愛知県「あいちロボットトランスフォーメーション2022」に選出、〈AIコミュニケーションロボット〉の実証実験を名古屋国際工科専門職大学が行います

12月17日(土)豊田スタジアムを皮切りに開催

東海で唯一の「ICT・デジタルコンテンツ」分野の新しい大学である「名古屋国際工科専門職大学」は、デジタル人材を育成しています。このたび愛知県が進めるサービスロボットの社会実装推進事業「あいちロボットトランスフォーメーション(ARX) 2022」に選ばれ、12月17日(土)に豊田スタジアム(愛知県豊田市)、2023年2月にイオンモール常滑(愛知県常滑市)に、次世代型AIコミュニケーションロボット「Kebbi Air」を活用した実証実験を行います。

  • 次世代型AIコミュニケーションロボット「Kebbi Air」

店舗や教育現場など様々なシーンに対応できるコミュニケーションロボット。6つのアレイマイクと人感センサーにより、ロボットの前に人が来るとロボットが自ら話しかけるなどの多彩なコミュニケーション機能をはじめ、12個のサーボモーターによる滑らかな動きや、タッチセンサーによるインタラクティブな対応も魅力です。
  • 「あいちロボットトランスフォーメーション(ARX)」
愛知県では、サービスロボットの社会実装を促進するため、県内の様々な施設において、サービスロボットの実証実験を実施し、愛知県の先端的な社会の姿を県内外に発信していくサービスロボット社会実装推進事業「あいちロボットトランスフォーメーション(ARX)」を実施しています。
今回は、新型コロナウイルス感染症対策にも資する「案内」や「警備」「清掃・消毒」「搬送・配膳」など、計25機の最先端サービスロボットが集結。
あいちロボットトランスフォーメーション(ARX): https://aichirx.jp/

 本学は12月17日(土)の豊田スタジアム、来年2月予定のイオンモール常滑で実証実験を行います。テクノロジーを駆使して社会課題を解決するデジタル人材を育成する本学では、こうした取り組みを通じて、ロボット産業の発展や地域社会への貢献につとめていきます。
  •  名古屋国際工科専門職大学

東海で唯一の「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の 実践的な新大学として、2021年4月に開学。世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携した教育で、グローバルに活躍できるデジタル人材を輩出します。名古屋駅前の校舎には、AIやVR、モーションキャプチャーをはじめとした最先端のソフト・ハードを導入。国立大学法人名古屋工業大学 初代学長・松井学長が牽引する指導陣には、各専門分野で高い実績をあげる研究者教員に加え、トヨタ、デンソー、NTT、NEC、コナミデジタルエンタテインメントなど名だたる企業出身の実務家教員がそろい、これからの産業界や社会のニーズに応える高度な実践力や応用力が身につきます。
https://www.iput.ac.jp/nagoya
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 日本教育財団 >
  3. 愛知県「あいちロボットトランスフォーメーション2022」に選出、〈AIコミュニケーションロボット〉の実証実験を名古屋国際工科専門職大学が行います