プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ポノス株式会社
会社概要

『PONOS RACING』2024 FIA-F4選手権 参戦体制を発表

ポノス株式会社

ポノス株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:辻子依旦、以下「ポノス」)が運営するレーシングチーム「PONOS RACING」のFIA-F4選手権参戦体制が決定いたしましたのでお知らせいたします。
2024シーズンドライバーは昨年から起用の「大宮賢人」に加え、「佐藤凛太郎」の2名体制にて挑戦いたします。

  • 承認情報

レース名:FIA-F4(https://fiaf4.wordpress.com/

 FIA-F4はF3の前段階のフォーミュラレースとしてFIA(国際自動車連盟)が2014年に制定。

 日本では2015年からFIA-F4選手権がスタートし、SUPER GTシリーズの国内戦においてサポートレース

 として行われています。

 2024年シーズンは、国内5サーキットにおいて全7大会で行われ、

 初戦は5/3「富士スピードウェイ」にて開催されます。


ドライバー :大宮 賢人

       佐藤 凛太郎

アドバイザー:小河原 宏一

エンジニア :小暮 聡

      :中道 仁

  

  • 弊社代表辻子のチーム発足の想い

私は今シーズン「PONOS RACING」を発足させるにあたり、モータースポーツを1つのエンターテインメントとして捉えており、レースを通してお客様を笑顔にしたいと考えております。

また、そのためにはレース業界全体の更なる活性化と継続的な発展が必要であると考えております。

FIA-F4参戦を通して若手育成を行い、若き才能にスポットライトを当てることで、レース業界の発展に

貢献して参りたいと思います。

 

  • チームメンバー紹介

 【ドライバー】 

大宮 賢人

2004年生まれの大阪出身。

2013年からレーシングカートを始め、2018年にJunior MAXチャンピオン、

2019年に鈴鹿選手権Senior MAXチャンピオン獲得。

2023年からフォーミュラにステップアップし、PONOS RACINGからFIA-F4に参戦。

昨年の経験を活かし、FIA-F4の年間チャンピオンを目指す。


佐藤 凛太郎

2005年生まれの東京出身。

2015年からレーシングカートを始め、2020年から3年間はカートの世界戦に参戦。

2023年からフォーミュラにステップアップし、今年PONOS RACING からFIA-F4

に参戦する将来有望な若きドライバー。

 

【アドバイザー】

小河原 宏一

1989年に大学を卒業し、モータースポーツの世界に飛び込む。

キャリアはグループCカーの設計から始まり、単年でレースエンジニアとして多くの車両に携わり、

JGTC時代には多くのチャンピオンを獲得。

2006年には渡英してSAF1のエンジニアとして活躍し、その後2010年に帰国してからは

主にGT3とGT4の開発を手掛けた。2015年にはバサーストで優勝、ブランパンシリーズ(現GTWC)

でチャンピオンを獲得。SUPER GT総監督を兼務し、FIA-F4ではアドバイザーとして加入。


エンジニア】 

小暮 聡

1994年シムスレーシングに就職、ラリードライバー兼メカニックとして経験を積んだのち、

1999年からトリイレーシングにてタイヤ開発を行いつつ、Middle Formulaにてドライバー(山内、石浦、国本兄弟、吉田)育成を行う。

その後F3を経験した後、チーフメカニックとしてGT300にてレース参戦(Le Mans Classicチーフメカニック2022年ドライバー関谷、中島にてクラス優勝)。

長年積んだ経験を活かし2023年からPONOS RACINGのFIA-F4エンジニアとして加入。


中道 仁

米国オレンジカウンティ生まれ。

2018年からフリーランスとしてレーシング車両、車両開発・設計、データアナリストにて参加。

2022年にLe Mans Classic(ドライバー関谷、中嶋)にエンジニアとして参戦、クラス優勝。

GT30・GT500・SF・GT4にてシステムR&D・データエンジニアを担い、Le Mansの地域の魅力に魅せられ、

Le Mans Classicの参戦・優勝を目標としているPONOS RACINGと一緒に仕事がしたく加入。

SUPER GTデータエンジニアを兼務し、FIA-F4エンジニアとして加入。


【メカニック】

・永山 友和

・勝俣 陽介

・西村 徳文

・人見 俊一

・林 佑弥



ポノスについて

ポノスは、1990年の創業以来一貫してゲームを通してエンターテインメントという文化の発展に貢献してまいりました。【求められるモノは創らない、それ以上を創り出す。】を掲げ、求められるモノの中に、自分たちしか創れない価値をプラスしていくことを私たちは大切にしています。現在は、スマートデバイス向けのオリジナルゲーム開発を核に事業を展開し、代表タイトル『にゃんこ大戦争』は、累計DL数9100万(2024年4月現在)を超え、多くのお客様に楽しんでいただいております。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
スポーツ自動車・カー用品
関連リンク
https://fiaf4.wordpress.com/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

ポノス株式会社

15フォロワー

RSS
URL
https://www.ponos.jp
業種
情報通信
本社所在地
京都府京都市下京区立売東町12-1 日土地京都四条通ビル 3F
電話番号
-
代表者名
辻子 依旦
上場
未上場
資本金
-
設立
1990年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード