川口市が「本当に住みやすい街」ってホント!?大人気地域批評シリーズより『これでいいのか埼玉県川口市』が発売!

・地元書店で売れてる大人気シリーズに最新取材を加え文庫化!
・市民も意外と知らない!?「川口市」の問題点を徹底解説!

マイクロマガジン社(東京都中央区)は、全国各地で好評いただいている地域批評シリーズの新刊として、書籍『地域批評シリーズ62 これでいいのか埼玉県川口市』を5月17日に発売いたします。

https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1202
編:鈴木ユータ・松立学
発売日:2021年5月17日
定価:1,078円(本体980円+税10%)
ISBN:9784867161388
 

やっぱりヘンだよ! 川口市民!! 旧住民・新住民・外国人の融和はある!?


2017年に人口60万人を突破し、翌年には中核市に移行した埼玉県川口市。
埼玉第2の都市だが、その特性は東京のベッドタウンである。何せ都心へのアクセスは抜群。
玄関口の川口駅周辺には、あの豊洲よりも早くタワマンが誕生。近年は2年連続で『本当に住みたい街大賞』にも輝いている。
そんなイケてるはずの川口だが、残念ながら街の存在感は希薄だ。
かつては鋳物工場や違法風俗店のイメージが強かったが、それも今は昔で、新たに台頭した外国人の存在感ばかりが際立っている。
市内では「新住民」「旧住民」「外国人」が独自の「川口ライフ」を謳歌しているとはいうものの、人種が入り乱れたグチャグチャな状態で、それぞれの市民が本当に満足した生活を送っているのだろうか。
本書では歴史、市民性、問題点や課題を紐解きながら、謎に包まれた川口市の真実の姿を探っていく。

・住みやすさNo.1完璧なベッドタウンってホント?
・アブない街のイメージはどう変わった?
・新旧住民&外国人の共存共栄はできるの?
・川口駅前再開発はどうなるの?
・西川口のイメージアップは前途多難?
・外国人が多い川口で何が起きている?
・こんなはずじゃ!?川口移住民の理想と現実

市民も意外と知らない川口市の話題が盛りだくさん!読めば川口市のすべてが分かる!

  • 「これでいいのか」地域批評シリーズとは?

「地域批評シリーズ」は​、2007年創刊の「東京都足立区」からスタートし、
通巻160号、発行累計100万部を超えた超ロングランシリーズ。
全国の都道府県や大都市を徹底取材とデータ検証を行い、
各地の特性や問題点を探り、独自の目線で一刀両断した大人気地域分析本です。
北は北海道から南は鹿児島まで計162タイトルを好評発売中!

地域批評シリーズ
https://chiiki-series.jp/
地域批評シリーズを手掛ける第一編集部Twitter
https://twitter.com/MMdai1hennsyubu 

【お問い合わせ先】
release_mg@microgroup.co.jp
在宅勤務中心となっておりますため、お電話が繋がらない事が多くなっております。
まずは上記メールアドレスまでお問い合わせください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マイクロマガジン社 >
  3. 川口市が「本当に住みやすい街」ってホント!?大人気地域批評シリーズより『これでいいのか埼玉県川口市』が発売!