【2021卒学生の就職意識調査】 内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。新型コロナウイルスの影響で、就職活動を不安視する学生が増加。面接受験社数も減少傾向。

新卒向け就職情報サイト「あさがくナビ」ユーザーへのアンケートを実施しました。

株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施しました。内定獲得について「自信がない」と回答した学生が半数を占め、新型コロナウイルスの影響で、就職活動を不安視する学生が増加していることが分かります。面接受験社数も減少傾向にありました。
【TOPICS】
(1)    内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。
(2)    面接受験社数は減少傾向。一方、セミナー参加社数は増加傾向。
(3)    安定志向は堅調なものの「転勤をいとわない」「社会に貢献したい」という学生が増加。


(1)   内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。
「内定(内々定)獲得の自信」の程度を聞く設問では、「自信がない」(18.3%)と「あまり自信がない」(31.7%)の回答が半数を占め、昨年同時期に実施した2020卒の調査と比較すると、5.4ポイント増加しました。新型コロナウイルスの影響で、景気の先行き不透明感や、説明会や選考が例年と同じようには実施されていないことを受け、就職活動を不安視する学生が増加していると推察されます。

(2)面接受験社数は減少傾向。一方、セミナー参加社数は増加傾向。
面接受験社数は、調査を実施した4月下旬時点で「0~5社」の回答が最も多く、昨年同時期比18.5ポイント増加しました。「6社以上の面接に参加した」という回答が減少しており、面接受験社数が減少していることが分かります。
一方、現在までのセミナー参加社数(対面でのセミナーだけでなく、オンラインで参加するWebセミナー含む)は、「1~10社」と「11社~20社」の回答が、昨対同時期比7.3ポイント減少。「21社以上参加した」という人が増加しました。今年は、時間と場所を選ばずにオンラインで視聴できるWebセミナーの参加が増えたことや、緊急事態宣言の影響を受け面接などの選考を一時中断した企業も一定数あったことから、セミナー参加に時間を割く学生が増加したと考えられます。


(3)安定志向は堅調なものの「転勤をいとわない」「社会に貢献したい」という学生が増加。
就職活動時の企業選びのポイントは「安定している企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」がトップとなり、「安定志向」や「プライベート重視な志向性」は堅調であることが分かります。一方、「転勤のない企業」が5ポイント以上減少し、「海外で活躍出来る機会のある企業」や「社会貢献性の高い企業」が増加に転じました。「転勤をいとわず海外での活躍も視野に入れる学生」「社会貢献性の高い仕事を希望する学生」が増えていることが分かります。景気の先行き不透明感から、内定獲得のためには「転勤のある求人」も選択肢に入れる学生が微増し、海外でも通用する語学力やビジネススキルを身に着けたいと考える学生が増加していると推察されます。


■調査概要
・調査対象:あさがくナビ2021登録会員
・調査方法::「あさがくナビ2021」トップページとメルマガでアンケート回答を依頼
・調査期間:2020年4月20日~2020年4月30日
・有効回答数:972名

■「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」とは
朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、学生会員数378,682名・掲載企業数2,203社(2020年5月時点)の新卒学生向け就職情報サイトです。新卒学生の3割が3年以内に離職するともいわれるなか、「あさがくナビ」は学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成しています。「あさがくナビ2021」(2021年3月卒業者対象)からは、グローバルスタンダードな職種別採用機能を実装するなど、マッチング精度のさらなる向上に取り組んでまいりました。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、単なる就活ノウハウの提供ではなく、社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。
https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/navi

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。15年以上前から、「20代通年採用」を提唱。会員数40万名以上の、【業界初】通年採用対応型 新卒採用サイト「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数120万名以上の「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。
また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No.1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]https://company.gakujo.ne.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社学情 >
  3. 【2021卒学生の就職意識調査】 内定獲得について「自信がない」という回答が半数を占める。新型コロナウイルスの影響で、就職活動を不安視する学生が増加。面接受験社数も減少傾向。