テラスモール湘南 開業後、初の大規模リニューアルを実施 4月下旬グランドリニューアルオープン

新店77店舗、移転リニューアル40店舗、計117店舗を一新

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員CEO:中村邦晴)と住商アーバン開発株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野稔彦)が、GICリアルエステート(シンガポールの政府系投資ファンド、本社:シンガポール、GIC Real Estateの最高投資責任者:Lee Kok Sun)と共同で開発し、運営する湘南エリア最大級の大型商業施設「テラスモール湘南」(神奈川県藤沢市)は、2011年の開業以来初の大規模リニューアルを実施します。2018年2月上旬から新たな店舗が順次オープンし、4月下旬にグランドリニューアルオープンします。湘南エリア初出店となる37店舗を含む77店舗を新たに導入するほか、40店舗を移転リニューアルし、約280店舗のうち約4割の117店舗を一新します。
■テラスモール湘南リニューアルの考え
当施設は、湘南という文化・ブランドを持つ場所と、そこに暮らす人々との調和を考え開発を行い、家の延長でありながら外の自然も感じられ、人と人が自然に声を掛け合う「テラス」のような施設です。湘南の自然がいつも身近に感じられ、集う人と人を緩やかに結びつける湘南のシンボリックな生活交流拠点「サードプレイス」を目指して日々取り組んでまいりました。
今回のリニューアルでは、開業時からのコンセプト『湘南ライフコア』をさらに進化させるため、都市型ファッション・雑貨店舗の新規導入、飲食店の増設、ライフスタイルゾーンの新設をします。また、一部共用部における環境変更を 行うことで、「サードプレイス」としての機能をさらに充実させ、都市型ライフスタイルモールとして湘南マインドを愉しむ 幅広い層のニーズに応えていきます。
 
■リニューアルのポイント
【湘南エリア初出店など高感度なファッション・雑貨を強化】
高感度でこだわりあるファッションや雑貨の専門店を導入し、ショッピングの楽しさを更に強化します。
都市型ファッション・雑貨の導入
「BEAMS」、「SHIPS」、「nano・universe」、「FREAK'S STORE」など都市型の高感度なセレクトショップが湘南エリア初出店します。さらに、幅広いラインナップを揃える「POLO RALPH LAUREN」、スウェーデン発のファッションウォッチブランド「DANIEL WELLINGTON」などの海外ブランドが新たに登場します。また、メンズファッション取扱いショップを新たに10店舗導入し、男女共にショッピングを楽しめる専門店が揃います。
コスメ・ジュエリー集積ゾーン
ナチュラルなスキンケアとモードなメイクアップが人気のコスメブランド「THREE」、ラグジュアリーコスメのセレクトショップ「イセタン ミラー メイク&コスメティクス」が出店、また、横浜・元町で生まれたジュエリーブランド「スタージュエリー」などが出店し、コスメとジュエリーを2階エントランスゾーンに集積します。駅直結のショッピングセンター(以下、SC)としてファッション機能の強化と、更なる利便性向上を図ります。
ライフスタイルショップの拡充
「TCG patagonia」、「B:MING LIFE STORE by BEAMS」の出店によりライフスタイル提案型店舗を拡充します。約300年の歴史を持つ老舗の生活雑貨「中川政七商店」などがオープンするほか、食物販においては、日本全国のうまいものセレクトショップ「久世福商店」、国内産・無添加・オーガニック食品ショップの「こだわりや」を導入し、上質で本物志向のお客様ニーズに対応します。


