長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』7月20日(月)発売 長野県産野沢菜100%のパウダーを使用!あとを引く酸味がたまらない信州の味

2020年度 ラブジャパン あなたの地元の味は?? 47都道府県の「地元ならではの味」を再現した人気の味が再登場!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二、以下カルビー)は、信州を代表するお漬物の「野沢菜漬け」の味わいを再現した『ポテトチップス 野沢菜漬け味』を数量限定・期間限定で2020年7月20日(月)から、長野・北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟(9道県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも7月23日(木)より順次販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(2020年8月下旬終売予定)。

【開発経緯】
カルビーは、47都道府県のそれぞれの地域で有名な産品や知る人ぞ知る味等をお菓子を通して紹介することで、地域の食文化の発展を支え、地域を元気にし、さらには日本全体を元気にしていくことを目的とした「♥JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度より毎年、47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売してきました。商品の開発は、地域の自治体や企業、地元の方々との共創によって進め、3年間で計148品(2017年度50品、2018年度49品、2019年度49品)の商品を発売しました。

4年目となる2020年度は、過去3年間の「♥JPN」プロジェクトで発売した各都道府県の味の中から、お客様からの支持が高かった味を、ポテトチップスを含む主要7ブランド(ポテトチップス、ポテトチップスクリスプ、堅あげポテト、じゃがりこ、Jagabee、サッポロポテト、かっぱえびせん)のいずれかで、7月に3回(第1弾16道府県、第2弾16県、第3弾15都府県)に分けて順次発売いたします。

2020年度の第3弾商品として発売する長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』は、2018年度(2019年3月)に発売し、人気となった商品です。お客様からは、2017年度の「キムたくごはん味」、2019年度の「山賊焼き味」についても高い評価をいただきましたが、「野沢菜漬け」は、日本三大菜漬の一つで全国的にその名を知られる信州を代表するお漬物であり、再発売のご要望を多くいただいたことから、2020年度の味に決定しました。「野沢菜」は、アブラナ科の植物で、長野県の野沢温泉村を中心に作られていたため、その名がついたとされています。信州ではふるさとの味として親しまれています。

 

パッケージ裏面(一部)パッケージ裏面(一部)

【商品特長】
●『ポテトチップス 野沢菜漬け味』は、ごはんのおともにも、お茶うけにも楽しまれ、親しまれている信州のふるさとの味を再現したポテトチップスです。

●長野県産野沢菜を使用し、素材本来の旨味や漬けることで生まれる酸味を再現し、あとを引く味わいに仕上げました。

●パッケージ表面は、背景を「野沢菜」をイメージしたイラストとし、中央の目立つ位置に「野沢菜漬け」を配置し、味わいを想起しやすくしています。「長野の味」の下には、長野県PRキャラクターである「アルクマ」を配置し、長野県の商品であることを伝えています。裏面では、長野県魅力発信ブログ「しあわせ信州」を紹介しています。

【商品概要】
商品名:ポテトチップス 野沢菜漬け味
内容量:55g
価 格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2020年7月20日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:長野・北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟
<アンテナショップ>
カルビープラス:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・博多阪急店・沖縄国際通り店
カルビーキッチン:海老名SA店
※2020年7月23日(木)より順次販売予定。
※全都道府県の商品を取り扱います。店舗によっては、セットのみの販売となります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カルビー株式会社 >
  3. 長野の味『ポテトチップス 野沢菜漬け味』7月20日(月)発売 長野県産野沢菜100%のパウダーを使用!あとを引く酸味がたまらない信州の味