12月10日(木)より全国のドン・キホーテ系列店舗で発売開始4合炊き 土鍋炊飯器『絶品ごはん 土鍋炊き』

~コロナ禍で増加傾向にある“内食需要”に対応する本格土鍋釜使用の炊飯器~

 株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:吉田直樹)は、2020年12月10日(木)より、ドン・キホーテプライベートブランド【情熱価格】の新商品、4合炊き 土鍋炊飯器『絶品ごはん 土鍋炊き』12,800円(税抜)を、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において順次発売を開始します。
 コロナ禍において、家計のバランスを保ちながらも、家の中の時間を少しでも快適・豊かに過ごしたいという ニーズは高まりをみせています。

 このたび発売する『絶品ごはん 土鍋炊き』は、“おうちごはん”を、さらに充実したものにしたいというニーズにお応えし、内釜に本格土鍋釜を採用した炊飯器です。
熱伝導性に優れている本格土鍋釜を使用しているため、お米一粒ひとつぶまで、しっかりと熱が伝わり“うまみ”を最大限に引き出します。
 また、室温 約26℃の環境下において、上ぶたと内ぶたをした状態で、炊き上がりから90分後に土鍋内の温度を測定したところ、約60℃を維持※1しており、土鍋の蓄熱性を活かすことができるため、保温機能をあえて省いています。さらに、タイマー機能※2は、お米を水に浸す浸水時間にあわせて炊き出し開始時間をタイマーセットできる機能にしぼることで、本格土鍋釜使用であるにもかかわらず、お求めいただきやすい12,800円(税抜)という価格を実現しています。

※1 輸入元(株式会社アズマ)調べ
※2 時刻を設定しての予約炊飯・調理には対応していません。

 


 そのほか、【炊飯】【おこげ】【おかゆ】【スープ】【煮物】の5つのモードを搭載しているため、調理家電としてもご利用いただけます。【おこげモード】を使用すると、簡単に土鍋特有のおこげを再現することが可能なほか、【スープモード】や【煮物モード】を使用すると、ミネストローネや肉じゃがなども、簡単に調理することができます。本体から土鍋部分を取り外して、土鍋のまま冷蔵庫で保存することも可能です。

 これからも【情熱価格】は、ブランドメッセージの“お客さまの「ワクワク・ドキドキ」をカタチに”に基づき、商品開発に努めてまいります。


◆ 商品概要


商品名/型番:絶品ごはん 土鍋炊き / JNEP40
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:600W
炊飯容量:白米…0.18L~0.72L(1~4合)、おかゆ…0.09L~0.27L(0.5~1.5合)
外形寸法/質量:約 幅300 × 奥行300 × 高さ236 mm / 約5.5Kg(土鍋・上ぶた・内ぶたセット時)
電源コード長:約 1.2m
付属品:しゃもじ×1、計量カップ×1、ミトン×1、取扱説明書・保証書×1
保証期間:購入日より本体1年間
価格:12,800円(税抜)
発売日:2020年12月10日(木)より順次発売
商品ページ:https://www.donki.com/j-kakaku/product/detail.php?item=3158
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PPIH >
  3. 12月10日(木)より全国のドン・キホーテ系列店舗で発売開始4合炊き 土鍋炊飯器『絶品ごはん 土鍋炊き』