amazarashi「虚無病」が蔓延する世界を描いたストーリー第2章を公開

本日3年ぶりとなるミニアルバム「虚無病」をリリースした amazarashiが発表した新たなプロダクツ「虚無病」のストーリー第1章に加え第2章を特設サイト上に公開した。
http://www.amazarashi.com/kyomubyo/

「虚無病」は、秋田ひろむが書き下ろす新たなストーリーの中で繰り広げられる架空の病で、amazarashiの楽曲がモチーフになったキャラクターと共に同タイトルの物語が展開され楽曲と、10月15日に幕張メッセ イベントホールにて行われる360°ライブともリンクするプロダクツとなる。

また、本日ミニアルバムリリースと合わせて秋田ひろむのコメントを公開した。

<amazarashi秋田ひろむコメント>
思うに虚無とは、煤のような物かもしれません。
こびり付くのは一瞬。でも、こそぎ落とすには骨を折るものです。
問題は、煤がこびり付いたからといって、この自我を買い替える事はできないという事です。

悲しい事、苦しい事を経て、僕らはすっかり汚れてしまいました。この真っ黒な煤を“美しい”と言えるかどうかが、僕らの命を肯定する分水嶺かのように感じています。

僕らの負の感情を、ネガティブを、薄汚れた“煤”を、清濁合わせて飲み干せるのか。真っ黒に汚れたあなたに問いかけたいのです。
それでも人生は美しいと言えますか?
 


ミニアルバム「虚無病」には、タイトル曲「虚無病」に加え、2013年、中島美嘉に楽曲提供して話題を呼んだ名曲「僕が死のうと思ったのは」のセルフカバー含む全5曲が収録される。
初回生産限定盤には、小説「虚無病」とamazarashi Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」で披露したアコースティックライブの映像が同梱される他、幕張メッセで行われるワンマンライブamazarashi Live 360°「虚無病」より1曲、ライブ音源がダウンロードできるシリアルコードが封入される。
初回仕様盤の方は、小説「虚無病」に登場するamazarashiの今までリリースした楽曲がモチーフになった5人のキャラクターがランダムに封入されるランダムジャケット仕様となっている。

また、SOLD OUTとなっているamazarashi 360° 「虚無病」LIVE VIEWING は、全国27箇所の映画館で生中継される予定で現在各プレイガイドにてチケットが発売されている。
 


<「虚無病 」ストーリー第1章より抜粋>
虚無病

一章

“観察報告書”
(出所不明。ファイル共有ソフトで流れたもの。)
(一部抜粋)

おしなべて無気力、無感動。全ての者が一日の大半を寝て、あるいは座って過ごす。簡単な意思の疎通は可能だが、能動的なコミュニケーションは調査期間中一度も見られなかった。生理的欲求にともなう、必要最低限の行動(食事、排泄)は観察員に促されてはじめて行う。それ以外のおおよその人間的活動は一度も見受けられなかった。
被観察者自身の氏名や、生い立ちに関する呼びかけには頷きでの返答をする事から、意識においての、記銘、保持については異常ないと推測できる。だが、その全貌については、専門の医療機関での更なる調査が必要だ。しかし倫理的、法的な観点から本人又は親族の許諾が必要不可欠なため、厚生労働省からの(つまり国からの)この疾患への定義づけが待たれている状況である。

また、発症から一年経過とされている九名の罹患者においても、回復にいたった者は未だおらず、精神的、器質的な疾患の範疇をこえた、恒久的な障害として扱う可能性も鑑みる必要がある
感染経路が未だ特定できないため、これを感染症とは定義できず、またテレビ、ラジオ、電話、インターネット上の動画や音声の視聴、書籍、新聞、コンピュータ上のテキストなどの閲覧により感染したとの報告が多数あるため、“言葉”による感染――――――――――

「虚無病」第1章、2章、特設サイトにて公開中
http://www.amazarashi.com/kyomubyo/

amazarashi 『虚無病』Music Video

 



■リリース情報 
amazarashi NEW MINI ALBUM
「虚無病」 2016.10.12 RELEASE.

