「小田原手当」制度を新設!テレワークが普及する今だからこそ、社員の繋がり強化で地域活性化!

~豊かな自然あふれる小田原で職住近接を推奨~

「iFace」などのスマートフォングッズの商品開発・販売、ネットショップ支援システムの開発などを展開するHamee株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、以下Hamee)は、小田原周辺地域に住む社員に対して月2万円の手当金を支給する「小田原手当」制度を導入いたしました。テレワークが普及する今だからこそ、豊かな自然があふれる小田原での職住近接を推奨し、社員同士のコミュニケーションアップによる一体感のある組織づくりを図りながら、小田原の活性化につなげていきたいと考えています。

1 導入の背景
Hamee小田原本社では、現在約200人の従業員が働いています。
当社では従来より、社員同士のつながりやコミュニケーションこそが、Visionの実現や事業成長に大きく起因するとの考えから、社屋をコミュニケーションが自然と生まれるような遊び心あふれるデザインに設計し、家族向けの社内見学会や懇親会などを積極的に実施してきました。
しかしながら、新型コロナウィルスの影響により、現在小田原本社では約9割の社員が在宅勤務体制(※)となっています。(2020年5月21日現在)

世間ではテレワーク普及による「オフィス不要論」などが注目されていますが、当社は、オフィスとは「単なるデスクワークをこなすだけの場所」ではなく、「社員全員が集い、熱い想いをぶつけ合う場」「一人では思いもつかないアイデアが生まれる場」「Visionの実現や事業成長を目指し、互いに想いを高め合う場」であり、そこにこそ存在意義があると考えています。
こうした考えのもと、Hamee本社を構える小田原の地で社員のコミュニケーションを一層活性化させ、一体感のある組織をつくっていきたいとの想いを込めて「小田原手当」制度を導入いたしました。

また、小田原には海や山などの自然、温泉、美味しい地料理などがあり、都心までも電車・新幹線で1本の距離に位置する最高の環境があります。これらの恩恵を享受しながら、社員一人ひとりがいきいきと働き生活することで、会社の進化・成長とともに、小田原市の活性化にも貢献していきたいと考えています。

2 制度概要
  • 対象:小田原周辺地域(神奈川県西地域2市8町(小田原市・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・箱根町・真鶴町・湯河原町))に居住する正社員
  • 支給額:月2万円

※在宅勤務体制について
Hameeでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置として、2020年2月19日から国内の一部拠点で、2月26日からは国内の全拠点(小田原、東京、大阪)に対象を拡大して在宅勤務を実施しています。4月7日の「緊急事態宣言」発令に伴い、期間を5月31日まで延長しました。(2020年5月21日現在)

 

オフィスでのMTG風景オフィスでのMTG風景

社員のコミュニケーションが深まるよう、オフィス内には談笑スペースを多数用意社員のコミュニケーションが深まるよう、オフィス内には談笑スペースを多数用意

【Hamee(ハミィ)株式会社 概要】 (URL:https://hamee.co.jp
会社名 : Hamee(ハミィ)株式会社 (東証一部 証券コード: 3134 )
設立 : 1998年5月
代表者 : 代表取締役社長 樋口敦士
所在地 : 神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
事業内容 : スマートフォングッズ・雑貨のネット通販・卸販売・輸出入、ネット通販支援ASP開発運営、海外通販サイト運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Hamee >
  3. 「小田原手当」制度を新設!テレワークが普及する今だからこそ、社員の繋がり強化で地域活性化!