やる気スイッチグループHDと野村不動産HDが資本業務提携

株式会社やる気スイッチグループ

株式会社やる気スイッチグループホールディングス(本社:東京都中央区、社長:高橋 直司、以下、やる気スイッチグループHD)と野村不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:沓掛 英二、以下、野村不動産HD)は次の通り資本業務提携を行うことに合意いたしました。
野村不動産HDは、やる気スイッチグループHDの株主である株式会社アドバンテッジパートナーズがサービスを提供するファンド(以下、APファンド)から発行済株式総数の約9%を譲り受けることにより、出資を行います。

やる気スイッチグループHDは「全世界一人ひとりの”宝石”を見つけること、そしてそれを輝かせることを全力でサポートし、人々が”やる気スイッチ”を入れ、"自分力"を発揮しながら幸せに生きる社会の創造に貢献する」というグループ理念を掲げ、事業会社である総合教育サービス会社の株式会社やる気スイッチグループの下、40年以上にわたる指導ノウハウを活かして、個別指導塾「スクールIE®」や英語で預かる学童保育「Kids Duo®」、バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International®)」をはじめとした7つのスクールブランドを展開。現在国内外で2,000以上の教室を展開し、12万人以上の生徒を擁しています。

野村不動産HDは、「あしたを、つなぐ」を企業理念に掲げ、総合不動産デベロッパーとして、住宅・オフィスビル・物流施設・商業施設をはじめ、国内外で広範な開発事業を行うとともに、仲介・CRE事業をはじめとする不動産関連サービスを提供しています。
また、2030年のグループビジョンとして「まだ見ぬ、Life & Time Developerへ」を掲げ、人々の様々な生活”Life”と一人ひとりの過ごす時間“Time”の2つを軸とした新たな価値創造に取り組んでおります。

本提携を通じ、両社が保有する知見・ノウハウ・顧客基盤を活用することで、両社の事業機会と価値創造領域の拡大を目指します。やる気スイッチグループHDが展開している「やる気スイッチ」ブランドの拡大・浸透を加速させるとともに、野村不動産HDが展開している学童保育事業をはじめとするキッズ向け事業での協業や新しい幼児園の開発検討着手など、未来を担う子どもたちの「学び」に貢献する幼児教育サービスや商品の開発・提供や、それを活用した街づくりの付加価値向上に協同して取り組んでまいります。
なお、具体的な両社の役割や協業内容の詳細は、今後両社が協議して決定いたします。
 

◆資本業務提携の狙い
本提携により、両社において以下のようなシナジーの発揮が期待されます。

<やる気スイッチグループHDにとって期待されるシナジー>
① 野村不動産グループによる仲介、ならびに大規模複合開発を含む同グループ保有・運営施設への出店により、事業量が拡大すること
② 野村不動産グループの顧客基盤を活用することにより、事業領域の拡大と顧客満足度の向上が図られること
③ フィットネス事業やキッズ向け事業展開する野村不動産グループとの協業による新たな幼児教育サービス・商品の開発により、事業領域が拡大すること
④ 野村不動産グループの海外開発事業において協働することにより、海外事業の拡大が図られること

<野村不動産HDにとって期待されるシナジー>
① やる気スイッチグループが展開する店舗の出店により、国内外で手掛ける開発・街づくりにおける付加価値や保有・運営施設の価値が向上すること
② やる気スイッチグループの顧客基盤を活用することにより、事業領域の拡大と顧客満足度の向上が図られること
③ やる気スイッチグループとの協業による新たな幼児教育サービス・商品の開発により、野村不動産グループの事業領域が拡大すること

 
◆資本参加の概要
2022年12月16日付けで、野村不動産HDは以下の内容でAPファンドから株式の譲受けを行います。
― 譲受け株式数 / 普通株式株 3,284,900株
― 発行済株式総数に対する割合 / 約9%
― 譲受け金額 / 27億円


株式会社やる気スイッチグループホールディングス
― 会社名:株式会社やる気スイッチグループホールディングス(YARUKI Switch Group Holdings, Co., Ltd.)
― 代表者:代表取締役社長 高橋 直司
― URL:https://www.yarukiswitch-holdings.co.jp/
― 事業内容:株式会社やる気スイッチグループの持株会社として、次の業務を営むことを目的とする。
グループ会社が行う個別指導塾・英会話スクール・幼児教育・民間型託児保育の経営及びそれらのフランチャイズ事業の経営管理およびこれに付帯または関連する一切の業務
― 設立:2020年1月
― 資本金:1億円(2022年8月現在)
― 所在地 :東京都中央区八丁堀二丁目24-2 八丁堀第一生命ビル

 
野村不動産ホールディングス株式会社
― 会社名:野村不動産ホールディングス株式会社(Nomura Real Estate Holdings, Inc.)
― 代表者:代表取締役社長 沓掛 英二
― URL:https://www.nomura-re-hd.co.jp/
― 事業内容:野村不動産グループの持株会社として、グループ会社の事業活動の管理及び経営指導を目的とする。
― 設立:2004年6月
― 資本金:1,186億400万円(2022年3月31日現在)              
― 所在地:東京都新宿区西新宿一丁目26番2号


◇◇◇

株式会社やる気スイッチグループホールディングス
株式会社やる気スイッチグループホールディングスは、総合教育サービス会社の株式会社やる気スイッチグループの持株会社として、グループが展開する個別指導塾「スクールIE®」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ®」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe®(ウィンビー)」、英語で預かる学童保育「Kids Duo®(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン®」、バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International®)」「アイキッズスター(i Kids Star®)」の7つのスクールブランドを中心とした教室運営・フランチャイズ事業を統括します。
やる気スイッチグループは現在、国内外で2,000以上の教室を展開し、12万人以上の子どもたちの学びをサポート。2020年には「プログラミング教育 HALLO®」「英語みらいラボ 能見台」「思考力ラボ」といった新しい学びのサービスを立ち上げました。一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。
やる気スイッチグループはまた、2022年10月に発表された第40回 日経MJサービス業調査の学習塾・予備校部門の売上高ランキングで2年連続首位となりました。公式サイトURL:https://www.yarukiswitch.jp/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やる気スイッチグループ >
  3. やる気スイッチグループHDと野村不動産HDが資本業務提携