世界の空気亜鉛電池市場2020-2026、容量、売上高、収益、価格、コスト、粗利益

Kenneth Researchは調査レポート「世界の空気亜鉛電池市場:世界的な需要の分析及び機会展望年」2020年11月 02日 に発刊しました。市場調査には、さまざまな要因と分析ツールに基づく製品の需要と市場の分析が含まれます。市場は予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。これは、世界規模でのエネルギーおよび電力業界の成長に起因する可能性があります。

「レポートのサンプルURL」
https://www.kennethresearch.com/sample-request-10268964

空気亜鉛電池は、一般的に電気化学エネルギーを蓄えるために使用されます。これらのバッテリーは、日常生活で使用される大規模な電子機器やガジェットに電力を供給します。これらの電池は、一般的に補聴器、ポケットベル、時計に使用されています。空気亜鉛電池の主な特徴は、その高いエネルギー密度です。これらのバッテリーは、亜鉛カソードとアノードで構成されています。世界中の空気亜鉛電池市場の需要と人気は、亜鉛の安価な性質と入手の容易さによるものと考えられます。空気亜鉛電池を製造するための重要な原料です。

将来の世界の空気亜鉛電池市場の主な成長ドライバーには、さまざまな消費者製品で使用するための充電式空気亜鉛電池の需要の高まりが含まれます。交通信号や通信などの空気亜鉛電池アプリケーションの増加も、市場の成長を促進すると予想されます。大気中の酸素が亜鉛陰極と接触すると、反応としてヒドロキシルイオンが形成されます。これらのヒドロキシルイオンは亜鉛ペーストと結合して亜鉛酸塩を形成します。

これらの反応は、発電に役立ちます。 空気亜鉛電池は、リチウムイオン電池に関連する火災のリスクをもたらさないため、リチウムイオン電池よりも安価です。したがって、これらは、今後数年間で世界的な空気亜鉛電池市場の発展に大きく貢献すると予測されるいくつかの要因です。

米国エネルギー情報局によって記録された統計によると、太陽光発電と風力エネルギーへの投資は、米国で2010年から2018年にかけて約15%増加しました。業界でのこの増加した支出は、地域およびこのセクターでの企業調達の増加の結果として観察されると予測されています。レポートは、製品別(充電式、非充電式)、アプリケーション別(小さなデバイス、リモートシグナリングと通信、安全ランプ、電気自動車、その他)によって分割された市場セグメンテーションに関する洞察を示しています。さらに、セグメントはさまざまなサブセグメントに区分され、市場でのパフォーマンスを示す情報で構成されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

主要企業

世界の空気亜鉛電池市場の主要なキープレーヤーはDuracell International、Electric Fuel Battery、Energizer Holdings、GP Batteries International、iCellTech Corporationなどです。主要な企業によって採用された戦略の詳細な分析が提供されます。

世界の空気亜鉛電池市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

ヨーロッパ地域は2017年に世界の空気亜鉛電池市場の主要なシェアを保持しました。

アジア太平洋地域は、将来的に空気亜鉛電池市場で重要な成長率を記録する可能性があります。これは、地域の繁栄している電子機器および自動車産業に起因する可能性があります。ヨーロッパ地域は2017年に世界の空気亜鉛電池市場の主要なシェアを保持しており、今後数年間も世界市場を支配する可能性があります。これは、高齢者人口の増加とヨーロッパ全体での魅力的なテクノロジーの導入に起因する可能性があります。

米国の空気亜鉛電池市場は、2020年に440.4百万米ドルと推定されています。世界第2位の経済大国である中国は、分析期間で9.7%のCAGRに続いて、2026年までに570.1百万米ドルの予測市場規模に達すると予測されています。他の注目すべき地理的市場の中には日本とカナダがあり、予測期間にそれぞれ3%と6%の成長率で成長すると予測されています。

世界の空気亜鉛電池市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/zinc-air-battery-market/10268964

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の空気亜鉛電池市場2020-2026、容量、売上高、収益、価格、コスト、粗利益