「JTB Diversity Week2019」を開催

~ 2019年度テーマ 「私は変わる、周りも変わる!~個性の発揮が変化の一歩~」 ~

株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:髙橋広行、以下JTB)は、JTBグループ内におけるカルチャー改革(風土改革)の推進に向けて、ダイバーシティに対する更なる理解・浸透・促進を目的に、2019年12月9日(月)~13日(金)に社内イベント「JTB Diversity Week2019」を開催します。
■「JTB Diversity Week2019」概要


 JTBグループでは、カルチャー方針として「ダイバーシティ」を企業風土の中心に置き、多様な価値観を尊重

 

し、イノベーティブな会社を目指して様々な改革に取り組んでいます。
12月3日(火)の国際障害者デーや、日本での障害者週間(12月3日(火)~12月9日(月))など、障がい者に対する意識啓発が高まっている時期にあわせ、障がい者活躍に留まらないダイバーシティを推進する機会として捉え、昨年度に引き続き本イベントを開催します。今年度は組織における社員の「多様性」の発揮による新たなイノベーションの創出に向けて、テーマを「私は変わる、周りも変わる!~個性の発揮が変化の一歩~」としました。本イベントを通じて、カルチャー方針としての「ダイバーシティ」に対する理解浸透を、更に加速することを目指しています。

≪「JTB Diversity Week2019」期間内の主な実施内容≫
①    開会式
社長の開会宣言に始まり、全国のJTBグループ社員から募集した「ダイバーシティ川柳」の中から優秀作を表彰するダイバーシティ川柳表彰式や、JTBダイバーシティアワード※の受賞者によるパネルディスカッション、そして一芸に秀でた社員によるパフォーマンス披露「一芸に秀でた人、大集合!」を実施します。「一芸に秀でた人、大集合!」では、プロとしても活動しているピアニストや、演出から監督、役者までもこなす社員など計6組が登場します。

※優れた事例をグループ全体で共有していくことを目的に、グループ各社・各部署が取り組むダイバーシティ推進の取り組みを、全世界のグループ役員が一堂に会する「ALL JTB MEETING」の場で毎年表彰しています。

②    女性の多様な働き方支援研修
中堅女性社員を対象に、多数のロールモデルとの意見交換を通し、今後のキャリアへのヒントを掴み、前向きで長期的視野に立ったビジョンを描けるようにする研修です。

③ 基調講演
1)「自分らしくキャリアを切り拓くその先に」2)「障がいという「個」を最大限に発揮させるまで」というテーマにて基調講演を行います。

④ チャレンジドサミット
JTBグループで働く障がいのある社員が意見交換をしながら、自らのキャリアを考える場として2007年から毎年開催しているイベントです。

⑤ 異能異才セミナー
「人に教えたい!共有したい!」と思うさまざまなことを、社員自らが講師となって開催するセミナーです。
主な内容(予定):
「放射線と福島の観光」、「フィリピン・ロングステイセミナー」、「「地域のために働く」ということ」、「職場が活き活きするコミュニケーション」、「森林環境贈与税をビジネスに生かす「大人の木育」」、「男女のより良いパートナーシップの築き方」、「関西における大型事業機会への取り組み、ビジネス展望」、「新規事業開発におけるウェブビジネス創出術」、「パラレルキャリアで自分磨き」、「One Teamの創り方」、「航空旅行虎の巻」

また、実施期間中はカルチャー改革の一環として「カジュアルウィーク」と称したビジネスカジュアルを推奨する運動を社内で展開いたします(渉外・店頭営業担当者を除きます)。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. 「JTB Diversity Week2019」を開催