クラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』と2,800施設以上が導入する診療支援ソフト『RS_Base』が連携〜カルテ上から検査データ・画像データが閲覧可能に〜

株式会社Donuts(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)が提供するクラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』は、株式会社 メディカル イン(広島県広島市、代表取締役:渡辺敬治)が提供する、診療支援ソフト『RS_Base』との連携を開始しました。

『CLIUS(クリアス )』で登録している患者さまのカルテ画面から『RS_Base』を開くだけで、これまでの画像データや検査データを瞬時に閲覧できます。

患者さまが複数の検査を行った場合でも、すべての結果をカルテからスムーズに確認できるので、診療の効率化が実現できます。
 


【『RS_Base』と『CLIUS(クリアス )』の連携ポイント】
(1)『CLIUS(クリアス )』から、画像や血液検査などのデータを閲覧
『RS_Base』は、『CLIUS(クリアス )』のカルテ画面から起動。内視鏡、超音波、心電図、オージオ、デジカメレントゲン、血液データなどのさまざまな検査結果が『RS_Base』に送信され、連携先の『CLIUS(クリアス )』からアクセス・閲覧できます。

(2)『RS_CommPro』とも連携。検査結果をカルテ上に保存可能
300機種以上の院内検査システムとの接続実績がある、『RS_CommPro』とも連携をスタート。『RS_CommPro』で受信した検査結果は『CLIUS(クリアス )』に保存・表示されます。
これまでは高額な画像ビューアー等を導入する必要がありましたが、『RS_Base』の導入で医療機関の費用負担も軽減可能です。

※眼科向けなど、多数の機器と連携できます。詳細はお問い合わせください。



■『RS_Base』について
『RS_Base』は、院内で発生する内視鏡、超音波、心電図、オージオ、デジカメレントゲン、血液データ、紹介状、持参された紹介状、レセプトコンピュータ電子カルテの診療内容・所見の通覧表意・検索、薬情報の検索などの機能を持つ総合診療支援ツールです。全国2,800施設以上で利用されています。

・公式サイト:http://rsbase.jp/

■『CLIUS(クリアス)』について
『CLIUS(クリアス)』は医師にとって効率的なカルテ入力作業を実現し、患者さまと親密な診察時間を設けることができる電子カルテサービスです。直感的な操作性と、自動学習機能やレセプト分析サポートでクリニックの時間創出をお手伝いします。他医療機関や周辺システムとも連携しやすい設計となっております。

・公式サイト: https://clius.jp/


■会社概要
株式会社 メディカル イン
・所在地  :広島本社 / 広島市東区牛田本町2丁目10-20
・代表者  :代表取締役 渡辺敬治
・設立   :2006年11月
・事業内容 :診療支援ソフト「RS_Base」に関するシステム開発、診療支援ソフト
「RS_Base」導入支援/サポート など
・企業サイト:http://www.rsbase.net/medical-in/index.html

株式会社Donuts
・所在地  :東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー8階
・代表者  :代表取締役 西村啓成
・設立   :2007年2月5日
・事業内容 :クラウドサービス事業、モバイルゲーム事業、WEBサービス事業
・企業サイト:https://www.donuts.ne.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Donuts >
  3. クラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』と2,800施設以上が導入する診療支援ソフト『RS_Base』が連携〜カルテ上から検査データ・画像データが閲覧可能に〜