【ゆとりある湘南ライフを充実させるコンセプトゾーン「くらしテラス(仮)」を新設】

3階には、豊かで上質な湘南ライフを充実させるコンセプトゾーン
「くらしテラス(仮)」が新たに登場します。「Seaside Vintage House~海の傍に佇む家~」をイメージし、ウッドを基調とした落ち着きある店内空間と、隣接するテラスからなる約1300㎡のスペースには、上質なインテリアやライフスタイル雑貨を提供する専門店や、ゆったりと過ごせるカフェといった 6店舗を移転リニューアルして集積します。オリジナル家具やインテリア雑貨の「unico」、心地よい毎日を提案するインテリアショップ「Francfranc」、ファッション雑貨・インテリアを中心とした英国のライフスタイルブランド「キャスキッドソン」が装いを新たに登場。また、丁寧な暮らしを提案するインテリアショップ「ACTUS」は、緑溢れるテラス席もある「SOHOLM CAFE」を併設します。さらに、キッチン雑貨の「212 KITCHEN STORE」が新たに出店。暮らしに関する商品のご提案はもちろん、ゾーン中央にフリースペースを設け、ワークショップやトークショーなど暮らしを楽しむコンテンツを発信します。


【地元で人気の飲食店や、湘南エリア初出店など飲食店舗が更に充実】

カフェ店舗の拡充
辻堂駅から直結する2階正面エントランス横には、葉山の名店・日影茶屋がプロデュースするフレンチトースト専門店「TOASTY’S」が都心部、横浜エリアに次いで3号店として出店します。また、開放的な空間に個性的な戸建て店舗が並ぶ「湘南ヴィレッジ」には「DEAN & DELUCA CAFE」が湘南エリアに初出店。カフェ店舗を合計4店舗増設し、ショッピングの合間にお休みいただける店舗が更に充実します。
フードコート「潮風キッチン」に湘南エリアの老舗名店が新規出店
3階フードコート「潮風キッチン」には、フードコートで初出店となるローストビーフの名店「ローストビーフの店鎌倉山」、藤沢名物のバラ丼を味わえる「里のうどん」、茅ヶ崎で人気のカレー店「GARA中海岸」が新たに登場。さらに、潮風キッチン内の座席数を100席増やし、より多くのお客様にご利用頂けるようになります。
4階レストラン店舗14店舗中8店舗新規出店
4階レストランゾーンでは、パスタ専門店「パスタ&ワイン 壁の穴」やハワイアン・カフェ&ダイニングの「ALOHA TABLE」など14店舗中8店舗が新たにオープン。さらに、レストランゾーンの共用通路もリニューアル、上質なお食事の空間を演出します。
「湘南マルシェ」内スイーツショップ新規出店
多様な専門店が集まる食の一大ゾーン「湘南マルシェ」(1階)には、創業60年以上の老舗菓子店「鎌倉紅谷」、湘南エリアの銘店のスイーツが一同に会する「湘南スイーツセレクション」が加わり、デイリーユースからハレの日ニーズまで幅広い顧客ニーズに対応します。

【テラスモール湘南 施設概要】

2011年11月に開業した地域最大級の大型商業施設「テラスモール湘南」は、辻堂駅北口エリアのまちづくり「湘南C-X」の中心施設として開発され、辻堂エリアの中心、湘南地区の新たな拠点として、まちと共に成長してきました。延床面積約170,000㎡(地上4階、一部5階建て)、店舗面積約63,000㎡。段丘上のテラスと、回遊性の高いサーキットモールが特徴の本館と、湘南を感じる戸建て店舗が路面店感覚で並ぶ「湘南ヴィレッジ」で構成され、約280店舗を集積しています。日常へのこだわりや自分のスタイルを大切にし、家族や友人とのゆとりあるライフスタイルを志向する「湘南マインドを楽しむ人々」に向け、ゆとりある湘南ライフを提案しています。


■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」、「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。



・注目の新店、新規オープン/リニューアル店舗リスト
  https://prtimes.jp/a/?f=d726-20180118-1977.pdf

・住友商事グループの主な商業開発・運営実績
 https://prtimes.jp/a/?f=d726-20180117-6511.pdf
  1. プレスリリース >
  2. 住友商事株式会社 >
  3. テラスモール湘南 開業後、初の大規模リニューアルを実施 4月下旬グランドリニューアルオープン