手ブレ補正機能付き双眼鏡のラインアップを拡充 世界最軽量の手ブレ補正機能付き双眼鏡“8×20 IS”など2機種を発売

キヤノンは、世界最軽量(※1)の手ブレ補正機能付き双眼鏡“8×20 IS”と、高倍率でありながら小型・軽量の“10×20 IS”を2019年11月上旬より発売します。

“8×20 IS”“8×20 IS”

 

“10×20 IS”“10×20 IS”

 

新製品は、倍率8倍の“8×20 IS”、10倍の“10×20 IS”で、いずれも対物レンズ有効径(※2) 20mmの小型・軽量な手ブレ補正機能付き双眼鏡です。手ブレ補正機能により快適な手持ち使用ができるため、野鳥や自然観察をはじめ、スポーツ観戦、観劇、コンサート、旅行など、さまざまな用途に適しています。キヤノンは、小型・軽量の手ブレ補正機能付き双眼鏡のラインアップを拡充し、ユーザーの幅広い要望に応えていきます。

■ EFレンズの光学技術を応用したシフト方式の手ブレ補正機構
EFレンズ(※3)の光学技術を応用したシフト方式の手ブレ補正機構を搭載し、わずかな手ブレや、体の揺れのようなゆっくりとしたブレを適切に補正するため、安定した視界を実現しています。視野の揺れが収まることで、対象物の細部を鮮明に見ることができ、高い臨場感を得られます。また、上位機種で定評のある、一度押すと連続5分間の補正効果が得られる手ブレ補正ボタンの搭載により、ボタンを押し続けることなく対象物の観察に集中できます。

■ 持ち運びや長時間使用に適した小型・軽量設計
持ち運びやすく長時間の使用でも疲れにくい手ブレ補正機能付き双眼鏡を求める市場ニーズに応え、両機種の大きさは約118(幅)×142(長さ)×69(高さ)mmで、“8×20 IS”は手ブレ補正機能付き双眼鏡で世界最軽量の質量約420g(※4)、“10×20 IS”は約430g(※4)の小型・軽量ボディーを実現しています。

■視野周辺部まで鮮鋭で美しい視界を実現する優れた光学技術
視野周辺部の像面湾曲を抑えるフィールドフラットナーレンズの採用や最適なレンズ配置により、諸収差を抑えたほか、フレアやゴーストを抑えるスーパースペクトラコーティングを採用しています。これにより、コントラストの高い、視野周辺部まで鮮鋭で美しい視界を実現しています。

 

製品名 希望小売価格(税別) 発売日
8×20 IS 6万5,000円 2019年11月上旬
10×20 IS 7万4,000円 2019年11月上旬

 

※1 2019年9月18日時点。(キヤノン調べ)
※2 対物レンズに有効に入射する光束の直径のこと。対物レンズ有効径が大きいほど、同じ倍率であれば、より明るく、より高い解像力が得られる。
※3 レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズ。
※4 質量は電池別。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. 手ブレ補正機能付き双眼鏡のラインアップを拡充 世界最軽量の手ブレ補正機能付き双眼鏡“8×20 IS”など2機種を発売