コロナの影響?「社内恋愛に前向きな」新社会人が増加

~新社会人の社内恋愛への意識を調査~

タメニー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181)は、2021年度の新社会人162人に対して、「社内恋愛への意識」に関するアンケート調査を実施いたしました。


<調査背景>
新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、リモートワークが推進され、オフィスに出社する機会は減りました。また、会食や飲み会なども自粛が促され、公私ともに新たな出会いの機会は確実に少なくなっています。
このような時代に入社してきた新入社員の恋愛観、とくに社内恋愛への意識はどうなっているのでしょう。
社内恋愛への意識はコロナ禍でどのように変化したのか、また、今までの新社会人と比較してどのような変化があったのか、2017年の調査データと比較した結果をご紹介します。

 
  • 「社内恋愛をしてみたい」が4年前より7.5%ポイント増、コロナ禍で社内恋愛に対して前向きに

2021年度の新社会人の社内恋愛への意識について、AとB、どちらの考え方により当てはまるか調査した結果を2017年の調査データと比較したものが次のグラフです。


2017年度の新社会人のうち、「社内恋愛をしてみたい」割合(「当てはまる」・「どちらかと言うと当てはまる」の合計、以下同)は38.2%でしたが、2021年度は45.7%となり、7.5%ポイント増加しました。

また、2017年度には「社内恋愛はできるだけ周囲に隠れてするべき」という意見が41.3%を占めましたが、2021年度には16.1%にまで減少しました。

2021年度の新社会人は2017年度と比べて、社内恋愛を前向きに捉えており、オープンにしてもいいという意識を持っているようです。

 
  • コロナ禍で社内恋愛に前向きになったわけ、「出会いのチャンスが圧倒的に減った」「日常的に接する社内の方が安心」「リモートワークが増えて気兼ねなく社内恋愛ができる」

社内恋愛への意識が変化した要因は、何なのでしょうか。コロナ禍が関係しているのか、社会人100人を対象に追加調査を実施。「コロナ禍となり、あなたの社内恋愛に対する考え方は変わりましたか」と尋ねたところ、次のような結果となりました。
 


「どちらでもない」が半数以上を占めたものの、「社内恋愛に対して前向きになった」「どちらかと言うと、社内恋愛に対して前向きになった」という回答が30.0%を占め、「社内恋愛に対して後ろ向きになった」「どちらかと言うと、社内恋愛に対して後ろ向きになった」の15.0%を上回る結果となりました。

「社内恋愛に対して前向きになった」、「どちらかと言うと、社内恋愛に対して前向きになった」、「社内恋愛に対して後ろ向きになった」、「どちらかと言うと、社内恋愛に対して後ろ向きになった」と回答した方に「新型コロナウイルスが流行したことで、あなたの社内恋愛に対する考え方はどう変わりましたか」と質問したところ、次のようなコメントが寄せられました。


[コロナ禍で出会いが減ったので、社内恋愛もあり]
 ・今までは、社内の顔なじみの人と付き合うと後々何かトラブルになった時に会社に居づらくなって仕事に支障が出るという懸念があったため、消極的な方でしたが、今のコロナ禍においては出会いのチャンスが圧倒的に減ってしまったので、社内恋愛にも前向きになった。
 
・どちらかと言えば基本的には反対派ですが、コロナによって出会いの場そのものがなくなっていたり、感染のリスクを考えると日常的に接している社内の人の方が安心してお付き合い出来るので、それもありかもしれないと思います。

 ・コロナ禍によって出会い系で積極的に会うことが難しくなったので、社内恋愛で近くの人と会うということは今の時代には合っているのかなと思いました。

 ・コロナで遊びに行く機会や飲み会の機会が減って新しい人付き合いや出会いが減って、社内の女性と話す機会が増えた気がします。さすがに食事や飲みに誘うことは最近はできませんが、オンラインゲーム好きの女性と仲良くなって一緒にゲームをすることがありました。交際には至っていませんがコロナじゃなかったら一緒に遊ぶことはなかったのかなと思います。


 [リモートワークで社内恋愛が気付かれにくくなった]
 
 ・飲み会などの出会いの場が極端に減っている状況では、異性との出会いの場は社内ということになってきていると思います。リモートワークであれば、2人で話していても怪しまれないので良いし、それこそ2人でどこかに出かけてそこからリモートワークをして、仕事のあとにデートを楽しむといったこともできると思います。

 ・リモートワークが増えたことで、新しく出会う人とはなかなか恋愛に発展しづらいが、これまで何となくいい雰囲気だった人とは周りの目を気にせず恋愛しやすくなった。

 ・どうしても社内で直接会う状況ですと、周りの目や噂話が気になってしまいます。それが、このコロナ禍でリモートワークが増えているので、気兼ねなく社内恋活に前向きになれます。

 

「社内恋愛への意識」調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:22~26歳で職業が「会社員」であり、2021年4月時点で社会人歴が1年目(162人)、2年目か3年目(742人)の回答者
集計期間:2021年4月21日~25日


「コロナ禍の社内恋愛への影響」追加調査
調査対象:社会人の回答者100人
集計期間:2021年4月28日~5月11日




<タメニー株式会社 会社概要>
商 号:タメニー株式会社
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
事業開始:2006年9月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3 イマス大崎ビル3階
U R L :https://tameny.jp/

 <婚活領域>
・結婚相談所「パートナーエージェント」
・婚活パーティー「パートナーエージェントパーティー」
・婚活パーティー「OTOCON」

<カジュアルウェディング領域>
・結婚式プロデュース「スマ婚」
・結婚式二次会プロデュース「2次会くん」
・少人数結婚式プロデュース「エモパ!」
・フォトウェディング「studio LUMINOUS」
・ウェディングドレス「LUMINOUS Dressing」
・ブライダルジュエリー「LUMINOUS Les Bijoux」

<テック領域>
・婚活事業者間会員相互紹介プラットフォーム「CONNECT-ship」
・アプリ完結型結婚相談所「スマ婚縁結び」
・サークル型結婚相談所「スマ婚縁結びメンバーズ」
・マッチングアプリ「スマ婚デート」
・企業向け婚活支援システム

<ライフスタイル領域>
・保険代理店「パートナーエージェント×保険クリニック」
・成婚後サポートサービス「アニバーサリークラブ」

 <法人領域>
・地方自治体向け婚活支援
・企業イベントプロデュース「イベモン」
・映像制作




【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
タメニー株式会社 広報担当:平田
TEL:03-5759-2700 FAX:03‐5759‐2701
Mail:public@tameny.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タメニー株式会社 >
  3. コロナの影響?「社内恋愛に前向きな」新社会人が増加