全ての工程を国内制作した「未来の古着を育てる」ブランドがデビュー

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区 代表取締役 :出路雅明)にて、生地の編たて、染色、裁断、 縫製、プリント、仕上げまでの工程をすべて国内で行ったヘビーウェイトなアイテム MAX WEIGHT JERSEY(マックスウェイト ジャージ)」が4月1日デビューいたします。

 



工程を江戸時代からメリヤス産業として栄える、東京都墨田区周辺の職人が手掛け、10番空紡糸を用い素材は綿 100%のタフで頑丈な生地を使用。流行とは無縁の、時代を超えて愛用でき実用性にも優れた"HEAVY DUTY”なアイテムを展開しています。


世界の古着のセレクトだけでなく、リメイクや藍染、黒染め、アップサイクルなど、USEDの多様な価値観を広げる新事業体「USEDを拡張する進化型古着屋 “森”」(大阪中崎町)にて正式取り扱いを4月1日からスタート。

MAX WEIGHT JERSEYMAX WEIGHT JERSEY




 

裁断屋裁断屋

縫製屋縫製屋

工業ミシン工業ミシン

 

プリント屋プリント屋

仕上げ屋仕上げ屋

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマンフォーラム >
  3. 全ての工程を国内制作した「未来の古着を育てる」ブランドがデビュー