舌と脳天を直撃する、究極の五十食を堪能あれ!夢枕 獏『いつか出会った郷土の味』2月26日(金)発売

男の隠れ家で人気連載中のエッセイを書籍化!

株式会社三栄(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:星野邦久)は、2021年2月26日に『いつか出会った郷土の味』を発売いたしました。

 

いつか出会った郷土の味
2021年2月26日(金)発売
※全国の書店、ネット書店にてお求めいただけます。
詳細:https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11781


日本全国、食の旅。
釣り上げた魚を仲間たちと料理し、旅先でこだわりの店を訪れ、生まれ育った故郷では思い出の味を……。飽食の時代だからこそ、一つひとつの食を本気で堪能し尽くしたい。そこには食べる“悦び”と、生きる“喜び”があふれている。著者が本当に美味しいと思った食べものとの出会いを、下品に、はしたなく、エロティックに書き下ろす、何度でも読んで味わいたくなる珠玉の食エッセイです。

梅ちゃんの鮎、「花もも」のすだちそば、冷や汁、萬口の「かつお茶漬け」、野田さんのサーモン、金沢の「ガスエビ」、一吉の「イカのしおから」 、澤田 さんの「ワカサギ」、シェ・イノの「温度玉子と黒トリュフのピューレ」、菊姫の「黒吟」、鳴門の「サクラダイ」、フルーツ&カフェさいとうの「越後姫けずり」、青森の海峡サー
モン、老松の夏柑糖、鮨かねさかの「風」を食す、土佐のカツオの塩タタキ、守谷のあんぱん、鮒ずし巡礼……など 50 編を収載!


食は、聖なる旅の物語である。食べる前からそれは始まっており、食し終えた後まで、この物語は、良きファンタスィのように、脳内に響きわたっているのである。 ーー本文より
 
●食はエロスである
著者が以前から思っていた「うまいものはエロい」ということ。食には、どこかエロスが漂っているのではないでしょうか。口に入れた時の食感、官能的な香り、色、佇まい……。「おいしいものの多くが実はエロいということは本当のことだ。ついでに、下品に食べれば食べるほどおいしいものもある」というのが著者の持論。これから食事の際に意識してみると、今までの食事が違って見えてくるかもしれません。

●料理の数だけ、物語がある。
本書に書かれているものは、お店から頼まれて書いたものはひとつもなく、著者がほぼすべて自腹で食べたもの飲んだもの!著者曰く「ささやかな文学的誇張、筆の勢い」はあるものの、どの食も機会があれば試して損はない究極の50食となっております。

 

  • 著者プロフィール
夢枕 獏(ゆめまくら ばく)
作家。1951年神奈川県生まれ。 1977年、作家デビュー。「魔獣狩り」「キマイラ」「餓狼伝」「闇狩り師」「陰陽師」シリーズ等の作者。1989年『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞、1998年『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞受賞。『大江戸釣客伝』で2011年に泉鏡花文学賞、船橋聖一文学賞、2012年に吉川英治文学賞を受賞。2017年に菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞受賞。2018年、紫綬褒章受章。


-詳細-
タイトル:いつか出会った郷土の味
著者:夢枕 獏
発売日:2021年2月26日(金)
定価:本体1,600円+税
判型:A5判/ページ数:224ページ
ISBN :978-4-7796-4343-9
発行所:株式会社 三栄

三栄webサイト:https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11781
Amazon:https://amzn.to/3dJ2Fvu

2021年2月26日
株式会社 三栄


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三栄 >
  3. 舌と脳天を直撃する、究極の五十食を堪能あれ!夢枕 獏『いつか出会った郷土の味』2月26日(金)発売