天井の高い施設でも導入可能 エリア全体への天井マーカーが不要で約4時間で設置できる 「Keenbot Laser アイリスエディション」販売開始

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、SLAM方式(※1)を搭載した配膳・運搬ロボット「Keenbot Laser アイリスエディション(※2)」を2022年7月12日より販売開始します。
 Keenbot Laser アイリスエディションは、LiDARセンサー(※3)を活用してSLAM方式(※1)で走行します。エリア全体への天井マーカーの設置が不要なため、天井が高い場所や天井がフラットではない場所でも導入できます。約4時間と短い時間で設置できるため、導入当日からの利用もできます。さらに、障害物回避を加味して最短ルートを計算して走行でき、短時間で効率よく配膳・運搬可能です。Keenbotアイリスエディションと合わせて販売することで、様々な利用環境における労働力の確保や非接触ニーズに的確に対応できます。

 当社は今後も、使用環境に合わせてより適切で柔軟な製品の開発と提案を行い、ロボットを活用した新たなアイデアで人とサービス・ロボットの共存を推進し、業務・環境改善ソリューションを提供します。

■製品仕様
Keenbotアイリスエディションシリーズ
 https://www.irisohyama.co.jp/b2b/robotics/products/keenbot/

■ロボット無料お試しキャンペーン
Keenbot Laserアイリスエディションを含むロボット無料お試しキャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。
 https://www.irisohyama.co.jp/b2b/robotics/campaign/trial/

©KEENON Robotics / IRIS OHYAMA



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 天井の高い施設でも導入可能 エリア全体への天井マーカーが不要で約4時間で設置できる 「Keenbot Laser アイリスエディション」販売開始