日常的な“マスク着脱”を想定した「マスクカバー」「マスクバッグ」を 販売開始

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区 代表取締役 会長:出路雅明)は、「USEDを拡張する進化型古着屋“森”(大阪市中崎町)にて、「マスクカバー」「マスクバッグ」を5月22日(金) 18:00にonline storeにてリリースいたします。


 

現在の社会では、感染対策のための日常的な“マスク着脱”が想定されます。

「マスクカバー」の素材には古着を活用し、ファッション性を高くリメイク。カバーにはキューバシャツ特有の刺繍デザインや、肌触りのよい柔らかなミリタリーのニット素材を使用したもの、耳にあたる部分はやわらかいニット素材を使用したものなど、3種類あります。ガーゼの取り出し方法や煮沸消毒などの簡易マニュアルも添えています。

「マスクバッグ」は、一般の医療用立体マスクの収納ができ、手持ちのチェーン、コード等でバッグチャームとしてやバックインバッグとしても使用できます。


両アイテムはUSEDを拡張する進化型古着屋“森”ECサイトにて、5月22日(金)18:00よりonline storeにて発売開始。一点限りのアイテムもリリースいたします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、これまでの仕組みや価値観が問われるなか、私たちはファッションの必要性をこれからも追求していきます。

online store 
https://mori-store.net/?category_id=5ec4f73072b91154e9c3ac5a

コーポレートサイト
https://mori.market/

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマンフォーラム >
  3. 日常的な“マスク着脱”を想定した「マスクカバー」「マスクバッグ」を 販売開始