【初回生産限定盤】
CD+DVD+DL
◇amazarashi LIVE 360°「虚無病」スマホ用ダウンロードコード(1Track)
◇Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」
よりライブ映像3曲
◇クリア三方背ケース
◇小説「虚無病」封入
AICL 3175~7 ¥2,000(tax out)

【通常盤】初回仕様
CD
◇初回仕様ランダムキャラクタージャケット(5種封入)
AICL.3178(tax out) ¥1,500(tax out)

 
[CD]
1 僕が死のうと思ったのは
2 星々の葬列
3 明日には大人になる君へ
4 虚無病
5 メーデーメーデー
[DVD]
amazarashi Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」
穴を掘っている
この街で生きている
ナモナキヒト

 
【Sony Music Shop】
初回生産限定盤:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=AICL000003175&ima=3105
通常盤:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=AICL000003178&ima=3117

【Amazon】
初回生産限定盤:https://www.amazon.co.jp/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85-%E5%88%9D%E5%9B%9E%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4-DVD%E4%BB%98-amazarashi/dp/B01JLCMA6E/
通常盤:https://www.amazon.co.jp/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85-amazarashi/dp/B01JLCMA8C/

【楽天】
初回生産限定盤:http://books.rakuten.co.jp/rb/14359498/
通常盤:http://books.rakuten.co.jp/rb/14359499/

【TOWER】
初回生産限定盤:http://tower.jp/item/4317165/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85-%5bCD%EF%BC%8BDVD%5d%EF%BC%9C%E5%88%9D%E5%9B%9E%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%9E
通常盤:http://tower.jp/item/4317166/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85%EF%BC%9C%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4%EF%BC%9E

【HMV】
初回生産限定盤:http://www.hmv.co.jp/artist_amazarashi_000000000411561/item_Kyomubyou_7216794
通常盤:http://www.hmv.co.jp/artist_amazarashi_000000000411561/item_Kyomubyou_7216795

【TSUTAYA】
初回生産限定盤:http://shop.tsutaya.co.jp/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85-DVD%E4%BB%98-amazarashi-%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%96%E3%82%89%E3%81%97/product-cd-4547403045703/
通常盤:http://shop.tsutaya.co.jp/%E8%99%9A%E7%84%A1%E7%97%85-%E9%80%9A%E5%B8%B8%E7%9B%A4-amazarashi-%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%96%E3%82%89%E3%81%97/product-cd-4547403045710/

 
■ライブ情報
amazarashi 360° 「虚無病」ライブ・ビューイング
2016年10月15日(土) 17:00 start
全国各地の映画館 ※開場時間は会場によって異なります。
実施会場:http://liveviewing.jp/amazarashi360/
料金 3,800円(税込/全席指定) ※LV限定チケットホルダー付
 
【一般発売】
2016年10月14日(金)12:00まで
イープラス:http://eplus.jp/amazarashi201610-lv/ (PC、モバイル共通)
ローソンチケット:http://l-tike.com/cinema/amazarashi-lv/ (PC、モバイル共通)
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/amazarashi-lv/ (PC、モバイル共通)
ファミリーマート店内の「Famiポート」
ローソン・ミニストップ店内の「Loppi」
セブン-イレブン店内の端末「マルチコピー機」
サークルK・サンクス店内の端末「K ステーション」
チケットぴあの店舗
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。


(amazarashi profile)
青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。
日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前ににスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。
2016年2月にリリースされたフルアルバム「世界収束二一一六」ではオリコンアルバム ウィークリーチャート4位にチャートイン。また、ミュージックビデオではCGアニメーションが使われた作品と、プロジェクションマッピング を使った作品などを公開し、文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞するなど国内外で高く評価されている。
2016年10月15日には幕張メッセイベントホールにて全方位から観覧ができる360°ライブを開催予定。
HP:http://www.amazarashi.com/
Twitter:https://twitter.com/amazarashi_bot
Facebook:http://www.facebook.com/amazarashiofficial
mobile モバイルサイト「apologies」 (スマートフォン、フューチャーフォン):http://m.apologies.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ >
  3. amazarashi「虚無病」が蔓延する世界を描いたストーリー第2章を公開