内容:中学1年生から3年生までの英語・数学・理科・社会・国語を収録した映像コンテンツ。総動画数は約2,000本。期間中は年間使用料(48,000円/1拠点)、生徒ID(1,200円/月)をいずれも無料にてご利用いただけます。(※テキストは費用がかかります)
お申込み:https://www.digital-knowledge.co.jp/inquiry/
※お問い合わせ内容に『基本のキ』無償提供希望と必ずご記載ください。


■株式会社学書について
株式会社学書は、名古屋に本社を置く、教育図書教材の出版社です。東京・仙台・大阪・福岡に拠点があり、小中校生向けの問題集を主軸として、現在約1,000アイテムの教材を出版しています。販売先は、日本全国の民間教育機関(学習塾・専門学校・私立学校等)です。昨今は、教育図書教材の出版だけではなく、デジタル教材や業務システム開発も手がけています。

■株式会社デジタル・ナレッジについて
株式会社デジタル・ナレッジは、創業より20年以上にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて学習者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、“日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業”として、組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対する1500を超えるeラーニングシステムの立ち上げを成功に導いて参りました。
お客様と教育に関する夢・想いを共有しながら、お客様と学習者をつなぐ“学びの架け橋“となり、より良い教育を実現していく――
これを私たちのミッションと捉え、先進の教育テクノロジー開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。


【会社概要】
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明
     代表取締役 COO 吉田 自由児
URL: http://www.digital-knowledge.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社デジタル・ナレッジ 担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155(直通)
E-mail:infoadmin@d-k.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタル・ナレッジ >
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、中学生用映像授業を民間教育機関へ4月末まで無償提供。