JR東日本ホテルズ「ワンウェイプラスチック製品」について

ホテルで使用している「ヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、マドラー、フォーク、スプーン、ナイフ」の計8品目を2022年3月までにすべて代替素材に変更または廃止いたします

 
 JR東日本ホテルズ(幹事会社:日本ホテル株式会社/豊島区西池袋1-6-1 代表取締役社長 里見雅行)は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みの一環として、これまでに、宴会場やレストランで使用するプラスチック製ストローの使用の取りやめ、紙製または生分解性プラスチック製ストローへの切り替え、及び直営物販店で使用しているプラスチック製レジ袋のバイオマスプラスチック製への切り替えなどを行ってまいりました。
この度、国内のJR東日本ホテルズ加盟の56ホテル9,078室で使用しているワンウェイプラスチック製品の「ヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、マドラー」とレストランやショップ等でテイクアウト商品などに付与するワンウェイプラスチック製品の「フォーク、スプーン、ナイフ」の計8品目について、2022年3月までにすべて代替素材に変更または廃止いたします。
 なお、歯ブラシについては、代替素材の検討・検証を進め、順次実施していく予定です。

◻︎現在使用している「ワンウェイプラスチック製品」(写真:メトロポリタンホテルズで使用の製品)

ヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ

マドラー、スプーン、フォーク、ナイフマドラー、スプーン、フォーク、ナイフ

 

 

◻︎ワンウェイプラスチック製品の代替素材変更または廃止の目的


 今年6月に成立した「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」の施行に向け、ホテル業においてはヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、歯ブラシが、また飲食店業等においてはスプーン、フォーク、ナイフ、マドラー、ストローが、事業者が取り組むべき措置について判断の基準となるべき事項を定める品目として示されています。JR東日本ホテルズにおいては、これらのワンウェイプラスチック製品を代替素材に変更するか廃止することがプラスチックの資源循環のために適切であると判断し、今回の方針としました。
 

貢献を目指すSDGsのゴール貢献を目指すSDGsのゴール

 

取り組みとなるホテルブランド(JR東日本ホテルズ)取り組みとなるホテルブランド(JR東日本ホテルズ)

  • 東京ステーションホテル
  • メズム東京、オートグラフ コレクション 
  • メトロポリタンホテルズ(国内全14ホテル)
  • JR東日本ホテルメッツ(全29ホテル)
  • ホテルドリームゲート舞浜、ホテルドリームゲート舞浜アネックス
  • ホテルファミリーオ、ホテルフォルクローロ
  • 和のゐ 

 

[参考資料]
環境に関する日本ホテル(株)のこれまでの取組み

 

  • 食品ロス・プラスチック製品のごみ削減・廃棄物・節水対策

 

 


 

  • 省エネ・CO2削減

 

 

 


 

  • 環境にやさしい資材の採用

ホテルメトロポリタン エドモントの客室改装でのサスティナブル木材を使用(2021年3月改装)
 

 

JR東日本ホテルズ(国内)

 

 

ホテル一覧(ブランド別) ホテル数 客 室 数 特徴
東京ステーションホテル 1 150 100年以上の歴史を継承する東京駅丸の内駅舎内のホテル
メズム東京、オートグラフ コレクション  1 265 五感を魅了する時間と空間が導くイノべーティブなホテル
メトロポリタンホテルズ 14 4,147 充実の機能と洗練されたサービスを提供するシティホテル
JR東日本ホテルメッツ 29 4,009 駅の近くの宿泊特化型ホテル
ホテル ファミリーオ 3 91 大自然の中でゆったり過ごす自然志向のホテル
ホテル フォルクローロ 5 253 駅、または駅の周辺を拠点にする行動的な旅にぴったりのホテル
和のゐ 角館 1 3 武家屋敷で有名な角館の歴史ある蔵を改装したホテル
ホテルドリームゲート舞浜 2 160 アーバンリゾートホテル
合計 56 9,078  

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本ホテルズ >
  3. JR東日本ホテルズ「ワンウェイプラスチック製品」について