南極で56年間眠っていた製品が、日本に帰還【南極で発見、コカ・コーラ&ロッテ クールミントガム 贈呈セレモニー】を開催

日本コカ・コーラ株式会社、株式会社ロッテ及び大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所は2021年4月15日(木)、【南極で発見、コカ・コーラ&ロッテ クールミントガム 贈呈セレモニー】を行いました。
 2020年9月、第61次南極地域観測隊越冬隊が昭和基地付近の南極大陸沿岸で「コカ・コーラ」と「ロッテ クールミントガム」を発見、これらは1965年に第7次南極地域観測隊が現地に持っていった食料の一部である可能性があり、「コカ・コーラ」は、日本で初めて缶入り(250ミリリットル)が発売された1965年当時のものであることがわかりました。また「ロッテ クールミントガム」は南極のペンギンがデザインされた初代パッケージであることもわかりました。
 2021年2月22日に第61次南極地域観測隊越冬隊が帰国、同隊が南極から持ち帰った物資も全て日本に戻りました。この物資の中に、現地で発見された「コカ・コーラ」と「ロッテ クールミントガム」もあり、半世紀以上の月日を経て、日本に戻ってきたことを記念し、4月15日(木)、国立極地研究所において「南極で発見、コカ・コーラ&ロッテ クールミントガム贈呈セレモニー」を実施しました。

贈呈式の様子
(左:日本コカ・コーラ 佐々木章乃 中央:61次隊越冬隊長 青山雄一様  右:株式会社ロッテ 毛利彰太)

 イベントでは、実際に南極から持ち帰ったコンテナからコカ・コーラとロッテ クールミントガムが取り出され、第61次南極地域観測隊 越冬隊長の青山雄一様から、日本コカ・コーラ株式会社 マーケティング本部 佐々木章乃、株式会社ロッテ ブランド戦略部の毛利彰太に手渡されました。半世紀以上の時を経て日本に戻ってきた製品たちを感慨深く迎える社員たちの嬉しそうな表情と拍手で会場が包まれました。

■開催背景
 2020年9月、第61次南極地域観測隊の越冬隊が昭和基地近くの南極大陸沿岸で「コカ・コーラ」の缶と「ロッテ クールミントガム」を発見、これらは50年以上前に当時の南極観測観測隊が南極に持って行った食料の一部であることがわかりました。「コカ・コーラ」の缶は、日本で初めて缶入が発売された1965年発売時のデザインで、日本コカ・コーラ社にも現物の残っていない貴重なものです。また「ロッテ クールミントガム」は南極のペンギンがデザインされた1960年誕生時のものです。この度、50年以上の長きわたり南極で眠っていた貴重な製品が発見、日本に戻ってきたことを記念し、本贈呈式を開催することとなりました。

■イベントの様子

■オフィシャルスチール素材
https://vectorincgroup.box.com/s/nlqadqmhstnwkeelngi1algt9rhh3rwo

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コカ・コーラ株式会社 >
  3. 南極で56年間眠っていた製品が、日本に帰還【南極で発見、コカ・コーラ&ロッテ クールミントガム 贈呈セレモニー】を開催