【原宿表参道に新業態が誕生!】フォー専門店「ワン フォー ボウル」1号店 11月19日(金)11:00オープン

~「1杯のフォー」で頑張る人たちを応援したい~

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社で、タイ料理「マンゴツリー」や手づかみシーフードレストラン「ダンシングクラブ」を運営する株式会社ミールワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小島 一生)は、新業態となるフォー専門店「ワン フォー ボウル」を11月19日(金)、原宿表参道にオープンいたします。

 
  • 店舗概要
ワン フォー ボウル 原宿表参道
オープン日:2021年11月19日(金)
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-6-6
営業時間:11:00〜23:00 (LO 22:30)
店休日:不定休
店舗面積:52.31㎡(15.82坪)
席数:23席
客単価:980-1,300円
https://www.arclandservice.co.jp/onephobowl/  11月上旬にカットオーバー予定
 
  • 「ワン フォー ボウル」とは

「1杯のフォー」で頑張る人たちを応援したい、癒したい、という思いから生まれた“フォー”の専門店。
アジアの屋台のように活気ある店内で、昼でも夜でも、日常の中で気軽に食べられるベトナムのライスヌードル“フォー”を、じっくり炊いたこだわりのビーフスープとたっぷりのネギ、お好きなトッピングに卓上の唐辛子にんにく酢や自家製チリソース、仕上げにぎゅっとライムを絞って、「あなたのための1杯」をお召し上がりいただけます。

 

“フォー”に馴染みのある方もそうでない方も、気軽にサクッとファストフードのように利用できてほっと一息つける、毎日を頑張る人たちのための“新しい定番”をぜひお楽しみください。
 
  • ロゴについて
「1」を麺に見立てて麺を表し、ボウルに大きく「Pho」の文字を配置することで、「フォー」の専門店ということを表現し、Oneの文字のカラーを目立たせることで、「1杯にかける思いを強調しました。

 
  • こだわり
・自家製ビーフスープ

ベトナムで“フォー”と言えば、“フォー ボー”(牛肉のフォー)が定番。
ワン フォー ボウルのビーフスープは、牛のバラ肉、すじ肉、骨、3つの部位を使って、数種のスパイス、玉ねぎ、パクチー、生姜、にんにくなどとともに、じっくり煮込んだ優しい味わいです。

・バラエティ豊かなトッピング

牛スープとたっぷりの九条ネギでシンプルな味わいのフォーにお好きなトッピングを加えることで、あなた好みのフォーが完成。組み合わせは無限大です。

【会社概要】
会社名:株式会社ミールワークス
代表者: 代表取締役社長 小島 一生
本社所在地:東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング14F
設立日:1992 年4 月30 日
業務内容:日本国内でのマンゴツリー、ダンシングクラブ、スーパーグリルブラザーズ、天ぷら魚新などを運営
URL:https://www.arclandservice.co.jp/company/group/#group3
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アークランドサービスホールディングス株式会社 >
  3. 【原宿表参道に新業態が誕生!】フォー専門店「ワン フォー ボウル」1号店 11月19日(金)11:00オープン