CCCマーケティング、新たにライフスタイル分析サービス「Market Watch Target Profiler」の提供を開始

7,000万人×ライフスタイルデータで企業のマーケティング活動を支援する「Market Watch」

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、このたび、ライフスタイル分析サービス「Market Watch Target Profiler」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。
「Market Watch」は、年間50億件超におよぶ購買データと7,000万人を超える生活者のライフスタイルデータを統合したデータベースに加えて、マーケティングに資する複数のデータとも連携をしながら、さまざまな手法でデータを分析・可視化し、より幅広いマーケティングをサポートするサービスです。

このたび提供をする「Market Watch Target Profiler」は、7,000万人超のライフスタイルデータを基に、特定番組の視聴層や特定商品の購買層などさまざまなセグメントでマーケティング情報をご利用いただけるサービスです。従来、キャンペーンや商品発売後に小サンプルで実施していた意識調査などを、「Market Watch Target Profiler」を活用いただくことで、大規模サンプルかつ実購買データを基に、企業ごとにカスタマイズされた分かりやすいツールとして、マーケティング活動を可視化することが可能になります。
 



その他、「Market Watch」では、テレビ視聴データと購買データを連携させ分析・可視化できるサービス「Market Watch TV版」と、食に関わる市場トレンドを把握することができる「Market Watchトレンド版」を提供しています。

「Market Watch TV版」では、テレビ視聴データと購買データを連携した日本全国36万人(個人を識別できないように統計加工処理)のデータをもとに、32エリアの地上波・BS・CSのテレビを評価することができます。従来のデモグラフィックによるテレビ番組やテレビCMの評価ではなく、性年代にとらわれないあらゆる切り口で分析・可視化することで、新たなテレビの価値創出を行っています。現在、日本全国のテレビ局や広告代理店、テレビCMを出稿する広告主企業に導入いただいています。

「Market Watchトレンド版」では、国内最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」に蓄積された食領域のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」を活用した外食口コミデータをもとに外食トレンドを分析し、把握することができるサービス「食のトレンドパック」と、CCCマーケティングが運営する家計簿アプリ「レシーカ」のデータを元に、業態やチェーン別、カテゴリごとに購買分析することで市場環境を把握できるサービス「市場・競合パック」の提供を、2020年7月より開始しています。今後は、流通小売企業をはじめ、外食・レストラン・フードサービス企業や食品メーカーなど、食に関わるさまざまな企業さまへの導入拡大を図っていく予定です。

CCCマーケティングは、「UNIQUE DATA, SMALL HAPPY.」をグループミッションに、多種多様なデータを、テクノロジーとアイデアで価値創造し、個人のライフスタイルとそれを取り巻く社会をつないで、一人ひとりの毎日の小さな幸せを作ることを使命とし、引き続きマーケティング領域における独自の価値創出を図ってまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCCMKHD >
  3. CCCマーケティング、新たにライフスタイル分析サービス「Market Watch Target Profiler」の提供を開始