世界の除草剤市場分析2015-2019年および予測2020-2025年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の除草剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年10月 30日に発刊しました。これは、2020-2025年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/herbicides-market/10249405


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

除草剤を使用する目的は、プランテーション内の不要なハーブや雑草を殺すことによって農業の生産性を向上させることです。したがって、世界の食料需要を満たすための高い農業生産性に対する需要の増加は、主に除草剤市場の成長を促進します。さらに、アジア太平洋地域などの開発途上地域の人口の急増と可処分所得の増加により、除草剤の需要が増加しています。しかし、合成除草剤に関連する危険性は、除草剤の使用に関する厳しい規制につながり、それが主に世界の除草剤市場の成長を妨げています。

除草剤は、プランテーションに害を与えることなく、望ましくない植物を殺すために使用される農薬です。除草剤は雑草を取り除き、肉体労働も減らします。除草剤は、不要な雑草の成長を排除することにより、作物の成長を促進します。除草剤は本質的に毒性があり、直接接触すると多くの健康疾患を引き起こす可能性があります。除草剤は水分の損失と土壌侵食を防ぎます。除草剤は、分子構造、適用時間、配合、化学的性質などのさまざまな特性に基づいて分類されます。除草剤は、雑草の侵入からさまざまな穀物、油糧種子、穀物、野菜作物を保護するために使用されます。

除草剤は、雑草の攻撃から作物を保護し、成長をサポートします。新しい除草剤の開発と技術の開発は、世界の除草剤市場を拡大しました。

除草剤の全体的な市場成長に寄与する主な要因には、耕作可能な土地の限られた利用可能性、農業慣行の変化、および高度な農業の受け入れの増加が含まれます。さらに、食品の需要の増加と人口の増加は、世界の除草剤市場を後押しすると予想されます。合成的に生産された除草剤の低コストと高効率は、世界的な除草剤の需要をさらに増大させることが期待されています。

遺伝子組み換え作物に対する懸念の高まりは、除草剤市場の大きな制約となっています。さらに、厳しい規制が除草剤の市場成長を妨げることが予想されます。

市場セグメンテーション洞察
世界の除草剤市場は、アプリケーション別(ファーム、森林、環境緑化、その他)、タイプ別(グリホサート、アトラジン、アセトクロル、パラコート、バイオ除草剤および2、4-D);選択モード別(選択的除草剤および非選択的除草剤);作物の種類別(穀物、油糧種子と豆類、果物と野菜、綿花)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の除草剤市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は除草剤の主要な地域であり、ヨーロッパとアジア太平洋がそれに続きます。アジア太平洋地域では、今後数年間で高い成長が見込まれます。アジア太平洋地域では、さまざまな除草剤の使用率が高いため、中国とインドが最大の市場シェアに貢献すると予想されます。

これは、農業慣行の変化、農業部門の力強い発展、この地域での近代的な農業の受け入れの高まりに起因しています。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

 主要企業

世界の除草剤市場における業界のリーダーはSyngenta、Monsanto、Alligare、Arysta、BASF、Bayer、Chemtura、Dow AgroSciences、DuPont、FMC Corporation、Isagro、Adama Agricultural Solutionsなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10249405

 Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の除草剤市場分析2015-2019年および予測2020-2025年