音楽を通じて「SDGs(持続可能な開発目標)」の実現に貢献するため新たな研究結果をもとにした新チャンネル『健康BGM』の放送開始

クラシックやヒーリングなど4ジャンルで 免疫力を高める期待も

USEN-NEXT GROUP の株式会社 USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村公正、以下:当社)は、音楽に関する新たな研究成果に基づいたチャンネル『健康BGM』を新設し、放送を開始しました。

 

USENは、これまでも50年近く音楽に携わってきた知見を生かし、音が人に与える影響に関する様々な研究を行ってまいりました。これまで「BGMのテンポがお店での購買行動に及ぼす影響」、「居心地の良いBGMの音量」といった、いくつかの研究成果も発表しております。(https://usen.com/portal/otodesign/

今回、「SDGs(持続可能な開発目標)」の実現に貢献すべく 「健康×音楽=健康BGM」をテーマに、新たな研究を実施し、人々の健やかな暮らしを支える番組をつくりました。本研究を今後も継続していきます。

『健康BGM』が免疫力を高める音楽として期待される


AIによって選曲された副交感神経を刺激する音の要素を豊富に含む楽曲を編成し、20~50代の男女20名を対象に、音楽を聴くことの効果に関する実験を行いました。音楽を聴取した後、「体温」「唾液分泌型IgA(※)」「気分」において免疫が高まる効果が確認されました。 副交感神経を高めることで、免疫力の向上につながり、健康な身体づくりにつながります。
(※免疫物質と呼ばれる抗体の一種)

<新番組『健康BGM』シリーズ>
・免疫力を高めるJAZZ ・免疫力を高めるクラシック ・免疫力を高めるJ-POPカヴァー ・免疫力を高めるヒーリング

研究内容詳細:https://usen.com/portal/otodesign/study/study_014.html

「SDGs(持続可能な開発目標)」の取り組みについて


2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
地球温暖化、エネルギー資源の枯渇、貧富の差、あらゆる差別これからの未来へ向けて持続可能な社会を作るためには、私たちひとりひとりが意識を変えていく必要があります。USENは、音楽を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。

サービスサイトURL:https://usen.com/csr/SDGs/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS >
  3. 音楽を通じて「SDGs(持続可能な開発目標)」の実現に貢献するため新たな研究結果をもとにした新チャンネル『健康BGM』の放送開始