フランス人間国宝エドワール・イルサンジェーが手作業で創る、季節の果実を使った新作「春のショコラ」が、ついに解禁。春しか出会えない季節限定ショコラ。4月7日(金)から期間限定で発売開始。

116年続く、フランスのショコラトリー「イルサンジェー」。
4代目現当主であり、フランス人間国宝でもあるエドワール・イルサンジェー本人が全て手作業でショコラを造っています。
フランス人間国宝エドワール・イルサンジェーのショコラは、フランス本店と、日本の東京にある「イルサンジェー東京ブティック サロン&ミュージアム」の2店舗でしか手に入らない貴重なショコラ。イルサンジェーでは、通年製造している歴代当主のレシピで造るショコラの他に、季節ごとに新鮮な果実や、素材を使ったショコラを製造します。ついに、今シーズン初登場の出来立て・四季のシリーズのひとつ「春のショコラ」が解禁。出来たての春のショコラを、フランスワインとゆっくりお愉しみください。

116年続く、フランスのショコラトリー「イルサンジェー」では、通年製造している歴代当主のレシピで造るショコラの他に、季節ごとに新鮮な果実や、素材を使ったショコラを製造します。
ついに、4代目エドワール・イルサンジェー渾身の作品、春のショコラが解禁となりました。

4月7日(金)から発売開始の今シーズン初登場「春のショコラ」をご堪能ください。

 

【季節限定・アルボアの果実と、4代目エドワール・イルサンジェーの繊細な技術が奏でる、新作「春のショコラ」】
■四季のシリーズで展開する期間限定製造のショコラ。

4代目イルサンジェーが創作した、季節の果実を使ったショコラ。

それぞれの四季の中で、アルボアで採れる果物や、スパイス、ハーブを使い、期間限定で製造しています。
100年以上一族で自然豊かなアルボアの地に生きるイルサンジェーだからこそ成せる、アルボアの素材を熟知したレシピ。

■季節のショコラの代表作。重層構造の「クワトロシリーズ」

イルサンジェーのショコラの特徴でもあり、季節の果実で創るショコラの代表作でもある、重層構造ショコラ「クワトロシリーズ」。

果実味溢れるガナッシュ、パート・ド・フリュイ、しっとりとしたマジパン、宝石のようなジュレを1つ1つ重ね、4層構造で創られています。 

その口どけの良さ、そしてショコラの味を最大限に生かした味は、誰もが感動する美味しさで、4代目エドワール・イルサンジェーがM.O.Fを受賞するほど。
1日に製造される300粒のショコラは、全て4代目エドワール・イルサンジェーの手作業で創られています。

■ 季節の果実を使った「春のショコラ」が4月7日(金)から発売開始。
<クワトロ 春の苺 ¥840(税込)>

真っ赤なルビーのような特製苺ジュレをのせた、春のショコラの代表作品。
クワトロシリーズのひとつ「春の苺」は、エドワール・イルサンジェー自らが厳選した旬の苺を4層構造にしたショコラ。  

クラシック音楽の巨匠・ヴィヴァルディの「四季」の中の「春」からインスピレーションを受けた作品。
爽快なメロディは、軽やかな苺の果実味に見事に表現されています。

<森のレグリス ¥840(税込)>

フランスでは、お菓子や家庭料理に使われるルバーヴのコンポートと、シダの根のガナッシュの2層構造のショコラ。

春に旬を迎えるルバーヴは、ヨーロッパ地方では欠かせない野菜。
クキ部分を食し、砂糖と相性がいいため、生野菜として食べるだけでなくスイーツなどにも使われ、程よい酸味はやみつきに。
くせのないシダの根はコンフィにし、ガナッシュと合わせています。

ルバーヴコンポートの爽やかな酸味が、なめらかなガナッシュと抜群の相性を醸し出しています。

<A.F.M ¥840(税込)>

乾燥マンゴーとマンゴーを合わせ、甘みと酸味を強くした特製マンゴーコンポートを、爽やかなフランボワーズのガナッシュの上に乗せた2層構造。清々しい春と同時に、ほんのりと初夏も覗き見ることができる逸品です。

