【CCCMK総研レポート】生活者意識調査 ~Under30意識調査レポート~

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)が設立した7000万人の思いを紡ぐ研究所「CCCマーケティング総合研究所」(以下「CCCMK総研」)は、このたび、「生活者意識調査 ~Under30意識調査レポート~」(https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-17)を実施し、その結果をまとめました。

2020年11月19日~11月26日に、16~29歳のT会員男女を対象としたインターネット調査を実施し、4,820件の回答を得ました。調査では価値観や情報源、SNSの使い方等を尋ね、29歳以下の若者がふだんどのような意識で消費行動を行っているのか明らかにしています。本コラムでは、若者が感じている将来への期待と不安、価値観からどのような意識で行動をしているかを別途行ったインタビューの結果も交えながらご紹介していきます。

なお、以下でご紹介する内容では、独身の16歳~29歳の若者を「高校生」「大学生」「会社員等(23~26歳)」「会社員等(27~29歳)」の各ステージを男女別に分けて分析しています。
 

  • 将来に対する期待と不安の傾向


最初に、将来に対する意識(楽しみ・期待/不安)についてみていきましょう。図1のグラフの通り、「家庭・家族」は楽しみと考える傾向が高いですが、それ以外は不安が楽しみ・期待を上回るケースがほとんどです。

「就職・仕事」では、高校生男女と男性会社員等(23~26歳)で期待が不安を上回っています。高校生は、あらゆることにチャレンジできる大きな可能性と少し先の将来に社会に出ることへの期待感、男性会社員(23~26歳)は就職活動を終えた安心感に加え新しい世界で頑張ろうという気持ちが表れているようにも思えます。

一方で男性大学生は期待も不安も高く、感じ方が分かれているようです。女性大学生の場合は6割近くが不安を感じているようです。初めて世の中に出ることへの不安や、労働環境が大きく変化する中で自分がどのように働いていくか、就職の準備を行いながら悩んでいる様子が見て取れます。

「就職・仕事」に強く関連する「収入」に関しても似たような結果となっており、会社員等では27~29歳になると男女とも不安が高まります。会社員等へのインタビューでは、働くことにより高校生・大学生のころよりもまとまった収入があるにもかかわらず、生活にお金がかかること、将来の結婚などライフステージの変化、さらに2019年に話題になった「老後に2000万円必要問題」から節約や貯金を行い、お金を使うことに慎重になっている傾向がみられました。

「世の中」の結果を見ると、他と比べて「期待」がかなり低く、不安が男性で半数前後、女性で6割前後と多くの若者が不安を感じていることがわかります。この1年は新型コロナウイルス感染症の流行で世の中に対する不安を感じる方も多いことでしょう。
 

 

  • 若者の価値観は


このような期待と不安を持つ若者の価値観についても聞きました(図2)。

「自分がとことん打ち込める趣味や好きなものを持ちたいと思う」「幸せになるためにはお金が必要だ」は各ステージで7~8割の方が「あてはまる・ややあてはまる」と回答しています。前出の「将来に対する期待と不安」の中で「就職・仕事」と「収入」の不安感について述べましたが、不安の中でも充実した生活を送るために仕事とは別に打ち込める趣味を持ったり、幸せのためにはお金が必要と考える方が多いのかもしれません。

本調査では興味関心や消費意識についても質問をしていますが、会社員等(23~26歳男女/27~29歳男女)では「将来のことは意識せず、いまを楽しむためにお金を使いたい」という意識が高校生・大学生よりも低く、一方で「投資」に対する関心が高くなるなど、将来を意識したお金の使い方をしているようです。
 



また、「誰かと競争することはできるだけ避けたい」は男性の中では大学生と会社員等(23~26歳)で高くなっています。若者へのインタビューでは、競争ではなく協力することが重要との考えがみられました。誰かが優位に立つのではなく、助け合いながら一緒に穏やかに過ごしたいという意識があるようです。

本コラムでは2020年に調査した結果をご紹介していますが、価値観や若者を取り巻く環境は常に変化していくことでしょう。CCCマーケティング総合研究所では、引き続き若者に対して調査を行いながら意識と行動の変化を追っていきたいと思います。

 

  • 【調査設計】 
  調査地域:全国 

 調査対象者:男女16~39歳のT会員(30~39歳は比較のため回収)
 サンプル数:5,527サンプル(人口構成比に合わせて回収)
 調査期間:2020年11月19日(木)~11月26日(木)
 実査機関:CCCマーケティング株式会社(Tアンケートによる実施)

 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

「Under30意識調査」は、フルレポート版(有償)もご用意しております。
詳しくは、下記をご確認の上、お問い合わせください。

 
  • 【レポート販売について】

 ①     フルレポート(PDF):315,000円(税別)
 ②     集計表(Excel):63,000円(税別)
 ③     ローデータ(CSV):94,500円(税別)
 ④     セット価格(フルレポート・集計表・ローデータ)330,750円(税別)

【商品名/番号】
品名:Under30意識調査レポート2020版
番号:20_013_001


●Under30意識調査レポートのご案内はこちらから
URL: https://www.cccmk.co.jp/thinktanks/column-17

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CCC マーケティングカンパニー >
  3. 【CCCMK総研レポート】生活者意識調査 ~Under30意識調査レポート~