熱中症予防声かけプロジェクト「ひと涼みアワード2020」にて「最優秀賞」を6年連続受賞

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 CEO:吉田直樹、以下「PPIH」)は、全国約1,600の行政・企業・民間団体が官民一体で行っている熱中症予防声かけプロジェクト※1の活動に2015年から参加しています。
同プロジェクト主催の「ひと涼みアワード2020」において、新しい生活様式における熱中症予防啓発の活動が評価され、「企画・アイデア部門 最優秀賞」を受賞しました。「最優秀賞」は6年連続の受賞となります。

ドン・キホーテ、アピタ、ピアゴなど全国のPPIHグループ各店において、オリジナル啓発ソングの店内放送や、ポスター・POP、暑さ指数(WBGT)※2による熱中症予防情報の配信など、さまざまなアプローチで、お客さまに新しい生活様式における熱中症予防を呼びかけました。

今後もPPIHグループの企業原理「顧客最優先主義」のもと、すべてのお客さまに快適に楽しくお買い物を楽しんでいただけるよう、さまざまな社会課題の解決に取り組み、持続可能な社会に向け、SDGs※3の達成に取り組んでまいります。

※1 詳細は「熱中症予防声かけプロジェクト」ウェブサイト(http://www.hitosuzumi.jp/)をご確認ください。
※2 「暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)」とは、人の感じる暑さの要因として、気温、湿度、輻射熱の3つを取り入れた指標(WBGT値)で、熱中症予防のための指標として用いられています。
※3  2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、17の目標と169のターゲットからなる国際目標

店内POPで熱中症予防を呼びかけ店内POPで熱中症予防を呼びかけ

 

店内POPで熱中症予防を呼びかけ店内POPで熱中症予防を呼びかけ

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PPIH >
  3. 熱中症予防声かけプロジェクト「ひと涼みアワード2020」にて「最優秀賞」を6年連続受賞