<スローフード ¥840(税込)>

イタリアで開催されたスローフード協会の会合に出席した4代目エドワール・イルサンジェー。
その会合で、イタリア人が苺にバルサミコビネガーをかけて食しているのを見て、インスピレーションを受け創作したのが、このスローフード。
清涼感のある"アンテジット"(レグリスを使った飲料)のガナッシュに、バルサミコビネガーと苺のペーストを乗せた2層構造。
独特の酸味を持つバルサミコビネガーと、まろやかな酸味の苺の爽やかな組み合わせが、春先に咲く花の香りを思わせる一品です。
※在庫なくなり次第、販売終了致します。

【ショコラサロンはここまで進化した。
最高級ラグジュアリーホテルのラウンジをイメージした、プライベートショコラサロン 】

 

ショコラブランドのトップ・オブ・トップ。
116年続くフランス老舗ショコラトリー「イルサンジェー」。
フランス本店以外で唯一楽しめる、プライベートショコラサロンが東京に。

イルサンジェーのショコラは、すべて手作業で作られています。
そのため、製造数は限られ、世界で2店舗のみの展開。

その名も、
「イルサンジェー東京ブティック サロン&ミュージアム」。
原宿と表参道の間にある、都会の喧騒から隔離された空間。

店内には、セミプライベート空間となる個室が2部屋。 

 

イルサンジェーのサロンデザートやショコラを楽しむサロン席(利用人数1名様~6名様)は、さながら、ホテルのラウンジのように作られた上質な空間です。

セミプライベート空間には、来店予約されたお客様だけが利用できるソファ席やテーブル席をご用意。
サロンでゆったりと、到着したばかりのイルサンジェーのショコラと、フランスワインをお楽しみ下さい。
※ご購入のみのご利用も、ご来店予約をお願いしております。

【116年の歴史を持つフランスのショコラトリーイルサンジェー】

フランス東部のジュラ地方、アルボアという街で116年の歴史を持つショコラトリー「イルサンジェー」。

ジュラ地方は、伝統工芸やワインの産地として有名な土地。

山脈に囲まれ個性のある葡萄が育つため、非常に趣のあるワイン生産が盛んです。

ジュラ地方アルボアへと移り住んだ初代当主オーギュスト・イルサンジェーは、個性あるジュラワインの魅力にひかれ、「ジュラの芳醇なワインに合うショコラ」というコンセプトで創作をはじめました。
イルサンジェーの当主は、代々血族のみが務め、一子相伝のレシピで今もショコラを創り続けています。

現当主となる4代目エドワール・イルサンジェーは「M.O.F(フランス国家最優秀職人章)」という、フランスの人間国宝に相当する章を当時最年少で受章。 

全世界のショコラを愛する人々からも人気が高く、また名だたるパティシエやショコラティエが、その腕を認めるほどのショコラ。
 また、エドワール・イルサンジェーのショコラを創る腕もさることながら、「ショコラ」を通じて、人々を幸せにしたいという想いが、多くのファンを惹きつけています。 

イルサンジェー東京ブティックで販売しているすべてのショコラは、4代目当主エドワール・イルサンジェーが自らその手で手作りしているため、希少なものとなっております。

【ご来店予約お申込み方法】

1.ご来店予約フォームから必要事項を入力し、お申込みください。
ご来店予約申込は下記をクリックお願いします。
http://goo.gl/forms/U3AWWvl4y3

2.担当より、ご予約確認のメールをお送りしています。
3.ご予約開始時間にお越しいただきます。
初めてご来店のお客様には、イルサンジェーの歴史の説明や、ショコラのテイスティングをご用意しております。

その後、お席にてサロンやブティックを、心ゆくまでゆったりとお楽しみください。
 ※ご予約1組様、約1時間30分、お席を貸し切りでご用意しています。
チョコレート1粒からご購入可能です。
サロンのご利用だけでも、チョコレートのお持ち帰りだけでもご利用可能です。

フランス本店で作られたチョコレートを常時20~30種類ご用意しております。

【イルサンジェー 東京ブティックサロン&ミュージアムについて】

Hirsinger Arbois Boutique イルサンジェー アルボア本店
38 Place de la Liberté, 39600 Arbois, フランス

Hirsinger Tokyo Boutique salon et musee イルサンジェー東京ブティック サロン&ミュージアム
東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル 2F
営業時間:12:00〜19:00
定休日:毎週 火曜日
予約専用回線:03-5775-7888
http://www.hirsinger.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PACK ARTS株式会社 >
  3. フランス人間国宝エドワール・イルサンジェーが手作業で創る、季節の果実を使った新作「春のショコラ」が、ついに解禁。春しか出会えない季節限定ショコラ。4月7日(金)から期間限定で発売開始。