世界中のアードベッグファンとともにアードベッグを祝う1年に1度のイベント『アードベッグ・デー 2022 』 開催!

~パンクなムードに包まれたオープニングイベントに、中村獅童さんや佐田真由美さん、尾上右近さん登場!~

MHD(モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 東京都千代田区神田神保町)は、2022年6月3日(金)、6月4日(土)、6月5日(日)の3日間、 世界中の熱狂的なアードベッグファン「アードベギャン」をはじめとしたモルトファンとともに祝う「アードベッグ・デー2022 」をQ Plaza HARAJUKU(キュープラザ原宿)1Fにて開催。初日には、開催に先駆け、オープニングイベントを行いました 。

2012年にスタートした「アードベッグ・デー」は世界同日に行われ、その年だけの限定アードベッグがお披露目、いち早く味わうことができると、“アードベギャン”(世界中の熱狂的なアードベッグファン)が毎年心待ちにしている1年に1度開催するイベントです。今年は3年ぶりの開催となり、心待ちにしていた「アードベギャン」とともに、「アードベッグ・デー2022」が盛大に執り行われました。
オープニングイベントでは、多くのセレブリティーもアードベッグ・デーのお祝いに駆け付けました。尾上右近さんは、「普段から毎日、苦しい時も楽しい時もアードベッグを飲んでいます!(笑)意外とお湯で割るのが合うので気に入っています。あとは炭酸で割ったりして、嗜んでいます。」と、自身のアードベッグの楽しみ方を語りました。また、佐田真由美さんは、「アードベッグは香りが変わっているので、刺激が欲しい時だったり、非日常を感じたいときにいつも飲んでいます。次の日何も予定がないときは、家でゆっくり嗜んでいます。」、クリス-ウェブ佳子さんは、「ウイスキーは38歳から飲み始めたのですが、今は仕事終わりに毎日飲んでいます。ピート香が好きで。ピート香好きを突き詰めていたら、酒屋さんからお薦めされたのがアードベッグでした。子供が20歳になったら一緒に飲みたいと思っています!」とお二方ともアードベッグへの愛を語っていただきました。アンバサダーのロバート・ストックウェル氏によるセッションを聞いた後、中村獅童さんは、「アードベッグは200年以上の歴史があると聞きました。歌舞伎も400年以上の歴史がありますが、歴史を継承しながらも革新を続けていく、というアードベッグの姿勢にとても共感しました。このようなイベントを行うことで、若い人たちにもアードベッグを楽しんでもらいたいですね。」と、自身の思いを語りました。


『アードベッグ・デー 2022』のテーマは、『PUNK(パンク)』
会場のQ Plaza HARAJUKUでは、今年のテーマであるパンクを体現したアードベッグらしい雰囲気で"アードベギャン"をお出迎えしました。一歩足を踏み入れると、会場内は個性あふれる楽しいアードベッグ・デーの仕掛けが至る所に!
「SpendyMily」によるライブ演奏と、既存のアート作品に新たに手を加え、PUNKTUREDなアートに変化させていく「PUNK LIVE Paint (パンク ライブ ペイント)」なども実施され、会場は大いに盛り上がりを見せました。
 


さらに、ゲストたちがお待ちかねの今年の限定商品「アードベッグ アードコア」が日本で初めてアンベール(お披露目)されると、会場からは歓声と拍手が。
アンバサダーのロバート・ストックウェル氏がステージ上で、シークレットゲストのRED RICEさんを呼び込むと、会場はさらに熱気を帯び、アードベッグ好きなRED RICEさんとのトークで盛り上がりをみせました。会場内の来場者たちはRED RICEさんとともに「スランジヴァ ――(健康を祈る)」と乾杯し、アードベッグを片手に贅沢なひとときを楽しんでいました。

『ARDBEG DAY 2022』オープニングイベント概要

■ 正式名称: 『アードベッグ・デー 2022』
■ 会 場: Q Plaza HARAJUKU(キュープラザ原宿)1F(東京都渋谷区神宮前6-28-6)
■ 日 時: 2022年6月3日(金) 17:00~18:30
■ 内 容: ・限定商品 「アードベッグ アードコア」お披露目
               ・「アードベッグ 10年」、「アードベッグ ウィー・ビースティー 5年」、
                  「アードベッグ ウィー・ビースティー 5年」のカクテル「Smash」
               ・「SpendyMily」によるパフォーマンス
               ・来場者参加型「PUNK LIVE Paint」 



