【ほっこり×グルメ×江ノ島・湘南愛のご当地ファンタジー】ことのは文庫『江ノ島お忘れ処OHANA~最期の夏を島カフェで~』が発売

忘れたい記憶があるなら湘南の海と自然に囲まれた、癒しのカフェへようこそ

・江ノ島の古民家風ハワイアンカフェが舞台!
・「消したい記憶」を抱えた人たちが、もう一度、人生や大切な人と向き合っていくヒューマンストーリー
・カバーは、イラストレーターのカズアキ氏がキャラクターデザイン&イラスト化
マイクロマガジン社(東京都中央区)は、ことのは文庫『江ノ島お忘れ処OHANA~最期の夏を島カフェで~』を5月20日に発売いたします。

【あらすじ】
忘れたい記憶があるなら、 湘南の海と自然に囲まれた癒しのカフェへようこそ
ほっこり×グルメ×江ノ島・湘南愛 ご当地ファンタジー!

腕の故障でピアノが弾けなくなった音楽高校生の小鳥遊響希(たかなしひびき)は、死ぬために訪れた江ノ島で、
ハワイアンカフェOHANAを営む四兄弟のハル・カイ・怜(れい)・翔太(しょうた)と出会う。
彼らはハワイの女神≪ペレ≫に仕える一族の末裔で、 怜は人の記憶を消すことができる不思議な力を持っていた。
昼は人気の島カフェ、夜は『お忘れ処』になるOHANAには、今日も「消したい記憶」を抱えた人たちがやってくる――。
ご当地グルメとカフェめし、江ノ島の夏模様と音楽が彩る、記憶をめぐる再起と癒しの物語。

【書籍情報】
江ノ島お忘れ処OHANA~最期の夏を島カフェで~
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1189
著者:遠坂カナレ/装画:カズアキ 
ISBN:9784867161418
文庫 / 書籍 / 320ページ
定価:770円(本体700円+税10%)
発売日:2021年5月20日

【著者情報】​
著者:遠坂カナレ(とおさか・かなれ)
愛知県出身、神奈川県平塚市在住。エブリスタ小説大賞2018メゾン文庫賞を受賞し、19年に『おとこまえ天狗のあやかし学食ごはん』を刊行。ほか著書に『上野発、冥土行き寝台特急大河~食堂車で最期の夜を~』など。

装画:カズアキ
イラストレーター、キャラクターデザイナー。『Starry☆Sky』など人気ゲームのキャラクターデザインで活躍するほか、『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。』『有閑貴族エリオットの幽雅な事件』など、キャラクター文芸の装画も多数てがけている。
 
  • オトナ女子向け文芸レーベル【ことのは文庫】

「心に響く物語に、きっと出会える」
ことのは文庫は、マイクロマガジン社より発行しているオトナ女子向け文芸レーベルです。
2019年6月に創刊後、中島愛さんナレーションのテレビCMが話題の『わが家は幽世の貸本屋さん』シリーズや、料理コラムニスト山本ゆりさん絶賛の『極彩色の食卓』など魅力的で様々な作品が登場しております。
新作は毎月20日に発売!

ことのは文庫公式サイト https://kotonohabunko.jp/
Twitter  https://twitter.com/kotonoha_mm
facebook https://www.facebook.com/kotonohaMM2
Instagram https://www.instagram.com/kotonohabunko/

【お問い合わせ先】
release_mg@microgroup.co.jp
在宅勤務中心となっておりますため、お電話が繋がらない事が多くなっております。
まずは上記メールアドレスまでお問い合わせください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マイクロマガジン社 >
  3. 【ほっこり×グルメ×江ノ島・湘南愛のご当地ファンタジー】ことのは文庫『江ノ島お忘れ処OHANA~最期の夏を島カフェで~』が発売