いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<神奈川県版>」発表

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、過去最大級の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<神奈川県版>」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022<神奈川県版>」として集計しました。

•評点は、今住んでいる街への評価について、大変満足している:100点、満足している:75点、どちらでもない:50点、不満である:25点、大変不満である0点とした場合の平均値です。
•偏差値とは、評点の平均値が50になるように変換し、評点の数値が評点の平均値からどの程度隔たっているのかを示したものです。表中の偏差値が同じ場合、小数点2位以下が異なります。
•「街の住みここちランキング」は、2019年~2022年の回答を累積して集計、「住みたい街ランキング」は、2022年の回答のみを集計しています。
•「住みここち(駅)ランキング」は、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30名以上の駅を、「住みここち(自治体)ランキング」は回答者50名以上の自治体を対象に集計しています。
•住みたい街(駅)ランキングは、神奈川県居住者の2022年回答を首都圏内の駅を対象としてランキングを集計しています。住みたい街(自治体)は、神奈川県居住者の2022年回答を全国の自治体を対象としてランキングを集計しています。
 
  • 総評
■住みここち(駅)ランキングトップは、2年連続でみなとみらい
1位は、2年連続でみなとみらいです。また、2位と3位も2年連続で元町・中華街とセンター北となっており、昨年と同じ順位です。9位は辻堂で、昨年15位から順位を上げているほか、10位には、昨年は回答者数が30名に満たなかったため集計対象外だった湘南深沢が新たにランクインする結果となっています。
■住みここち(自治体)トップは、4年連続で横浜市都筑区
1位は、4年連続で横浜市都筑区、2位は、昨年は4位の三浦郡葉山町、3位は、昨年2位の横浜市西区です。9位には、昨年15位の足柄上郡開成町、10位には昨年11位の川崎市麻生区がそれぞれ順位を上げてトップ10入りしています。
■住みたい街(駅)トップは、3年連続で横浜
1位~3位は3年連続で変わらず、1位は横浜、2位はみなとみらい、3位は鎌倉です。駅周辺の再開発が進み、JRや東急線など鉄道が6路線利用できる武蔵小杉が、昨年から順位を上げて4位となっています。
■住みたい街(自治体)トップは、横浜市中区
1位は、「住みここち(駅)ランキング」で2位の元町・中華街がある横浜市中区です。2位は、昨年1位の世田谷区、3位は、昨年2位の鎌倉市です。5位には、昨年から順位を上げて藤沢市がトップ5入りしています。
 
  • 街の住みここち(駅)ランキング<駅:TOP20、因子別:TOP5>
「住みここちに関する59項目の設問」の因子分析から得られた8つの要素別で、ランキングを集計しています。

●「生活利便性」因子では、繁華街のある横浜市の駅(みなとみらい、桜木町、元町・中華街など)評価が高くなっています。
●「行政サービス」因子では、横浜市都筑区にある駅(センター北、センター南、北山田、都筑ふれあいの丘)の評価が高くなっています。
●「自然・観光」因子では、横浜市の人気観光地にある駅(みなとみらい・元町・中華街)と鎌倉・湘南エリアにある駅(鎌倉、北鎌倉など)の評価が高くなっています。
●「防災」因子では、「静かさ治安」因子でも評価の高い新興住宅街のある駅(はるひ野、こどもの国)や、昔ながらの住宅街がある駅(栗平・能見台)の評価が高くなっています。

TOP20外の駅 因子別順位トピックス
●交通利便性の3位は、神奈川(京急本線)でした。
●静かさ治安の2位は、こどもの国(東急こどもの国線)、3位は、栗平(小田急多摩線)でした。
●物価家賃の2位は、寒川(JR相模線)、3位は、東海大学前(小田急小田原線)でした。
●自然観光の3位は、鎌倉(JR横須賀線)でした。
●防災の2位は、こどもの国(東急こどもの国線)でした。

•昨年順位が「-」の駅は、2021年は回答者30名未満だったため昨年順位がありません。
•順位が「-」の因子は、偏差値が50未満のため表示していません。

 
  • 街の住みここち(自治体)ランキング<自治体:TOP20、因子別:TOP5>
「住みここちに関する59項目の設問」の因子分析から得られた8つの要素別で、ランキングを集計しています。

●「生活利便性」因子では、駅前に商業施設が充実している横浜市の区(西区・都筑区・中区など)の評価が高くなっています。
●「静かさ治安」因子では、郡部の町(中郡大磯町、三浦郡葉山町、中郡二宮町)の評価が高くなっています。
●「自然・観光」因子では、鎌倉・湘南エリアの街(三浦郡葉山町、鎌倉市、中郡大磯町)と、足柄下郡の温泉町(湯河原町、箱根町)の評価が高くなっています。
●「防災」因子では、横浜市(青葉区、都筑区、泉区)と川崎市(麻生区、宮前区)の評価が高くなっています。

TOP20外の自治体 因子別順位トピックス
●静かさ治安の1位は、中郡大磯町、2位は、南足柄市でした。
●物価家賃の1位は、秦野市、2位は、中郡二宮町でした。
●自然観光の3位は、中郡大磯町でした。

•順位が「-」の因子は、偏差値が50未満のため表示していません。

 
  • 調査概要
◇調査方法
株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。
◇回答者
神奈川県居住の20歳以上の男女、2019年~2022年合計52,066名を対象に集計。
[男女比] 男性50.6%:女性49.4%
[未既婚] 未婚35.2%:既婚64.8%     [子ども] なし 47.6%:あり 52.4%
[世代比] 20歳代13.8%、30歳代20.3%、40歳代24.3%、50歳代23.7%、60歳以上17.8%
◇調査期間
2022年3月8日(火)~3月29日(火):2022年調査(回答者数:13,489名)
2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:15,738名)
2020年3月17日(火)~4月3日(金):2020年調査 (回答者数:16,286名)
2019年3月26日(火)~4月8日(月):2019年調査 (回答者数:6,553名)
計52,066名
◇調査体制
調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗 健(所長)、調査票配布回収 : 株式会社マクロミル
◇回答方法
住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点 満足:75点どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

•本リリースの一部また全部を、個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為を禁止します。
•新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2022<神奈川県版>」と出所の表記をお願いします。
•本調査の対象となった自治体には、詳細データを提供可能ですので、個別にお問い合わせください。
•学術研究目的の場合、本調査個票データについて提供できる可能性がありますので個別にお問い合わせください。
•「住みここちランキング」WEBサイトでは、「住みここち」と街づくりに関する学術論文や調査データの解説記事を掲載しています。詳細につきましては、WEBサイトをご覧ください。

▼詳細はこちら
https://www.eheya.net/sumicoco/
▼プレスリリースはこちら
https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2022/sumicoco_shutoken2022.html
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<神奈川県版>」発表