プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社FRONTEO
会社概要

FRONEO、メール・チャット監査AIシステム「KIBIT Eye」が特許査定を取得

AIによる監査手法の新規性・独自性を評価

株式会社FRONTEO

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下 FRONTEO)は、不正リスクを予見するAIソリューション「KIBIT Eye(キビットアイ)」(参照:https://www.fronteo.com/20230316)のメール・チャット監査システムに使用している技術について、特許庁より特許査定通知を受領したことをお知らせします。

【特許概要】

出願番号 :特願2023-040722

特許出願日:2023年3月15日


FRONTEOは業界に先駆けて監査におけるAIの活用に取り組み、自社開発のAIエンジン・アプリケーションを用いて約10年にわたり監査対応実績を積み重ねてきました。2023年3月には、IT利用トレンドの変化を踏まえ、メールに加えて多様なコミュニケーションツールに対応する画期的なAIソリューションとして、新しいアルゴリズムを搭載したKIBIT Eyeの販売を開始しました。


今回の特許査定は、FRONTEOの長年にわたる経験とノウハウを生かした、KIBIT Eyeの解析結果のスコアリングやハイライト機能などによる表示機能、標準機能における教師データの再チューニングなど、監査に必要となる基本的な機能そのものかつ広い範囲が対象です。これは、当社の技術ならびにその社会実装手法、AIソリューションの新規性・独自性の高さの査証であると考えています。


 近年のコンプライアンス体制強化が求められる潮流を背景に、KIBIT Eyeは網羅的な監査を実現し、不正を検知する実用性の高い製品として、大手金融機関や製造業を中心に導入が進んでおり、今後、さらなる利用拡大が見込まれます。


FRONTEOは、今後も自然言語処理に強みを持つ自社開発AIを用いた製品の開発と機能向上に努め、使いやすく実用性のあるAIの社会実装を通して、社会課題の解決に貢献してまいります。



■FRONTEOについて URL: https://www.fronteo.com/

FRONTEOは、自社開発AIエンジン「KIBIT(キビット)」を用いた多様なAIソリューションとサービスを提供するデータ解析企業です。「記録に埋もれたリスクとチャンスを見逃さないソリューションを提供し、情報社会のフェアネスを実現する」ことを理念とし、膨大な量のテキストデータや複雑なネットワークの中から意味のある重要な情報を抽出して、エキスパートの高度な判断を支援する自然言語処理ならびにネットワーク解析技術を強みとしています。リーガルテックAI、ビジネスインテリジェンス、ライフサイエンスAI、経済安全保障の各領域で事業を展開し、さまざまな企業の課題や社会課題の解決に貢献しています。2003年8月創業、2007年6月26日東証マザーズ(現:東証グロース)上場。日本、米国、韓国、台湾で事業を展開。第一種医療機器製造販売業許可取得、管理医療機器販売業届出。資本金3,042,317千円(2023年3月31日時点)。


 ※FRONTEO、KIBIT、KIBIT EyeはFRONTEOの日本における登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
その他
ダウンロード
プレスリリース.pdf

会社概要

株式会社FRONTEO

55フォロワー

RSS
URL
http://www.fronteo.com
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル
電話番号
03-5463-6344
代表者名
守本 正宏
上場
東証グロース
資本金
30億3484万円
設立
2003年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード