「Go To Eat」でもっともGOしたのは…⁉「Go To Eatキャンペーン」の影響調査

外食全体では利用者が1割増加

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、家計簿アプリ「レシーカ」を利用する全国5万人のデータをもとにした、生活者向けコラム「レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況」の11月度として「10月から始まった「Go To Eatキャンペーン」の影響調査!」を配信いたしました。コラムはTサイト特設ページ(http://tsite.jp/congestion_11_b)、または「レシーカ」アプリからご覧いただけます。
レシーカが調査!毎月のショッピング利用状況:
http://tsite.jp/congestion_11_b

「レシーカ」は、普段のお買物レシートを撮影・登録するだけで、Tポイントが貯まる家計簿アプリです。本コラムでは、全国5万人のサービス利用者が「レシーカ」にてご登録いただいた購買情報をもとに、業種を横断した幅広い商材について、購買者の性年代別や地域別での分析、各種小売店の時間帯別の混雑状況などをコラムとして月次で配信してまいります。

「Go To Eat」でもっともGOしたのは、やっぱり居酒屋⁉
10月から始まった「Go To Eatキャンペーン」の影響調査!
~外食全体では利用者が1割増加~


コロナ禍による三密を避けるニューノーマルな日常が続く中、
10月から始まった「Go To Eatキャンペーン」。
SNSでは「たくさん使った!」という方もいれば、
「結局1回もいかなかった」という方の声も散見されます…。
果たして、その影響とはいかがなものだったのでしょうか?
そこで!今回は、Go To Eatキャンペーンがはじまり、外食業態にはどのような変化があったのか?
9月から10月にかけての外食業態の利用状況を調査してみました!

▼サマリー
  • 9月から10月にかけて、利用者、利用回数ともに増加!
  • 居酒屋は9月から10月にかけて最も上昇(前月比で164%)
  • 利用者は、20~30代の男女が多い結果に。
 
  • 10月に入り前月比111%まで利用者が増加!

まずは、9月から10月にかけての外食業態の利用者について確認したところ、10月は利用者数が111%と上昇していることがわかりました。また、1人あたりのレシート数、金額も9月から10月で、いずれも106%と上昇していることが分かりました。

10月からスタートした「Go To Eatキャンペーン」ですが、家計簿アプリ「レシーカ」のユーザーの方のご利用状況からも1割ほど外食の利用が増えていることがわかりました。さらに、複数回利用の上昇も見受けられ、「Go To Eatキャンペーン」が外食業態の活性化に、一定の影響を及ぼしていたことがわかりました。
  • 料理ジャンル別でもっとも利用があったのは、やっぱり居酒屋・ダイニング…? 

また、10月の外食業態の利用について、料理ジャンル別に分析したところ、9月から10月にかけて最も上昇しているのは、居酒屋(前月比で164%)ということが分かりました。そのほかにも、焼肉(141%)、寿司(113%)などのジャンルも、前月からの上昇が大きいことが伺えます(※客単価1000円以下は除外)。

コロナ禍での会食や飲み会については依然として制限がある中ですが、「Go To Eatキャンペーン」をきっかけに、ニューノーマルでの飲み会を楽しまれた方も多かったのかも知れません。あわせて、お得に外食が楽しめるという事もあってか、「焼き肉」や「寿司」など、少し価格帯の高いお食事を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?
  • 20代男性の居酒屋利用が1.6倍まで❕

さらに、前月比が最も高かった居酒屋について、どの性年代がよく利用されるようになったのか調査してみました。その結果、1位は20代男性(163%)、2位は30代女性(115%)、そして3位は20代女性(114%)という結果になりました。

ネットからの予約のみ(電話予約は対象外)という事もあってか、若い世代の方の利用が多かったようです。コロナ禍で外食を敬遠されていた方も、「Go To Eatキャンぺーン」をきっかけに、気の知れた仲間とお酒を酌み交わされたのかもしれません。

「Go To Eatキャンペーン」で勢いづいたところで、
さあ、これからもみんなで外食を楽しみましょう!と言いたいところですが、
第3波の到来が本格化し始めている今日この頃。
今一度感染対策には十二分に配慮していただき、
夏にご紹介したテイクアウトでのお食事や、オンラインでの飲み会などを通じても、
安全に楽しい食事を皆さんでお楽しみくださいませ。

CCCマーケティングは、今後も楽しく安心できるお買い物体験につながるサービスを拡大することで、生活者のみなさまへの体験価値向上を図りながら、ライフスタイル提案を行ってまいります。

家計簿アプリ「レシーカ」について
普段のお買い物レシートを撮影・登録するだけで、登録したレシート枚数に応じてTポイントが貯まる家計簿アプリです。登録したお買い物情報は、アプリ内のカレンダーなどで確認したり、毎月の出費を食費や外食等のカテゴリー別にグラフでチェックできるなど、Tポイントを貯めながらお金の管理をすることが可能です。
◇サービス名:レシーカ
◇対応端末:iPhone/Android
◇利用料:無料
◇App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id1201112936?mt=8
◇Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cccmk.receika&hl=ja

※本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCCMKHD >
  3. 「Go To Eat」でもっともGOしたのは…⁉「Go To Eatキャンペーン」の影響調査