インドの宅配市場-商品別(生鮮および非生鮮)、タイプ別(自己配達、共同配達、サードパーティ配達)、および都市別(デリー、コルカタ、バンガロール、ムンバイ、およびその他の都市)– 「2025年ー予測」

Kenneth Researchは調査レポート「インドの宅配市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年10月 29日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/home-delivery-market/10325811


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

2006年以降、インドのITサービスのブームにより、雇用と個人消費の増加により、インドの1人当たりの所得は45%増加しました。これにより、社会生活やその他のニーズが変化し、インドでの宅配サービス、特に食品やレストランに関連する宅配サービスの需要が高まっています。さらに、働く女性の数の増加は、家族の収入の追加の源をもたらしました。したがって、インドの都市部では、ライフスタイルや食生活の変化など、生活水準の大幅な変化が観察さられます。このように、手頃な料金で食品に素早くアクセスすることへの需要が高まっており、インドの宅配市場をさらに後押ししています。

 インドの宅配市場は、2019ー2025年の予測期間中に23%以上のCAGRで成長します。

いくつかの宅配サービスプロバイダーはますますビジネスに投資しています。業界は、Swiggy、Zomatoなどの地元の新興企業によって支配されており、他のプレーヤーに地元のパートナーシップ、M&A、宅配サービスプロバイダー間の戦略的コラボレーションを採用するように強いています。これは、この市場で競争上の優位性を獲得するのに役立ちます。インドで増加している中産階級の人口は、インドのオンライン食品配達部門の成長を牽引している要因の一つです。

Amazon Transport Services(Amazon)、Ekart Logistics、Uber Eats、Swiggy、Zomato、DHL、Blue Dart、FedEx、Microliseなどの主要企業は、インドの宅配サービス市場で大きな存在感を示しています。

インドの宅配市場は、商品(生鮮品と非生鮮品)、種類(自己配達、共同配達、サードパーティの配達)、都市(デリー、コルカタ、バンガロール、ムンバイ、その他の都市)によって区分されます。生鮮食品はさらに加工食品(すぐに食べられる)と非加工食品(果物、野菜、その他の食用食品)に分類されます。

生鮮食品(食品およびレストラン関連サービス)は、2018年にインドの宅配市場で最高のCAGRを占めました。このセグメントは、予測期間中に大きく貢献すると予想されます。新興企業の数が増え、市場にいくつかの確立されたベンダーが存在し、消費者による宅配サービスの採用が増えています。さらに、インドの宅配市場は、主に個人消費の増加と消費者のライフスタイルの変化によって推進されています。

非生鮮品はさらに、大型家電製品(電子機器および付属品)、小型家電製品、化粧品およびトイレタリー(日用品)、衣類および付属品、書籍および文書、その他(娯楽およびメディア)に分類されます。

レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

インドのeコマース業界は2022年までに1,080億米ドルの収益を超えると予想されており、これは世界で最も急速に成長しているeコマース市場の一つです。この業界では、オンラインのフード&レストランサービスプロバイダーが急速に成長しており、インドの実店舗のレストランビジネスにとって困難な環境を作り出しています。

 主要企業

インドの宅配市場における業界のリーダーはAmazon Transport Services (Amazon)、Ekart Logistics、 Uber Eats、Swiggy、Zomato、DHL、Blue Dart、 FedEx、Microliseなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325811

 Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. インドの宅配市場-商品別(生鮮および非生鮮)、タイプ別(自己配達、共同配達、サードパーティ配達)、および都市別(デリー、コルカタ、バンガロール、ムンバイ、およびその他の都市)– 「2025年ー予測」