プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

BEENOS株式会社
会社概要

越境EC購入サポート「Buyee」、対応言語を18言語に拡大

カスタマーサポートの対応言語も追加し、412万人の海外ユーザーの利便性を向上

BEENOS株式会社

BEENOS株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社であるtenso株式会社(以下「tenso」)が運営する、海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー) https://buyee.jp/」は、対応言語に新たにフランス語、イタリア語、ポルトガル語、トルコ語、マレー語、ポーランド語、ベトナム語、ミャンマー語の8言語を追加し、18言語へ対応いたしました。(※1) さらに、ミャンマー語を除く17言語のカスタマーサポート体制を実現しています。これにより幅広いエリアのお客様の日本の商品購入時の言語の障壁がこれまで以上に低くなり、追加言語の使用エリアでのさらなる購入促進が期待できます。


「Buyee」サービスサイト http://partner.buyee.jp/

「Buyee Connect」サービスサイト https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/



  • 「Buyee」 新言語追加の背景

 海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」は、412万人(※1)の海外ユーザー数を誇り、リピート率も高いサービスです。

 Buyeeは海外のお客様の利便性を追求し続け、1注文一律300円の業界最安値水準の購入手数料、北米やヨーロッパ・アジアへ向けた独自の物流サービスの開発による安価な国際配送料等を実現してきました。今回の言語追加は、コロナ禍以降のオンライン消費の拡大や、2022年の歴史的な円安を契機とした東南アジアや南米など各エリアにおける利用拡大に対応し、お客様の利便性を向上させるべく実施いたしました。

 従来の10言語に、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、トルコ語、マレー語、ポーランド語、ベトナム語、ミャンマー語の8言語を追加し、対応言語を18言語に拡大しています。海外のお客様は、Buyee上の翻訳言語を18言語から選択することが可能になります。

 また対応言語の追加はサイト翻訳だけではなくカスタマーサポートでも実施され、ミャンマー語を除く17言語でのカスタマーサポートが可能となりました。海外のお客様が言語的な障壁を感じずに安心してお買い物をできる環境を構築することにより、追加言語の使用エリアにおける購入促進も期待できます。今後もニーズに応じ、対応言語は順次追加予定です。


※1 アプリ版は順次対応予定となっています。


【Buyee言語追加概要】

①Buyee、およびBuyeeConnect上の翻訳言語の追加

②ミャンマー語を除く17言語のメールによるカスタマーサポート対応

※チャットによるカスタマーサポートは、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)での対応となります。


【Buyee対応言語】

日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・インドネシア語・タイ語・韓国語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語

[NEW] フランス語、イタリア語、ポルトガル語、トルコ語、マレー語、ポーランド語、ベトナム語、ミャンマー語



【Buyee:サイトトップで言語が選択できます】



【Buyee Connect:導入サイトに表示される専用カート上で言語が選択できます】



  • 海外ユーザーの利便性向上により、流通拡大を続ける「Buyee」

 BEENOSグループは越境ECのリーディングカンパニーとして、テクノロジーの力で日本から海外、海外から日本を双方向に結ぶグローバルプラットフォーム構築を掲げ、あらゆる人・企業とグローバル市場を繋ぎ、新しい常識や可能性の提供を目指しています。2023年第2四半期の流通総額は前年同期比で37.8%増と成長を続けています。

 今回の言語追加により追加言語の使用国のお客様のさらなる拡大と、訪日数が増加している東南アジア各国やヨーロッパ各国の訪日後のリピート買い需要の取り込みも期待できます。

 BEENOSグループは、今後も海外のお客様が越境ECを通じてシームレスに日本の商品を購入でき、国内企業が低リスク・低コストで海外販売を実現できる環境を構築することで、国内企業の海外販売における流通拡大に貢献してまいります。


■Buyeeが提供する海外販売のサポート内容

◆多様な決済手段に対応…Paypal、Alipay、銀聯クレジットカード等各種クレジットカード、台湾向けにAFTEE

◆豊富な配送手段に対応…DHL・EMS・SAL便・FedEx・国際小包・船便など

◆独自の保障サービス…Buyee独自の検品・配送補償を提供

◆不正決済防止…ECサイト事業者様側には不正決済のリスクがない、Buyeeによる購入サポート

◆多言語CS…17言語によるカスタマーサポート対応



【Buyee・BuyeeConnectサービス説明図】


■自社ECを越境化するBuyee Connectをお考えの方のお問合せ先

営業窓口・BEENOSグループ(BeeCruise株式会社)

https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/

[Buyee Connectのご紹介資料]

https://marketing.beecruise.co.jp/documents/document06


(※1)「Buyee」と越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」を合わせた数字、2022年9月末現在



【tenso株式会社の概要】  

国内ECサイトの海外販路拡大をサポートするtensoは、「転送コム」(海外転送サービス)、「Buyee」(購入サポートサービス)などの海外販売を支援するサービスを展開しております。「転送コム」はECサイトの代わりに海外発送オペレーション、多言語カスタマーサポートを、「Buyee」ではそれに加えて翻訳、会員の決済サポートを行います。BEENOSグループ全体での国内企業の越境EC支援実績は累計4,000件以上に上り、配送対象国は118ヶ国/地域です。海外消費者からは、配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど、高いサービスレベルが評価され、会員数は412万人以上となりました。


(1)社名 : tenso株式会社       

(2)代表者: 代表取締役社長 直井 聖太

(3)本店所在地 : 東京都品川区北品川四丁目7番35号

(4)設立年月 : 2008年7月

(5)資本金: 100百万円 

※BEENOS株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社です。 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ネットサービスEC・通販
位置情報
東京都品川区本社・支社
関連リンク
https://buyee.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

BEENOS株式会社

48フォロワー

RSS
URL
https://beenos.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー7F
電話番号
-
代表者名
直井聖太
上場
東証プライム
資本金
27億7584万円
設立
1999年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード