FDA ハーンエアとの提携による航空券販売開始について

FDA
株式会社フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:楠瀬 俊一)は、ハーンエア(Hahn Air 本社:ドイツ ドライアイヒ市)と提携し、12月1日(木)より航空券の販売を開始いたしました。
ハーンエアは1994年に設立されたドイツの定期・チャーター運航会社であると同時に、世界中の航空会社と旅行会社とをつなぐ主要なGDS(Global Distribution System)※ との販売ネットワークを持っております。また、1999年からは他の航空会社への間接流通サービスと世界約100,000の旅行会社への発券ソリューションも展開しています。

今回の提携により、FDAの航空券は世界各地の旅行会社で予約・発券が可能になり、訪日される旅行者のみなさまが、日本国内の移動でより手軽にFDA便をご利用いただけるようになります。

※GDSとは…Global Distribution Systemの略称で、世界中の航空会社と旅行会社を結び、航空券やホテル、レンタカーなどの予約・発券ができるコンピュータシステム
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FDA >
  3. FDA ハーンエアとの提携による航空券販売開始について