■SpendyMily によるパフォーマンス
初日である3日(金)には、2020年に結成した3人組バンドSpendyMilyが登場。
先日MVを公開したばかりの「Distance」を含む3曲を披露しました。
演奏が始まり、会場内にSpendyMilyの演奏が響き渡ると、会場の空気が一変。来場者はステージに釘付けとなりました。
アードベッグ・デーの初日にふさわしい、PUNKTUREDな演出で会場を沸かせ、場内は一体感に包まれました。
来場者はグラスを片手に音楽に合わせて踊ったり、拍手で盛り上がりを見せました。
また、4日(土)はENFANTS、5日(日)はPanorama Panama Townが“パンク”なパフォーマンスを披露しました。


■PUNK LIVE Paint (パンク ライブ ペインティング)
イベントのテーマである『PUNK』をより体感してもらえるよう、既存のアート作品に新たに手を加え、PUNKTUREDなアートに変化させていく、「PUNK LIVE Paint」を開催しました。来場者が自由にペイントしていき、新しい作品を作り上げることでアードベッグ・デーに参加した証にもなり、最後には全く別の、自己主張の強い“パンク”なアートに生まれ変わりました!
会場では、イラストスタッフとして東京藝術大学の学生がお手本で、ライブペイントの実演を行い、盛り上がりをみせました。



ARDBEG DAY 2022 限定商品概要
極限まで焙煎したモルトで、ウイスキーのルールを破壊する ARDCORE(アードコア)

2022年アードベッグ・デー限定ボトル。極限まで強く焙煎したブラックモルトを使うことにより、
今までになくスモーキーで尖がった印象のアードベッグが誕生しました。
ダークチョコレートやブリトルトフィーの中から、テンション高めのアニスや炭が前面に現れてくる、
味蕾を強く刺激する“パンク”なインパクト。ハードコアなアードベッグ上級者に贈ります。

■商品名:アードベッグ アードコア
■発売日:2022年5月25日(水)
■希望小売価格:15,000円(税別)/ 16,500円(税込)
■容量:700ml
■アルコール度数:46度 ノンチルフィルター

テイスティングノート
色合い:透明感のある淡いゴールド
香り:発酵食品や酵母、焦がしたトースト、石炭、チコリコーヒーの出しがらなどのスパイシーで芳醇なアロマ。
        渦巻くような焚火や糖蜜の香りの背後からアードベッグ独特のフェンネルなどのハーブ香が感じられる。
味わい:驚くほどスパイシーで燃えるようなアタックから、ココアパウダー、ダークチョコレート、
           ピーナッツブリトル、燻製したライムのリッチでパワフルなフレーバーへと広がっていく。
           煤や焚火の燃え殻のニュアンス。
余韻:リコリスやアニスの豊かな風味と大麦やビスケットの甘味が、糖蜜のトフィーの長い余韻へとつながっていく。

アードベッグ・デー
アイラ島では毎年5月最終週から6月第1週にかけて、ウイスキーの祭典 「アイラ・ウイスキー・フェスティバル(Islay Festival Feis Ile)」 が開催されます。期間中、日替わりで各蒸留所の「オープン・デー」が開催され、熱心なモルトファンが現地でしか購入できない限定商品を求めて蒸留所を訪れます。「オープン・デー」の最終日を飾るのがアードベッグ。この日を「アードベッグ・デー」と定め、アイラ島に集結するアードベッグファンのみならず、世界中のアードベッグファンと一緒にお祝いする日としています。
イベントについての詳細はこちら
http://www ardbegjapan com/ardbegday/

アードベッグ
1815年にスコットランドのアイラ島で生まれたシングルモルトウイスキー。
ピートが非常に強くスモーキーでありながら繊細な甘さと高い品質で人を魅了してやまないその風味は、"ピーティーパラドックス"との愛称もある。クセになる個性的な味わいから"アードベギャン"と呼ばれる熱狂的なファン
に愛されるカルト的な存在であり、世界130ヶ国10万人のコミッティーメンバーに支持される、世界で最もピーティーでスモーキーな究極のアイラ・モルト。
アードベッグの詳しい情報は、公式WEB ページおよび、 Ardbeg Japan の Facebook ページをご覧ください。
WEB:http://www.ardbegjapan.com/
Facebook:www.facebook.com/ardbegjapan





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 >
  3. 世界中のアードベッグファンとともにアードベッグを祝う1年に1度のイベント『アードベッグ・デー 2022 』 開催!