IoT収益化市場ー組織規模別、アプリケーション別(商業ビル、運輸およびロジスティクス、テレコム、スマート家電、政府、製造、その他)、地域別– 世界予測2025年

Kenneth Researchは調査レポート「IoT収益化市場:世界的な需要の分析及び機会展望2025年」2020年11月 19に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL:
https://www.kennethresearch.com/sample-request-10085891

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

IoTの収益化は、IoTデータを保護し、IoTに接続されたデバイスからデータを生成することにより、IoT対応の製品およびサービスからの収益を生み出すプロセスです。効率、コスト削減、リエンジニアリングオペレーションの改善、新しい市場への参入など、IoT収益化ソリューションによって提供される多くのメリットが、グローバルなIoT収益化市場の成長を牽引します。

世界のIoT収益化市場は、2019ー2025年の予測期間中に20%以上のCAGR以上ので成長することを示しています。

ヘルスケア、小売、自動車、運輸などのさまざまなアプリケーションセクターでのIoTデバイスの展開が増加しているため、大量の非構造化データが生成されます。その結果、IoTデバイスとそれに保存されているデータの収益化に対する需要が高まっています。

スマートシティとコネクテッドカーの台頭市場
世界のIoT収益化市場の成長を推進する要因には、スマートシティの出現による公共交通機関でのIoTの採用の増加が含まれます。したがって、開発者は、トラフィックをより効率的に制御するために、多数の変数を考慮に入れるプラットフォームを作成しています。このプラットフォームには、車両、人、信号機、天気、タイミング、および交通に影響を与える可能性のあるすべてのデータが含まれており、パブリックアクセスを備えたオンラインシステムを作成します。

市場は主に、接続性とネットワークを介してスマート機器を管理するというテレコムおよびスマート機器メーカーからの需要の高まりによって推進されています。さまざまなIoTデバイスと機能の統合により、スマート製品、企業向けのクラウドテクノロジーの効率が向上することが期待されています。

リアルタイムの地図は、市内のさまざまな場所の交通密度を通勤者に知らせ、通勤者がルートについてより適切な決定を下せるようにします。

市場セグメンテーション洞察
IoT収益化市場は、組織規模別(SMEおよび大企業)、アプリケーション別(商業ビル、運輸およびロジスティクス、テレコム、スマート家電、政府、製造、その他)、および地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東アフリカ、およびラテンアメリカ)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

IoT収益化市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は2019年に最大の市場シェアを占めています。
北米には多数の技術革新者と市場破壊者が存在するため、これらのプラットフォームの採用は米国とカナダで大幅に増加すると予想されます。この地域のいくつかの企業は、カスタムビルドのIoTプラットフォーム、デバイスモニタリング、シームレスな統合、組み込みのセキュリティ、および簡単な展開の強化に注力しています。アジア太平洋地域は、中国、インドなどの国々の潜在的な市場、およびこれらの成長市場におけるIoTへの投資とコンシューマライゼーションの見通しにより、大幅に成長すると予想されます。

レポートはさらに、北米で(米国、カナダ)、中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカの残り)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン及びハンガリー、スペイン、スウェーデン[ベルギー、オランダ、ルクセンブルク]、NORDIC [ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド]、ポーランド、ロシア、ヨーロッパの残り)、アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋の残り)、中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカ) のY-O-Y成長、需要と供給、新動向と今後の機会などが含まります。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
IoT収益化市場における業界のリーダーはComarch、JeraSoft、Amdocs、Magnaquest、Cerillionなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/iot-monetization-market/10085891

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. IoT収益化市場ー組織規模別、アプリケーション別(商業ビル、運輸およびロジスティクス、テレコム、スマート家電、政府、製造、その他)、地域別– 世界予測2025年