​イタリア発の腕時計 『スピニカー(SPINNAKER)』が、「ブラッドナー オールブラック(BRADNER ALL BLACK)」を11月10日(火)に発売。

TiCTAC系列、オンタイム・ムーヴ系列、公式オンラインストアで販路限定発売!

イタリア発の腕時計ブランド『スピニカー(SPINNAKER) 』の日本総代理店を務める株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上光弘)は、「ブラッドナーオールブラック(BRADNER ALL BLACK)」を11月10日(火)に全国で発売します。
https://www.spinnaker-watches.jp/pickup/bradner-all+black/

2019年10月にデビューした『スピニカー(SPINNAKER) 』。「カジュアル シティ ダイバー」のジャンルを掲げ、「機械式時計」「ヴィンテージデザイン」「ダイバーズ」「高スペックの実用派時計」等、2020年の腕時計トレンドを総取りしたようなポテンシャルを評価され、セレクトショップや時計専門店、百貨店、ECを中心に展開を拡大しています。

最新作は、日本上陸と同時に話題を巻き起こした機械式時計「ブラッドナー」のオールブラックです。
日本製機械式ムーブメントNH35、インナーベゼルのコンプレッサーケース、強い蓄光を放つのスーパールミノーバ、抜群の強度を誇るサファイアガラス、水濡れに強いウォータープルーフ加工ベルト、ノスタルジーを感じさせるヴィンテージデザインをその筐体に纏い、カジュアルを生きるシティパーソンに、新たなライフスタイルを提案します。

ブラッドナーの新カラーとして選ばれたのは2020年のトレンドカラーといえるオールブラック。

シックなブラックのシルエットが、シーンを問わず、あらゆるスタイリングに適応します。価格は36,000円+税。TiCTAC系列、オンタイム・ムーヴ系列、公式オンラインストアのみで発売します。



【商品概要】

■シリーズ名:ブラッドナー オールブラック( BRADNER ALL BLACK )
■型番:SP-5062-06
■価格:各36,000円+税
■駆動装置:日本製ムーブメント NH35
■防水:18気圧防水(600ft)
■ケース径:42mm
■レンズ:サファイアクリスタル
■バンド:ウォータープルーフレザー
■蓄光:スーパールミノーバ(スイス製)
■一般発売日:11月10日
■販売:TiCTAC系列、オンタイム・ムーヴ系列
※詳しくは公式サイトをご覧ください
https://www.spinnaker-watches.jp/pickup/bradner-all+black/
■公式オンラインストア『U-COLLECITON』
https://www.u-collection.com/c/brand/spn/


【ブラッドナー( BRADNER )の特徴】

①内部のベゼルが回るコンプレッサーケース

1960年代のコンプレッサーダイバーズへのオマージュとして制作したい意図から開発。
ヴィンテージスタイルに現代的なデザインを取り入れた逸品です。
 


②暗闇で強い光を放つスーパールミノバ
スイス製のスーパールミノバを完備。良質な蓄光塗料により暗闇で力強く発光し、暗闇での時刻確認等、快適な日常生活を支えます。


③日本製駆動装置を搭載した機械式ダイバーズ時計
日本製ムーブメントを使用した機械式時計。シースルーの裏蓋からはスピニカーのロゴがデザインされた駆動装置の動きを堪能できます。パワーリザーブは41時間。

 
【『スピニカー(SPINNAKER)』とは】 
『スピニカー』は、「海を越え、海と生きる時計」をコンセプトに、ヨットやフリーダイビング等の海のスポーツに関わる人々の腕時計としてデザインされました。


 ブランド名の『スピニカー』の由来は、ヨットのマストの前方にはり、追い風の時に使用する半球形の大きな帆。人間を海へ駆り立てる“アドベンチャー精神”を表すために、ブランド名に採用しました。 

これにより、人が舵を取り、航海していくことをシンボル化しています。スピニカーのイラストはロゴにも表現され、駆動装置のローターにもしっかりとその優雅なイメージを刻んでいます。 

 

 
【『スピニカー』 名前の由来】

「SPINNAKER=追い風を操るヨットの帆」


ヨットのメインセイルの前に張り、追い風の時に使用する三角形の帆です。

人間を海へ駆り立てるアドベンチャー精神を表すために、ブランドの名前として採用しました。
これにより、人が舵を取り航海していくことをシンボル化しました。
   
『スピニカ―』は2016年にヴィンテージコレクションを発表し、2018年にはパリの『ギャラリー・ラファイエット』で販売を開始し、多くの名声を集めました。

さらに、2019年に広まった「ヴィンテージデザインブーム」と「ダイバーズデザインブーム」を背景にその名は更に広がり、現在ではイタリア・イギリス、フランス、アメリカ、香港で展開。年間4万本以上を販売する人気ブランドに成長しました。

そして世界が注目する腕時計『スピニカー』は、2019年10月に日本に初上陸し、話題を集めています。

【『スピニカー』 ブランドの特徴】

1.世界で大注目!カジュアルでデザイン性の高いヴィンテージダイバーズ時計

世界的なブームを巻き起こす『ダイバーズ時計ブーム』と『ヴィンテージ時計ブーム』。両ブームの要素を取り入れた味のあるフォルムが人気を集め、スピニカーは世界で注目され、2019年には日本、ドイツ、台湾、韓国でも販売が開始されました。   

2.10万円以上の価格が多い時計市場で、3万円台から楽しめる、手頃で豪華仕様の自動巻ダイバーズ
自動巻きで蓄光を完備した本格時計でありながら手頃に楽しめるシティ派カジュアルウォッチとして展開します。  

【日本総輸入代理店 株式会社ウエニ貿易】

時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。
海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※自社調べ)を持っています。輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。ツェッペリンやタイメックス、フルラやヴェルサーチェウォッチ、ヘンリーロンドンの日本総輸入代理店を務める一方、メーカーとしてエンジェルクローバーやペッレモルビダを開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウエニ貿易 >
  3. ​イタリア発の腕時計 『スピニカー(SPINNAKER)』が、「ブラッドナー オールブラック(BRADNER ALL BLACK)」を11月10日(火)に発売。