「PR TIMES」利用企業9,000社を突破、PV数・配信本数の最高記録を更新

【トピックス】
  • 「PR TIMES」利用企業9,000社を突破
  • サイト月間PV400万超、月間4,358本、単日330本のプレスリリース配信を記録
  • 今年のエイプリルフール“ネタ”のプレスリリース配信数は64本

 株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、以下:PR TIMES)が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」は、2015年3月末に利用企業数が9,000社を突破致しました。
また、3月の月間サイトPVが4,058,012PV、月間配信本数が4,358本、さらに4月1日の単日配信本数が330本と、いずれも最高記録を更新致しました。
 なお、今年4月1日に「PR TIMES」で配信されたエイプリルフール“ネタ”のプレスリリースは64本でした。

「PR TIMES」 URL: http://prtimes.jp/

 

■ 「PR TIMES」利用企業9,000社を突破

 2015年3月末でPR TIMES利用企業数が9,083社と9,000社を突破しております。利用企業数は2013年3月に5,000社へ到達、そこから約1年2ヵ月で2,000社増加し2014年5月に7,000社を突破、更に約10ヵ月で2,000社増え2015年3月には9,000社を突破しました。増加ペースが1.4倍(2,000社増加に要した期間の比較より。)と加速しています。


 





 ■ サイト月間PV400万超、月間4,358本、単日330本のプレスリリース配信を記録
 この度、2015年3月の月間サイトPV数は4,058,012PVと400万台へ突入しました。また、2014年11月よりスマートフォン経由の閲覧数がPC経由を超え、現在はスマートフォン経由の閲覧者がPC経由の約1.7倍となっております。(Google Analytics調べ)
 さらに、2015年3月の月間配信本数は4,358本、4月1日の単日配信本数は330本と、ともに過去最高の数値を記録しました。

 

■ 今年のエイプリルフール“ネタ”のプレスリリース配信数は64本

 4月1日の配信本数を押し上げる要因となったのが、エイプリルフール“ネタ”のプレスリリース。各社が趣向を凝らした“嘘”でニュースを賑わせました。今年PR TIMESでは、エイプリルフール“ネタ”のプレスリリース配信を無償とする4月1日限定キャンペーン【April Fools’ DAY Free PR】を実施。総計64本の企業にご参加いただきました。
 
 その中で「PR TIMES」サイト上で最も多くFacebookの「いいね!」がついたプレスリリースは、株式会社エイチ・アイ・エス様が配信した「株式会社エイチ・アイ・エス 宇宙支店 建設開始のお知らせ」でした。(2015年4月3日調査時点:663いいね! )
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000220.000005110.html
 また、「PR TIMES」サイト上で最も見られたエイプリルフール“ネタ”は、PVおよびUUが、9,096 PV / 8,425 UUの株式会社アールストア様のプレスリリース「おしゃれ不動産サイトR-STORE、移動式住居「マジックミラー号」賃貸取り扱いを開始!物件紹介映像も公開。」でした。(2015年4月3日調査時点での数値)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000012633.html

 
「PR TIMES」 URL:http://prtimes.jp/

 

 利用企業はサービス業、情報通信業、商業、製造業を中心に業種は多岐にわたり、プレスリリース配信シェアとサイト月間PV数は、共に国内N0.1を誇ります。また、国内上場企業の22.8%に利用いただいており、数多くの優良企業のプレスリリースが集まるPR TIMESは、メディア関係者からの注目度もますます高まっていると言えます。2015年1月にバージョンアップ。(運営:PR TIMES)

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------
【会社概要】
■株式会社PR TIMES 概要
会社名     : 株式会社PR TIMES
所在地     : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 13F
設立        : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容  : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(http://prtimes.jp/)の運営
                   オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
                   WEBクリッピングサービス(http://webclipping.jp/)の提供
                   ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(https://conecc.jp/)の運営
                   ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
URL        : http://prtimes.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. 「PR TIMES」利用企業9,000社を突破、PV数・配信本数の最高記録を更新